HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール > セミナー詳細(サイエンス漢方-6 「冷え症」「脳神経外科」「急性期病棟」「救急」)

サイエンス漢方-6 「冷え症」「脳神経外科」「急性期病棟」「救急」

最新医療セミナー詳細【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー詳細
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
セミナースケジュールダウンロード(PDFファイル)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
セミナー日程に戻る
Live中継行います
サイエンス漢方-6 「冷え症」「脳神経外科」「急性期病棟」「救急」
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。これを踏まえて、今回の医療技術セミナー(供砲任蓮▲汽ぅ┘鵐拘訴処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
冷え症の新解釈と冷え症に有効な漢方薬
 従来の冷え症の発生機序についての説明には多くの疑問がありました。「末梢血流障害が原因というが高度な冷え症でも足が壊疽にはならない」「四肢の運動に全く影響はないので深部動脈血流は維持されている」「自律神経の乱れはほぼ情緒的な表現」などなど。
 そこで私の冷え症についての新解釈です。「動脈血が四肢に運ぶ熱量不足により四肢が冷える」「漢方薬により褐色脂肪細胞の熱産生量をアップすると解決できる」のです。

脳神経外科領域で役に立つ漢方薬 〜脳神経外科医からのお悩みに答えて〜
 脳神経外科の臨床において日頃から困っていることをお伺いして漢方薬の介入で解決できそうな疾患や症状を取り上げました。
 例:視床出血や脳梗塞後の後遺症(しびれや疼痛)、片麻痺の麻痺側上下肢に生ずる浮腫や痛み、慢性硬膜下血腫の再発を完全に予防できる方法、三叉神経痛にリリカやタリージェを使わずに対処できる保存的治療、高齢者の昼夜逆転、保菌状態での耐性菌対策など。

急性期病棟での漢方薬の使い方
 漢方薬はもともと急性期の、特に熱性疾患の治療のための薬で、基本的に速効性です。その薬理作用は、一言で言えば「抗炎症薬」です。急性期病棟の疾患は、多かれ少なかれ急性炎症が絡んでいますので、ほとんどは漢方薬の「抗炎症作用」が役に立ちます。抗菌薬などの新薬で病因を攻撃し、漢方薬で急性期疾患と戦うことができるだけの免疫能を引き出すことで効果的な治療ができます。

救急医療におけるサイエンス漢方処方
 漢方薬の世界初の治療マニュアルである「傷寒雑病論」には、現代で言えば救急医療の範疇に入る疾病が多数記載されています。
 例えば、大青竜湯の近似処方である麻黄湯+越婢加朮湯を1〜1.5時間間隔で2回、桂枝湯+麻杏甘石湯を2〜3時間間隔で3回服用すると、最短6時間、最長12時間でインフルエンザは治ります。桂枝人参湯を
1時間おきに服用するとノロウイルスによる胃腸炎は半日で治ります。
井齋偉矢先生
■講師
井齋偉矢 先生
(サイエンス漢方処方研究会 理事長、日高徳洲会病院 院長)
略歴
75年 北海道大学医学部卒業。同年北海道大学第一外科に入局し現在同門。医学博士。専門は消化器・一般外科、肝臓移植外科。
88年から3年間、オーストラリア・シドニー大学オーストラリア肝移植ユニットで肝臓移植の臨床および実験に従事。帰国後、独学で漢方治療を本格的に開始。12年にサイエンス漢方処方研究会を設立し、現代医学にのみ立脚した「サイエンス漢方処方」の普及に努めている。
07年より北海道日高郡・医療法人静仁会 静仁会静内病院院長。
18年9月1日病院名を医療法人徳洲会 日高徳洲会病院に変更。

最新刊として『新型コロナと速攻! 漢方』(青春出版社;2021.9)が、あります。
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
セミナー要綱
 セミナーNo
682
 開催日
2021年11月21日(日) 10:00〜14:30 ※開場 9:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
井齋偉矢 先生(サイエンス漢方処方研究会 理事長、日高徳洲会病院 院長)
 受講料
【医師】
■会場受講: 40,000 円(お一人様/税込み)
■ネット受講:20000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
【コ・メディカル】
■会場受講:10000 円(お一人様/税込み) ※定員制
■ネット受講:10000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー会場案内図
■アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
セミナー会場変更のご案内
ご注意!! 9月28日に開催されるセミナーから、下記の会場であります「スタンダード会議室 日本橋室町店」に変わります。会場受講の方々にはご迷惑をおかけしますが、どうぞご容赦ください。
■新会場
スタンダード会議室 日本橋室町店

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F
会場案内図
<最寄り駅>
■JR線 「東京駅」八重洲北口より徒歩15分
■JR線 「神田駅」東口より徒歩13分
■東京メトロ銀座線/半蔵門線 「三越前駅」A6出口より 徒歩5分
■東京メトロ銀座線/都営浅草線 「日本橋駅」D2出口より 徒歩8分
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー