HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール

医療セミナー開催スケジュール

医療セミナー開催スケジュール【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー開催スケジュール
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
 ■分野から探す
 
 ■対象から探す
 
 ■フリーワード検索
 
セミナースケジュールダウンロード(PDFファイル)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
27 件中 [11-20] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 次の10件
Live中継行います
サイエンス漢方処方セミナー1
−漢方薬の作用機序を数理工学で解明− 東洋医学とは本質的に異なる斬新な運用法−
井齊偉矢先生
■講師
井齊偉矢先生

(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
【セミナー概要】
漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。
 これを踏まえて、今回の医療技術セミナーでは、サイエンス漢方処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 開催日
2019年4月28日(日) 13:00〜17:30
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
発達障害1 「発達障害とは何か」
篠山大明 先生
■講師
篠山大明 先生

(信州大学医学部精神神経科 准教授、子どものこころ診療部)
【セミナー概要】
 近年のわが国における「発達障害」への急激な関心の高まりには目を見張るものがあります。しかし、「発達障害」という言葉だけが先行し、理解や支援が追いついていない現状があることも否めません。どこまでが発達障害であるかの線引きは時代とともに変化しており、昔であれば何ら異常とされなかった人たちまでもが発達障害と見なされる現状に違和感を覚える方も多いことかと思います。医療のみならず、教育や福祉の領域でも発達障害への理解が欠かせない時代になり、実際に診断される人数も急上昇しています。
 今回の医療技術セミナー4回シリーズでは、発達障害の基本的な概念や医学的定義についての解説はもちろん、具体的な事例の紹介等も通じて、発達障害への理解を深めていただき、日々の診療や日常生活に活かしていただけるような内容にしたいと考えております。
 皆さま、ぜひ奮ってご参加ください。
 開催日
2019年4月29日(月) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
簡易エコーで外来心不全を管理する
滝村英幸先生
■講師
滝村英幸先生

(総合東京病院循環器センター 医長)
 開催日
2019年5月12日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
20000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための多発外傷、骨盤・股関節周辺骨折の診断と治療
−良好な機能予後のための基本的知識と股関節周囲外傷の治療戦略など−
中島隆行先生
■講師
中島隆行先生

(国立病院機構東千葉医療センター整形外科)
【セミナー概要】
 前半は多発外傷について、後半は骨盤・股関節周囲の骨折に関して解説します。多発外傷の評価、治療においてはPreventable Trauma Death(回避可能であった死)を回避することと共に、生命が助かった後の機能予後をより良くするため、Preventable Trauma Disability(回避可能だった機能障害)を回避することは、非常に重要です。Primary surveyのABCDEアプローチからSecondary survey、根本的治療へ続く治療の中で、どこで機能予後のために介入するべきか、整形外科医の立場から解説いたします。生命維持から機能温存までの流れを混同せずに理解することが重要です。超急性期(蘇生期)の加療だけでなく、受傷から数時間の急性期、3日以降の亜急性期、2週間以降の安定期においても機能予後のための確認事項はさらに重要になります。特にコンパートメント症候群や創外固定から内固定への治療の流れの概念は、一般診療においても直面することが多いと思われます。
 骨盤、大腿骨近位骨折に関して、特に一般診療にて今後増加すると思われる、高齢化に伴う骨粗鬆症による脆弱性骨折にフォーカスします。これらの骨折は尻もちをついただけでも発生し、 “歩いて診察室に入ってくる”骨折患者です。安静だけでは根治せず、徐々に増悪し寝たきりの原因になるため、できるだけ早期の評価と治療介入を要します。これらの骨折の治療戦略及び、受傷前の生活に復帰するためのリハビリテーションに関しても解説いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年5月19日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
なかなか治せないアトピー性皮膚炎と痒疹の治療
片桐一元先生
■講師
片桐一元先生

(獨協医科大学埼玉医療センター皮膚科 主任教授)
 開催日
2019年5月26日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
結節性紅斑、他の診断と治療
齋藤典充先生
■講師
齋藤典充先生

(横浜労災病院皮膚科 部長)
 開催日
2019年6月2日(日) 10:00 〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための 循環器疾患の診断と治療
−心電図判読の注意点−
速水紀幸先生
■講師
速水紀幸先生

(帝京大学溝の口病院第4内科)
 開催日
2019年6月9日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
プラセンタ療法 各論(2/2回シリーズ) 
−多様な疾患に於ける臨床応用の実際−
長瀬眞彦先生
■講師
長瀬眞彦先生

(吉祥寺中医クリニック 院長/東邦大学大森医療センター病院東洋医学科)
【セミナー概要】
 1回目の前回は、プラセンタ療法の総論をお話しさせていただきました。
 今回は、より具体的に様々な疾患への応用についてお話しさせていただきます。
 まずはアトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー性疾患や、筋膜性腰痛や腰部脊柱管狭窄症などの整形外科的疾患、癌のQ.O.L.改善などについて。また、プラセンタ療法の副効果として現れる、抗疲労効果やアンチエイジング効果などについても具体的に詳しくお話しします。
 通常は皮下注射、筋肉注射が厚労省の定めた投与方法なのですが、それ以外にも、皮下注射の応用とも言える、経穴(ツボ)注射の実際も実技も踏まえてお話しさせていただきます。また、注射になかなか来られない人の補助療法としても使えるサプリメントのお話しも致します。
 開催日
2019年6月23日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための 外来での発熱診療
−感染臓器と免疫不全の診断から慢性発熱の診断まで−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学付属病院感染症内科 准教授)
【セミナー概要】
 外来での発熱診療は簡単なようでいて非常に難しいです。感染症の頻度が高い一方、自己免疫疾患・自己炎症疾患や悪性腫瘍の初期症状である可能性があります。頻度の多い感染症診療をいかに感染臓器や微生物にあたりを付けるかが第一のポイントになります。これは患者の情報源を”体鮗覚症状、⊃搬凌濃 ↓8〆坐竿未3つに分類することでうまく迫ることができます。そのうえで外来、入院を問わず、すべての感染症診療に共通するスタイルを分かりやすく解説します。
 また、一般内科外来でどのように自己免疫疾患、自己炎症疾患を除外していくか、悪性腫瘍を含めどのような検査をオーダーして紹介していくかも自分自身の失敗談を含めて解説していきたいと思います。感染症では特に播種性感染症(いわゆる粟粒結核や播種性真菌感染症など)や感染性心内膜炎など分かりにくい感染症の拾い上げのコツも解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年6月30日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
Live中継行います
進化し続けるMRI等による整形外科領域の画像診断シリーズ 2「脊椎」
久保田剛先生
■講師
久保田剛先生

(国立病院機構東千葉医療センター)
 開催日
2019年7月7日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
 紹介動画
詳細を見る
27 件中 [11-20] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー