セミナー開催スケジュール

実地医家のための病院経営者と職員を守るための患者対応法ペイハラ・カルテ開示・医療事故、3つの悩みにお答えします|8月18日(日)【第792回】

> セミナー詳細チラシ(PDF)を見る
> 受講(会場・ライブ生中継・動画)申込み

講師:谷口彰 先生(横浜りんどう弁護士事務所弁護士)
 
 
<略歴>
10年 東北大学法科大学院卒業・司法試験合格
13年 東証プライム上場企業の労務顧問、自治体の個人情報保護審査会の委員就任
23年 弁護士法人横浜りんどう法律事務所に参画
<活動>
千葉県経営者協会・平成29年度労務法制委員会セミナー講師
<紹介>
労働トラブルの最前線で、数年で100件以上に関わり、解決に導いた経験を持つ。
医師家系の女性と結婚したことを契機に医療業界に関心を持ち、病院関係の患者トラブルに関与。
労働トラブルで培ったハラスメントの知識や、自治体の個人情報保護審査会の経験を生かして、病院・クリニックが患者と良好な関係を築く手伝いをしている。

【セミナー概要】
近時、いわゆるカスタマーズハラスメントの対策マニュアルを国が作成する等、企業と顧客との関係性を見直そうという動きが広がっています。
病院・クリニックと患者との関係性も同様でして、ペイシェントハラスメント(ペイハラ)には、適切な対策をすることが求められています。人手不足の現代、数少ない職員を患者からの不当な要求から守ることは、病院・クリニック経営者の責任を回避するだけでなく、働きやすい職場を守り離職を防ぐという意味や、他の患者にとって来院しやすくなるという意味を持ちます。とはいえ、「時代が変わったといきなり言われても、患者対応なんて学んだことがないから分からない。けれど、経営や診察に忙しすぎて、学ぶ暇がない」というのが本音ではないでしょうか。
今回のセミナーでは、患者とのトラブルとして多いペイハラ、カルテ開示を中心として、これに医療事故を加え、患者トラブルとどう接するのがよいのか、このような事態を防止・回避するために何ができるのかを、数々のトラブルを見てきた弁護士がお伝えします。

10:00~11:45
ペイシェントハラスメント(ペイハラ)等の患者対応の必要性
患者トラブル対応の基本は何か
医療者に課せられた応召義務とは
ペイハラにどう対処するか(パターンごとの対処法)
カルテ開示要求を受けたらどうするか
医療事故が起きた場合はどうするか

セミナー要綱

セミナーNO. 792
開催日 2024年8月18日(日) 10:00~12:00 ※開場 9:30
セミナー会場 アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
講師 谷口彰 先生(横浜りんどう弁護士事務所弁護士)
受講料 ■医師会員
会場:13,500円/ライブ生中継:無料/動画:無料
■コ・メディカル会員
会場:5,000円/ライブ生中継:無料/動画:無料
■ビジター
会場:20,000円/ライブ生中継:10,000円/動画:無料(※)
※会場またはライブ中継受講したセミナーに限り無料で受講可

会員に関する詳細は「会費・受講料」をご参照ください。

※料金には消費税を含みます

> セミナー詳細チラシ(PDF)を見る
> 受講(会場・ライブ生中継・動画)申込み

                     

    受講希望セミナー

    受講セミナー名

    開催日

    セミナー番号

    お申込みフォーム(以下の欄にご入力ください)

    受講区分 必須

    会員区分 必須

    所属医療機関名 必須

    所属部署名/役職

    職業

    参加人数 必須

    お名前 必須

    お名前(フリガナ) 必須

    ※全角カタカナ

    郵便番号 必須

    都道府県 必須

    住所(受講証送付先)必須

    建物名

    電話番号(自宅又は勤務先)必須

    FAX番号(自宅又は勤務先)

    E-mail(半角) 必須

    セミナーを知ったきっかけ

    通信欄

    キャンセル規定および受講生利用規約に同意するキャンセル規定はこちら
    会員・受講生利用規約はこちら

    関連記事一覧