HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール > セミナー詳細()

医療セミナー詳細【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー詳細
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
セミナースケジュールダウンロード(PDFファイル)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
セミナー日程に戻る
Live中継行います
実地医家のための大腸内視鏡 挿入困難例の解決
−挿入困難に陥ったときの秘伝のテクニックを全公開−
【セミナー概要】
 大腸内視鏡の挿入はむつかしい。ベテランでも時にハマってしまう。挿入困難は誰にでもありますが、いままで大腸内視鏡一筋に4万件以上施行してきた医師が、挿入困難例を原因別にいくつかのパターンに分類し、その一つ一つに対して、なぜ挿入困難になったか、どのようにしたら挿入困難が回避されたか、挿入困難になってからどのように対処したらいいかを最新症例を使った具体例も多数用意して、わかりやすく説明します。この講演によって今までの挿入困難の90%以上は、ハマらなくなるでしょう。
 午後の第局瑤和臘夏盪覿世凌澄田淵正文先生に『挿入困難例の解決』と題して特別講演を依頼しました。いままで、田淵先生の挿入法の詳細は門外不出でした。今回 特別に秘伝の田淵先生の挿入技術が公開されます。多忙なことを考えると今回が最初で最後の非常に貴重な講演になると思います。
 田淵先生は、『1987年に大腸内視鏡挿入法として、無送気注水挿入法(別名ストレイト法)をオリジナルで発案しました。その方法は、ほとんど痛みがなく、楽に検査が受けられると患者の皆様に大変好評となり、爾来、多数の症例を経験することができました。これまで、約4.3万回の大腸内視鏡検査を行い、約15万個の大腸ポリープを切除してきました。
 2003年には、無痛内視鏡検査をご希望になった天皇・皇后両陛下の消化器内視鏡検査の担当者に特別に選ばれ、成功して重責を果たし、感謝していただきました。
 これまで、無送気挿入法の評判を聞いて、多数の医師が見学に訪れました。後輩の後小路世士夫君、後藤利夫君、鈴木雄久君、矢作直久君や草場元樹君をはじめ、特に熱心だった7−8名の医師が、私からこの技術を学び、マスターしました。彼らはいまや、大腸内視鏡の名医として活躍中です。』(本人のHPより)
 皆さま、奮ってご参加ください。

※本講演は水浸法とは直接は関係ありません。
機チ淨困難の原因と対処法(10:00-12:00)
   講師:後藤 利夫(新宿大腸クリニック 院長)

供ズ膿珪瀕磴鮖箸辰振饌領磧13:00-15:00)
   講師:田淵正文(中目黒消化器クリニック 院長)
 
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫 先生
(新宿大腸クリニック 院長)
<略歴>
88年3月 東京大学医学部卒業(医師免許取得)
88年4月〜94年3月 東京大学付属病院物療内科(消化器研究室)に勤務、研修医、医局員を経て助手
94年4月〜98年3月 徳田虎雄に会い、徳洲会
病院(鹿児島、徳之島病院)に勤務する
98年3月〜00年3月 西新宿胃腸クリニックを開設し、独立・開業
00年4月〜03年3月 西新宿ナルミクリニックで大腸内視鏡を行う
03年4月〜09年3月 大隅鹿屋病院内視鏡セン
ター長。鹿児島県で多くの講演活動。
09年3月〜現在 新宿に「新宿大腸クリニック」を開設
<著書>
『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』(中外医学社、16年)、『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館、11年)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社、05年)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社、02年)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社、01年)など著作多数。

田淵正文先生
■講師
田淵正文 先生
(中目黒消化器クリニック 院長)
<略歴>
84年3月 東京大学医学部医学科卒業 
86年4月 国家公務員等共済組合、東京共済病院内科(常勤医)
89年4月 東京共済病院内科医長
91年5月 中目黒消化器クリニック開設
96年5月 東京女子医大非常勤講師(-2003.4)
97年4月 東京大学医科学研究所講師(-2002.3)
02年4月 東京大学腫瘍外科講師(-2012.3)

<業績>
1987年に大腸内視鏡挿入法として、無送気注水挿入法(別名ストレイト法)をオリジナルで発案しました。その方法は、ほとんど痛みがなく、楽に検査が受けられると患者の皆様に大変好評となり、爾来、多数の症例を経験することができました。これまで、約4.3万回の大腸内視鏡検査を行い、約15万個の大腸ポリープを切除してきました。
2003年には、無痛内視鏡検査をご希望になった天皇・皇后両陛下の消化器内視鏡検査の担当者に特別に選ばれ、成功して重責を果たし、感謝していただきました。
これまで、無送気挿入法の評判を聞いて、多数の医師が見学に訪れた。後輩の後小路世士夫君、後藤利夫君、鈴木雄久君、矢作直久君や草場元樹君をはじめ、特に熱心だった7−8名の医師が、私からこの技術を学び、マスターしました。彼らはいまや、大腸内視鏡の名医として活躍中です。
             (本人のHPより)

FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
セミナー要綱
 セミナーNo
393
 開催日
2016年11月23日(水) 10:00〜15:00 ※開場 9:30
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
田淵正文 先生(中目黒消化器クリニック 院長)
 定員
20人
 受講料
【医師】
■会場受講: 40,000 円(お一人様/税込み)
■ネット受講:20000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
【コ・メディカル】
■会場受講:15000 円(お一人様/税込み) ※定員制
■ネット受講:20,000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー会場案内図
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー