HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール

医療セミナー開催スケジュール

医療セミナー開催スケジュール【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー開催スケジュール
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
 ■分野から探す
 
 ■対象から探す
 
 ■フリーワード検索
 
セミナースケジュールダウンロード(PDFファイル)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
28 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 次の10件
Live中継行います
胆膵疾患の診断と治療
西野徳之先生
■講師
西野徳之先生

(綜合南東北病院消化器センター 長)
【セミナー概要】
 胆膵疾患は希少疾患で、一般医家の先生たちは普段あまり関わることがないかもしれません。実際、消化器内科医の中でも、胆膵疾患にかかわる医師は多くはありません。
 しかし、膵癌・胆管癌は進行で診断されることが多く、治療も難しいことが多い。もしかしたら、皆さんが診療されていらっしゃる患者さんが半年後に、一年後にこれらの病気と判明することがあるかもしれません。
 でも、これら疾患でも実際には出来始め、すなわち早期がんの時期は必ずあるのです。ですから、これらの疾患を他人事としてではなく、もしかしたらご自身が早期診断に寄与できるかもしれないという気持ちで診療していただければと思います。
 本医療技術セミナーでは典型的な膵癌、胆管癌症例から早期の膵癌の症例をご紹介致します。診断のためにはいくつかの検査を組み合わせて評価します。症状、超音波、造影CT、MRi、PETなどに加えEUSやERCPの画像所見と診断をご紹介します。加えて、これら疾患のrisk factorや診断のきっかけになるような所見をご紹介致します。
 関連した疾患として、急性胆嚢炎(無石胆嚢炎)、総胆管結石、急性閉塞性化膿性胆管炎、急性膵炎、自己免疫性膵炎、膵胆管合流異常症、IPMNなどもご紹介致します。
 日常診療の中で体重減少や採血で血糖値の上昇、routineの超音波検査がこれら疾患の診断のきっかけになるかもしれません。皆さんの診療のちょっとしたきっかけが患者さんの命を救うことにつながるかもしれません。これら疾患に気づきがあれば速やかに精査から治療に連携しなければならないこともあります。胆膵疾患の病態を理解するために、勉強しましょう!
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年11月17日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
プライマリケアの現場で役立つ一発診断1
−一目で見抜く診断の手掛かり−
中川紘明先生
■講師
中川紘明先生

(愛知医科大学附属病院総合診療科/プライマリケアセンター)
【セミナー概要】
 忙しい日常臨床の外来では、多くの医師はいくつかのキーワードとなる病歴・身体所見を拾い上げ、時間をかけずに診断していると言われています。
 一発診断(直観intuition)は、限られた重要な情報を的確に把握して仮診断し、自分の頭の中にストックされているillness script(重要な情報でまとめられた病気の脚本)と仮診断とが完全に合致しているかを検証するため、診断エラーになりにくいと言われています。しかし、症状・所見のみを取り上げて自分の過去の経験に短絡的に結びつけてしまうと、それは単なる直感(insight)になり、診断エラーにつながります。
 本医療技術セミナーでは、愛知医科大学病院 プライマリ・ケアセンター(通称:AMU PCC)で実際に経験した症例を元に、皆様とキーワードを拾い上げて、診断を楽しみたいと思います。また、鑑別診断とその鑑別ポイントについてもお話しし、プライマリ・ケアの外来ですぐに役立つ内容にしたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。

宮田靖志先生によります、『プライマリケアの現場で役立つ一発診断−一目で見抜く診断の手掛かり』の開催は、2013年6月2日(#200)の開催でした。
 開催日
2019年11月23日(土) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
看護師のための 創傷治療up to date 
−適切な局所治療の選択を−
前川武雄先生
■講師
前川武雄先生

(自治医科大学皮膚科 准教授)
【セミナー概要】
 近年、創傷治療理論の2つの柱として、moist wound healing(MWH)とwound bed preparation(WBP)の概念が確立されています。MWHとは、創傷を湿潤環境に保ち、滲出液に含まれる細胞増殖因子などを創面に保つことにより、創傷治癒を図る方法です。WBPとは、創傷治癒を阻害する壊死、細菌、滲出液、ポケットなど(TIME)に対して積極的に手を加えコントロールする方法です。この2つの理論に基づいて、創傷治癒を進める必要があります。WBPの代表的な手技であるデブリードマンや陰圧閉鎖療法(NPWT)は、かつては医師の役割でしたが、近年、看護師特定行為研修制度により、看護師も一定の要件を満たせば行えるようになりました。
 創傷の局所治療は主に外用薬、創傷被覆材、NPWTなどにより行われます。年々新しい製品が登場する中で、どの治療選択をしていくかは創傷の状態(ハード面)と製品の特徴(ソフト面)の両方を把握した上で考えなければなりません。
 本医療技術セミナーでは、看護師の皆様がどのように創傷の状況を適切に把握し、その上でどの局所治療を選択していくかについて解説させていただきます。
 開催日
2019年11月24日(日) 10:00〜12:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
20,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
8000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
胸部X線写真、CT画像の読影
−(心音、肺音も関連付けて)−
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 准教授)
【セミナー概要】
 胸部X線や胸部CTの呼吸器疾患や日常診療に役立つエッセンスをお送りします。
 健診異常や呼吸器外来に紹介を受けた患者、レントゲンでの病気のかくれんぼ(ピットフォール)、代表的疾患の胸部CTなども合わせてお示しします。
 また呼吸器疾患の肺音に加え、代表的な心音、心雑音を実際の音源と身体所見と共にお見せします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月1日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み)
詳細を見る
Live中継行います
プライマリケアにおけるエコーを活用した腹部症状診療のコツ
−症状とエコーによる画像描出−
豊田英樹先生
■講師
豊田英樹先生

(亀山市・ハッピー胃腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 最近、「ベッドサイドで臨床医が行う超音波検査、point-of-care ultrasound : POCUS」が注目されています。POCUSは、ベッドサイドや診察室などで行う超音波検査のことです。
今回の医療技術セミナーは「クリニックで遭遇する腹部症状に
対するPOCUSをどのように行うか」について、実際にモデルを用いてエコーを行いながら、その手順を説明します。
 次に、受講者の方にも実際にプローブを握っていただきエコー検査を体験していただきます。一般によく知られた肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・腎臓・膀胱・前立腺のほかに 胃・小腸・大腸などの消化管や、腸間膜、腹部大動脈、腹腔動脈、上腸間膜動脈、上腸間膜静脈などがどのように見えるのかをお示します。実際にエコーのモニターに映っているものについての解剖についてもわかる範囲で説明します。もちろん、虫垂の描出方法も説明します。ただし、正常の虫垂がきれいに描出できるかどうかはモデルさんによるところが大きいことをご了承下さい。
「患者様のハッピー」と「クリニックの生き残り」のために役立つ腹部エコー活用法を皆様と一緒に考えたいと思います。
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月8日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための フローチャートで迫る神経内科領域の疾患6
−実際に経験した症例から考える−
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太先生

(神奈川歯科大学附属病院高齢者内科 教授)
【セミナー概要】
 診療科を問わず、臨床の場では必ずしもスタンダードな ケースばかりを経験するわけではない。典型的な症例で あれば診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診 た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の 症例や稀な疾患を 1st touch で診た場合、なかなか正診 に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供 書などを見て吃驚したことがあるのではないだろうか。
 本医療技術セミナーでは、脳神経内科領域における代表 的かつしばしば臨床で経験する疾患は勿論、これと似た 症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならな い疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮す る疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただ き、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきた い。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月15日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic Encephalitis/Chronic Fatigue Syndrome:ME/CFS)」―
−脳と中枢神経に影響を及ぼす多系統にわたる複雑な慢性疾患を識ろう−
天野惠子先生
■講師
天野惠子先生

(新座市・静風荘病院女性外来)
【セミナー概要】
 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS;Myalgic Encephalitis/Chronic Fatigue Syndrome)の中核症状は、日常生活における最小限の活動や簡単な知的作業などによってさえ、急激に症状が悪化し、身体が衰弱し、回復が非常に困難なことです。中核症状の他にも、睡眠障害、頭痛・筋肉痛、思考力・集中力低下、筋力低下、起立不耐性、体温調節障害、光・音・食物・化学物質等への過敏性などの症状が長期にわたり持続し、社会生活が送れなくなる神経難病です。通常、ウィルス感染後に発症し、機能障害は全身に及び、癌や心臓病、エイズのような他の極めて重症な疾患と同様に、患者の生活の質を著しく低下させます。詳しい病態は未だ不明で有効な治療法もなく、成人が発症前のレベルの身体機能を取り戻す率は0〜6%との報告があります。
 今回の医療技術セミナーを聞いてくださることで、この病気と向かい合っていただける医療者が一人でも出てくださることを願います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月22日(日) 10:00〜12:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
20,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
6000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
実地医家のための 日常診療で診るアレルギー最新情報
−食物アレルギーと蕁麻疹−
千貫祐子先生
■講師
千貫祐子先生

(島根大学医学部皮膚科 講師)
【セミナー概要】
 近年、食物アレルギーの診断や対処方法は大きな転換期を迎えている。アレルゲンコンポーネントを用いた血液検査の保険適応により、食物アレルギーの診断性能は大きく向上した。そして対処方法として、原因食物を避けさせる時代から、可能な範囲で食べさせる時代となってきた。ではどのように診断、対処すればよいのか。本医療技術セミナーでは、日常診療で診る食物アレルギーの診断方法、対処方法を紹介する。
 また、2018年に日本皮膚科学会の蕁麻疹診療ガイドラインが改訂された。蕁麻疹は一生のうちに5人に1人は罹患する、ありふれた疾患である。ただし、その分類は4グループ16病型と、実は大変複雑に発症しており、各々対処方法も異なってくる。本医療技術セミナーでは、日常診療で診る蕁麻疹の診断方法、対処方法も合わせて紹介する。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月22日(日) 12:30〜16:45
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
「咳嗽・喀痰の診断ガイドライン」を読み解く(新春記念セミナー1)
−咳嗽と喀痰を主訴とする患者の診療をレベルアップする−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 呼吸器非専門の先生方にとって、いや専門とされている先生方にとっても、咳を主訴とする患者の診断・治療はしばしば困難なものです。その理由は、いくつかの疾患において「診断基準が、あるようなないようなあやふやなものである」というところにもあるでしょうし、いくつかの疾患においては「診断的治療をすることで初めて診断に至る、すなわち初診時の診察室では診断がつかないまま経過を見なくてはいけない」というところにもあるでしょう。また専門的な話ですが、例えばある疾患においては日本で提唱されているものの、海外ではあまり取り上げられていないという事例もあり、教科書によって記載や定義が異なったりすることも非専門の先生方においては混乱の元になっているかと思います。
 そんな現状を踏まえて2019年、『咳嗽・喀痰の診断ガイドライン2019』が刊行されました。このガイドラインで、ある程度方向性が定められた部分もありますが、上に述べたような混乱の元は相変わらずであったりして、読んでみてもすっきりしない部分もあるかもしれません。はっきりできるところははっきりさせ、迷うところは出来る限り方向性を明らかにして、日常診療にガイドラインをどう落とし込んでいくか、皆さんとともにガイドラインを読み解き、より良い咳診療を考えていきたいと思います。
 是非先生方の日常臨床のお役に立てていただきたいと思います。
 皆様ふるってご参加ください。
 開催日
2020年1月12日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
事例から学ぶ病医院の親子承継・第三者承継の課題と対策
−病医院の承継;身内に引き継ぐからといって何の問題もないのか?!−
近藤隆二先生
■講師
近藤隆二先生

(螢疋ター総合支援センター 代表取締役)
【セミナー概要】
 昨今、ご高齢になられた先生がリタイア後のクリニック経営をどうするか十分検討できないまま閉院されるケースがあり、このケースは世の中にとって大きな損失を生み出していると感じています。

 まず、クリニックを閉院してしまうと、地域の患者さんが受診する場所を失ってしまいます。また、新たにクリニックの開院を検討している先生の中にはリスク軽減のため承継開業を望んでいる方が多くいるにもかかわらず、そのチャンスを失ってしまいます。そして、何よりも長年クリニックの経営に努力してこられた院長先生ご自身の経済的な損失や、ご自分の意志に反して医師として働き続ける環境を失うことにもなりかねません。

 これは承継者が身内にいる場合も、そうでない場合にも頻繁に起こります。
 その原因は、承継者、被承継者ともクリニックの承継についての知識や情報が不足しているため、適切なタイミングで正しい行動をすることができないことにあります。
 クリニックの承継は一生に一度のことで、経験したことがないので、わからないのは当たり前です。
 もちろん、ご自分のライフプランなどを考え、クリニックを閉院する、という道を選ばれても良いのですが、承継について学ぶことで、場合によっては他の方法を選択したほうが良いことがある、ということを理解していただき、患者さん、承継する先生、そして院長先生ご自身、の三者が幸せになれる道も検討していただければと思います。

 この医療経営セミナーでは、クリニック承継とはどのようなものなのか、親子承継と、第三者承継とはどう違うのか、承継の成功事例、失敗事例のご紹介と課題・解決策などについてわかりやすく解説し、そして、人生100年時代と言われる時代に医師としてどのように生きていくのか、その選択肢についてお伝えいたします。
 開催日
2020年1月12日(日) 15:00〜17:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
会場案内図
 受講料(会場)
【医師】
20,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
20000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
28 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー