HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:93件
呼吸器科系:71件
循環器科系:99件
神経内科系:83件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:44件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:75件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
循環器科系
99 件中 [81-90] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
心音と心電図所見からみた心エコーの取り方
−気になる心音と心電図所見をエコーで確かめ、関連付けて考える−
笠巻祐二先生
■講師
笠巻祐二先生

(日本大学医学部附属板橋病院総合内科 准教授)
【セミナー概要】
 心臓は興奮収縮連関によって絶え間なく収縮と拡張を繰り返す臓器ですが、これを実際の臨床に当てはめると”興奮”は心電図により、”収縮”は心エコーにより評価することができます。言うまでもなく心電図は循環器診療においては必須の検査であり、ほぼすべての心疾患の診断、評価に用いられています。同様に、心エコー検査は、X線・CT検査のような被爆の問題がなく、非侵襲的であり、繰り返し施行できる長所を有し、あらゆる心疾患の診断、評価になくてはならない検査法として用いられております。一方、これまでの多くの心エコーに関するセミナーでは、両者を結びつけて捉えるといった視点がなかったと思われます。そこで、本医療技術セミナーでは、両者の検査を結び付け、心電図の読み方の基本を押さえながら、異常所見を心エコーで確認する際のポイントを分かりやすく解説し、実際のエコー画像を見ていただきながら身につけていただきたいと考えています。また、近年、若い先生方を見ていますと、様々な医療機器の進歩に伴い、理学的所見とくに”聴診”がおろそかにされているように感じます。本医療技術セミナーでは、典型的な心雑音から何を考え、心エコーを行うべきかについても実例を呈示しながら触れたいと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年4月22日(日)
 講師
笠巻祐二 先生(日本大学医学部附属板橋病院総合内科 准教授)
太田 昌克 先生(日本大学内科学系循環器内科学分野臨床研修指導医)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリ・ケアにおける”胸痛”への対応
−こんな時どうする?実際の症例で検討しよう!−
内藤俊夫先生
■講師
内藤俊夫先生

(順天堂大学医学部総合診療学 准教授)
【セミナー概要】
 ”胸痛”の原因疾患は循環器疾患から皮膚疾患まで多岐にわたりますが、いわゆる「アート」で診断されていることも少なくありません。確かに、豊富な経験に裏打ちされた「アート」は大切ですが、EBMに基づいた「サイエンス」を診療に関与させることも重要です。
本医療技術セミナー当日は、胸痛患者の症状をスコアリングして「冠動脈疾患らしさ」を判断する方法などを例示します。このセミナーでは無記名投票システム(Turning point®)を用いて、実際の症例に直面した時の選択をクイズ形式で検討します。
皆さま奮ってご参加ください。
 開催日
2012年4月8日(日)
 講師
内藤俊夫 先生(順天堂大学医学部総合診療学 准教授)
 診療科目
総合診療系/一般医学系/消化器科系/呼吸器科系/循環器科系/感染症科系/皮膚科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家にできる糖尿病の薬物療法とインスリンの外来処方(症例検討含)
−インクレチン関連薬導入後 2年間のまとめ と、インスリンの外来処方−
内田大学先生
■講師
内田大学先生

(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
【セミナー概要】
 現在、経口糖尿病薬は6種類が臨床で使用されている。これだけ種類が増えると、患者の病態を考慮して適切な薬を選択する必要がある。我が国の2型糖尿病は従来からインスリン分泌低下が主体と考えられていたが、近年の生活習慣の欧米化により小太りのインスリン抵抗性が強い症例も増えてきている。どのような切り口で患者の病態を判断し、どのような薬剤を選択するべきなのかをわかりやすく解説する。特に2年前から我が国でも臨床使用できるようになったDPP4阻害薬とGLP-1受容体アゴニストは糖尿病治療に大きな変革をもたらした。これらの薬剤の使用経験と症例についても解説をする。
 インクレチン関連薬が使用できるようになった現在でも、インスリン治療の重要性が変わったわけではない。現在でも、インスリン導入が遅れて合併症が進行した不幸な症例を作らないようにすることが重要である。近年、インスリン製剤やペン型注射器は進歩し、自己血糖測定の器具も改良が進み、インスリン導入の垣根が低くなった。もはや外来でインスリン導入することが一般的になっている。特に実地医家にも簡単にできるインスリン導入法として、従来の経口薬治療に持効型インスリン1回打ちを併用するBOTを解説する。BOTをきっかけにインスリン治療を身近なものとしていただき、早期インスリン導入が普及されることを期待したい。

<ご注意>
午前中の「糖尿病の処方薬に依存しない治療」にもご出席になる受講者にはお弁当をご準備しますので、できるだけ事前に受講の登録をしてください。)
 開催日
2012年2月5日(日)
 講師
内田大学 先生(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/内分泌科系/神経内科系/在宅医療系/その他
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
心電図所見からみた心エコーの取り方(特別企画;DDOとの共催)
−気になる心電図所見をエコーで確かめる 【初心者〜中級者向】−
笠巻祐二先生
■講師
笠巻祐二先生

(日本大学医学部附属板橋病院循環器科 講師)
【セミナー概要】
 エコー検査は、X線・CT検査のような被曝も無く、無侵襲であるメリットを生かし、腹部臓器や消化管、乳腺や頸部臓器、関節、各所の血管や心臓等の循環器等、いろいろな臓器や症状の検査と診断に活用されるようになってまいりました。
 一方、心電図もまた循環器系の診療のみならず、あらゆる領域、分野で広く活用されてきています。日常臨床では、基礎心疾患を有する例に限らず、二次的に心臓に突発する異変をとらえる検査として普及してきました。発作時だけでなく日常検査時の心電図にも重要な異常所見や予徴となる所見が存在していることがありますが、気づかれないこともあり、虚血性心疾患に代表される胸痛発作や種々の不整脈発作につながることが多くなっています。
 本セミナーでは、心電図と心エコーを結び付け、心電図の読み方の基本をおさらいした上で、異常波の危険性の程度や予後について学び、併せて気になる心電図の異常所見をエコーで確かめる手法を分かり易く解説し、実際にプローブを握っていただき、身につけていただきます。皆様奮ってご参加ください。

ネット会員へは、11月22日(火)以降、オンデマンド配信を行うとともに、DVDの頒布(@5,000円)を行います。
 開催日
2011年11月19日(土)
 講師
笠巻祐二 先生(日本大学医学部附属板橋病院循環器科 講師)
 診療科目
一般医学系/循環器科系
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
原発事故により日常診療にいっそう役立つ甲状腺・頸部エコー+こっそり乳腺エコー
−原発事故により今後子どもの甲状腺検査は命を助けることになる−
杉山高先生
■講師
杉山高先生

(浜松南病院画像診断部 顧問)
【セミナー概要】
 福島原発の放射能漏れ事故により、将来,内部被曝により甲状腺癌の誘発が心配されています.今回のセミナーはこの背景と社会事情を考え,「甲状腺・頸部エコー + こっそり乳腺エコー」としました.頸部は狭い領域に重要器官が寄り添うように存在しています.これらの器官をお手持ちの装置,コンベックスから”リニア”へ探触子を持ちかえ,ちょっとした走査のコツを知ることで,甲状腺・唾液腺・頸部リンパ節のほか,脳梗塞の危険因子と目されるプラークを頸動脈エコーで診ていくというものです.今回は,これに乳腺エコーを新たに加えてみまました.講義では各臓器の検査法や日頃,経験した症例を呈示し,エコーの有用性を解説します.実技では親切・丁寧をモットーにベテランのスタッフが担当します.この機会に是非,お誘い合わせの上ご参集賜り,ご体験くださいますようご案内申し上げます。きっと,明日からの診療にお役立てできるものと確信します. 奮ってご参加ください。
 開催日
2011年11月13日(日)
 講師
杉山高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/内分泌科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
足から全身を診る: 末梢動脈疾患(PAD)の診断と治療
−実地医家における高齢者の診療で遭遇しやすい“足痛”−
宮本明先生
■講師
宮本明先生

(菊名記念病院心臓血管センター センター長)
【セミナー概要】
 末梢動脈疾患(PAD)は、下肢動脈の狭窄または閉塞により生ずる下肢の虚血性疾患です。主な原因は、粥状硬化で、冠動脈疾患や脳血管疾患と高率に合併するため、生命予後が不良と報告されています。高齢者に多い“足が痛い”という訴えは、全身の動脈硬化性疾患の兆候かもしれません。年齢の問題と簡単に切り捨てずに、一度、足の状態を観察してください。足の動脈が触れなければ、重篤な動脈硬化性疾患が潜んでいるかもしれません。
皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2011年11月6日(日)
 講師
宮本明 先生(菊名記念病院心臓血管センター センター長)
 診療科目
総合診療系/循環器科系/内分泌科系/神経内科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
静脈血栓塞栓症(VTE)と下肢の末梢動脈疾患(PAD・ASO)の診断と治療
−#NAME?−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学呼吸循環外科)
【セミナー概要】
 東日本大震災では厳しい環境の避難所で静脈血栓塞栓症(DVT)が多発し、肺塞栓症(PE)の発生も少なくありませんでした。このように日本人でもDVTおよびPEが増加しいています。欧米では既にDVTとPEは静脈血栓塞栓症(venous thrombo-embolism; VTE)として統合した疾患とされており、密接に関係することがわかっています。
 本医療技術セミナーでは、VTEの診断に関してエコー検査から造影CTまで、その方法と読影方法などを体系的に解説します。また治療に関しては弾性ストッキングなどの理学療法から血栓溶解療法、そして最新の抗凝固療法までを体系的に解説します。一方、閉塞性動脈硬化症(ASO)は欧米では末梢動脈疾患(peripheral arterial disease; PAD)と称されるようになっています。これはPADが冠動脈疾患や頸動脈疾患などの他の動脈疾患と密接に関連することにあります。末梢動脈疾患PAD(ASO)は症状の無い状態から始まっており、早期診断治療が重要であり、特に薬物治療と運動療法が有用です。
 本医療技術セミナーでは、PADの診断法についてABI(ankle-brachial pressure index)やエコー検査などから造影CTまで体系的に説明する。また、治療に関しても薬物治療・運動治療から外科的治療の適応までを体系的に説明します。
 静脈血栓塞栓症(VTE)は予防できる疾患であり、下肢の末梢動脈疾患(PAD)は早期発見・治療で進行を遅らせることができる疾患です。ぜひこの機会に両者の早期診断法と治療法を知っていただき、一人でも多く患者様が肺塞栓症で死亡しないように、また下肢切断とならないようにしていただければと思います。  
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2011年10月10日(月)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学呼吸循環外科)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
皮膚血管炎疾患と血管炎を伴わない血管炎類似疾患
−診断と治療のコツと落とし穴−
陳科栄先生
■講師
陳科栄先生

(東京都済生会中央病院皮膚科 部長)
【セミナー概要】
<開催のねらいとお誘いの言葉>
 皮膚は臓器の中でも血管炎を発症する頻度の最も高い臓器です。皮膚血管炎は皮膚に限局するものもあれば、全身性血管炎の皮膚症状として現れることもあります。内臓の血管炎と異なり、皮膚の血管炎症状は肉眼で確認ができ、簡易な皮膚生検によって、血管炎を迅速に確定診断できるので、早期の血管炎治療につながるというのが皮膚血管炎の特徴でもあります。日常診療に携わる臨床医はほぼ全科で血管炎、特に肉眼で確認できる自他症状のある皮膚血管炎と遭遇する機会があるので、皮膚血管炎の概念と正しいアプローチを習得する必要があります。
 一方、血管炎を伴わない血管炎類似疾患(vasculitis-like disorders)は多様な原因による閉塞性病変または出血性病変を生ずるため、紫斑や網状皮斑、皮膚潰瘍などの皮膚血管炎と同様の臨床所見を呈します。しかし、両者の治療法はまったく異なることがあります。例えば、ステロイドの投与は血管炎類似疾患を増悪させることもあるので、両者の鑑別が重要になります。
 今回の医療技術セミナーでは、皮膚血管炎と血管炎を伴わない血管炎類似疾患の概念と、その診断と治療のコツおよび落とし穴についての総論と代表的な疾患を挙げて解説したいと思います。すべての臨床医にとって大変役に立つセミナーですので、奮ってご参加ください。

ご注意:受講料の入金は、8月中旬に銀行口座が開設できま    すので、それまでお待ち下さい)
 

 開催日
2011年9月25日(日)
 講師
陳科栄 先生(東京都済生会中央病院皮膚科 部長)
 診療科目
総合診療系/一般医学系/循環器科系/感染症科系/皮膚科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
レクチャーマラソン “脳卒中 Update” 脳梗塞前後の臨床とピットフォール
−発症予知と、回復期の管理・薬物療法の臨床;実地医家でできること−
黒岩義之先生
■講師
黒岩義之先生

(横浜市立大学 大学院神経内科学教授、附属病院神経内科・脳卒中科 部長)
【セミナー概要】
 脳卒中治療ガイドライン2009 では国内外のEBMを目指す研究成果が多々反映されています。本レクチャー・マラソンではまず、その重要な改訂ポイントについてお話しします。次に治療する大前提として重要な、脳梗塞/TIA の病歴を重視した症候診断についてケーススタディ形式で理解を深めていただき、そのうえで一次予防のポイントについて解説します。休憩後には、脳梗塞発症後の超急性期治療、慢性期の再発予防、リハビリテーション、脳卒中地域医療連携パスについて幅広く学びましょう。再発予防では(非心原性)脳血栓に対する抗血小板薬の使い方、心原性脳塞栓に対する新しい経口直接トロンビン阻害薬(ダビガトラン)の使い方について解説したいと思います。皆様の日常の忙しいご診療の一助になれば幸いです。皆様、奮ってご参加ください。

ご注意:受講料の入金は、請求ならびに振込の案内が届きますまで、待ち下さい)

 開催日
2011年9月19日(月)
 講師
黒岩義之 先生(横浜市立大学 大学院神経内科学教授、附属病院神経内科・脳卒中科 部長)
 診療科目
循環器科系/神経内科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
日常診療に役立つ”頚部エコー”+こっそり”胸部エコー”の診かた
−唾液腺・甲状腺・頸動脈・胸部疾患(肋骨骨折)エコー−
杉山高先生
■講師
杉山高先生

(浜松南病院画像診断部 顧問)
【セミナー概要】
 たまには,コンベックスから”リニア”へ探触子を持ちかえてみませんか.その最も有用性の高い検査の1つに頸部エコーがあります.対象は唾液腺・甲状腺のほか,脳梗塞の危険因子とされるプラークを頸動脈エコーで簡単にみることができます.加えて,多くの臨床医の先生が半信半疑で受け止められるものに肋骨骨折があります.肋骨骨折の描出は胸部エックス線より,はるかにエコーの方が優れた方法です.走査は簡単.痛みの部分にピンポイント走査することで安全に診断できます.今回の医療技術セミナーではエコー装置の有効活用を考え,幅広な検査態勢の確立を目指し「頸部・胸部エコー」について日頃,経験した症例を呈示し解説したいと思います.この機会に是非,皆様お誘い合わせの上 ご参集賜り,実技をご体験くださいますようご案内申し上げます。
 開催日
2011年7月24日(日)
 講師
杉山高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー