HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール

医療セミナー開催スケジュール

医療セミナー開催スケジュール【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー開催スケジュール
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
 ■分野から探す
 
 ■対象から探す
 
 ■フリーワード検索
 
セミナースケジュールダウンロード(PDF)セミナーテキスト 頒布表(PDF)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
23 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 次の10件
Live中継行います
フィジカルの奥技
−明日からすぐに使える診察のエッセンスを伝授します!−
小林裕幸先生
■講師
小林裕幸先生

(筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター センター長/総合診療科 教授/水戸協同病院 副院長)
【セミナー概要】
 過去30年のフィジカルの医学生、研修医の教育経験から明日からすぐに使える診察方法を伝授します。「このような所見がありますね。」と診察所見を示し、診察してその時はわかったようになっても、実際新しい患者に来た時には、繰り返しできていないことが多いと感じています。OSCEが開始され15年以上が経ちますが、医学生や研修医を指導していて、頸部の正常リンパ節を触知できている人や疾患のない肝臓を触知できている人は、ほぼいません。エコー、CT、MRIなどの画像診断が発達したことで、診察能力の向上に努力を払わなくなり、また、指導できる人も指導する機会も少なくなっていると感じています。参加型のセミナーにより、正常な0.5cmのサイズのリンパ節が誰でも触診できるようになります。3音、4音がわかるようになります。肝臓の触り方を伝授します。骨盤腹膜炎の診断に必要な婦人科診察が、直腸診を用いた双手診でできるようになります。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2022年5月29日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための 糖尿病診療の最新知見
−エビデンスにダマされないためのツボ−
能登洋先生
■講師
能登洋先生

(聖路加国際病院内分泌代謝科 部長)
【セミナー概要】
 近年,国内外で糖尿病患者数が激増しています.その要因として生活習慣の変化や社会の高齢化が挙げられます.そして「コロナ禍」が到来し,運動量低下や「コロナ太り」によって糖尿病患者の血糖コントロール悪化が厳然たるものとなりました.前半の講演では,理論だけでなく実地観点からの糖尿病概論を解説します.
 後半では次々と登場する糖尿病治療薬とそのエビデンスについてお話します.エビデンスを濫用した受け売り解説ではなく,エビデンスにダマされないための切り口でエビデンスやガイドライを斬りさばきます.統計学的解説もしますが,数式は使わずに諺などを多用して「目からうろこ」の読解法をわかりやすく説明します.
 糖尿病診療の最先端を学びたい方やエビデンスの正しい読み方・使い方を習得したい方, 奮ってご参加ください.
 開催日
2022年6月12日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
プライマリケア医が抗血栓療法を必要とする理由
−超高齢社会のリアリティを共有する−
長嶋道貴先生
■講師
長嶋道貴先生

(湘南第一病院 副院長/循環器内科)
【セミナー概要】
 近年、新たな抗血栓薬が登場し、心・血管系、脳血管障害領域で多くのガイドラインが公表されています。その背景には、長寿を目指ざす医療の成果としての超高齢社会と、一方で健康寿命を求める社会の多様化した医療ニーズがあります。高次医療機関から実地医家まで、抗血小板薬や抗凝固薬を処方する機会が増加していることを実感しませんか? 変更や中止に悩む日常はありませんか?
 今回の医療技術セミナーでは、前半に専門医のオピニオンを反映した抗血栓療法に関連するガイドラインを“翻訳”しながら、プライマリケア医が踏襲すべき標準的診療へと皆様を導きます。後半には既存のエビデンスでは解決できない問題が山積する高齢者医療、特に要介護高齢者診療の実態に触れ、抗血栓療法を必要とする疾患に社会課題からもアプローチし、全体を通して専門医とプライマリケア医の共通理解の促進を試みます。
 どうぞ診療科を超えてご参加ください。
 開催日
2022年6月19日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
下肢静脈瘤・下腿潰瘍の診断と治療戦略
前川武雄先生
■講師
前川武雄先生

(自治医科大学皮膚科 准教授)
【セミナー概要】
 下肢静脈瘤の治療はこの10年間で大きな変貌を遂げました。長年ストリッピング術や高位結紮術などの術式を中心に行われてきましたが、2011年に血管内治療機器が保険認可されて以来、種々のレーザー機器や高周波治療機器が登場し、治療の主体はより低侵襲な血管内治療へとシフトしています。また2020年には新しい血管内治療としてシアノアクリレートを用いた血管内塞栓術が登場し、現在では血管内焼灼術とともに下肢静脈瘤治療の中心となっています。より低侵襲な治療が行えるようになった一方、新規治療には様々な注意点や特有の合併症も存在するため、治療にあたってはこれらの点を十分に理解しておく必要があります。
 今回の医療技術セミナーでは、下肢静脈瘤の基本的概念や新規治療の解説とともに、皮膚科医が治療を行う下腿潰瘍の治療戦略についても解説させていただきます。
 開催日
2022年6月26日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
詳細を見る
Live中継行います
コロナ後遺症の診療の実際
−現在できるt治療の可能性を最大限に探求する−
丸毛 聡先生
■講師
丸毛 聡先生

(公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院病院長補佐 兼 呼吸器内科部長)
【セミナー概要】
 新型コロナウイルス感染症(Coronavirus disease 2019:COVID-19)は、2019 年 12 月に中国・武漢で原因不明の肺炎として報告されて以降、本邦を含む全世界に感染が拡大している。この経過の中でCOVID-19に対する多くの知見が全世界で集積され、感染対策や診断・治療・予防法が確立されつつある。そのような中、新たな課題としてCOVID-19に罹患した一部の患者にさまざまな罹患後症状(いわゆる「後遺症」)を認めることがわかってきた。これらは、post COVID-19 condition(s)、long COVID、post-acute sequelae of SARS-CoV-2 infection (PASC)、long-haul COVID などといわれているが、その病態についてもいまだ不明な点が多い。
 我々医療従事者は、この未解明な「コロナ後遺症」について、最新の疫学情報を鑑みながら患者の診療に当たり、場合によっては長期的に支えていかなければならない。しかしながら確立された診療指針は未だない。そこで本特集では、「コロナ後遺症」の診療に当たる医療従事者に少しでも役立つように、前半部分ではこれまでに分かっている後遺症の知見をまとめ、後半では当院での後遺症外来の経験を共有し、特徴的な病態を呈した症例につき考察したい。
 開催日
2022年7月3日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための 心不全 薬物療法の新潮流
−WHF(Worsening Herat Failure)に対する戦略をどう構築するか。−
江波戸美緒先生
■講師
江波戸美緒先生

(昭和大学医学部附属藤が丘病院循環器内科 教授)
【セミナー概要】
 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年を目前に心不全患者の絶対数は増加の一途をたどっており、世界的にも先進国における心不全診療の重要性は増大している。このような環境の中2014年のARNI(Angiotensin Receptor-Neprilysin Inhibitor)の左室駆出率の低下した心不全(HFrEF)に対するRCTであるPARADIGM試験の成功を皮切りに多くの心不全治療薬のエビデンスの発表が続いている。ARNI、SGLT2阻害薬、MRAそしてIf 受容体阻害薬Ivabradine、可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)阻害薬Vericiguat、選択的ミオシン活性化薬Omecamtiv mecarbilのRCTの結果を整理しHFrEFの薬物治療の記載が日米欧のガイドラインでどう変化したかを紹介したい。一方で左室駆出率の保たれた心不全(HFpEF)に対する治療戦略は一筋縄ではいかない。HFpEFに対する薬物療法のエビデンスはどうなっているのかをHFpEFの病態の多様性や原疾患の相違なども含めて解説しその理解につなげたい。実地医科の先生方の心不全治療をupdateするきっかけにしていただければ幸甚である。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2022年7月10日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
詳細を見る
Live中継行います
隠れている病気を見つけましょう!
−胸部画像読影を学ぶ−レントゲン写真と CT 画像の比較―−
杉野圭史先生
■講師
杉野圭史先生

(一般財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院呼吸器内科、間質性肺炎・)
【セミナー概要】
 多くの先生方が,胸部レントゲン写真の読影は難しいと言われます.私もその通りだと思います.小さな病変や心臓などに隠れている病変などを見落とす可能性は非常に高いです.
 今回の医療技術セミナーでの講義は,最初に胸部レントゲン写真および CT 画像の読影に必要な基本的な知識をおさらいし,講義全体のほとんどを実際の症例の画像で学んでいただきます.悪性疾患やその他様々な良性疾患の画像所見を先生方とじっくり見ていきたいと思います.特にレントゲン写真と CT 画像を比較することにより,疾患の特徴を鮮明に捉えることができ,さらに頭の中が整理されていくと思われます.難しい専門的な知識は不要です.一般的な疾患から少し珍しいものまで、できるだけ幅広い領域をカバーさせていただきます.
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2022年7月17日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
サイエンス漢方処方シリーズ供檻検,悩みに答えてシリーズ
−「循環器内科領域」「呼吸器内科領域」「脳神経内科領域」「外科領域」−
井齊偉矢先生
■講師
井齊偉矢先生

(サイエンス漢方処方研究会 理事長/日高徳洲会病院 院長)
【セミナー概要】
10:00『循環器内科領域で役に立つ漢方薬〜循環器内科医
    からのお悩みに答えて〜』
 循環器内科の日常診療で悩んでいることを数人の循環器内科医に伺いました。例えば「Q3. 狭心症/虚血性心疾患を疑われて紹介されます。ほとんどは狭心症ではありません。検査はしますが、違うときに漢方薬を使ってみます。処方する薬は様々ですが、先日は当帰湯がよく効きました。」回答例「仮性狭心症は、女性に多く、夜間に発作が起こり長時間続くことが特徴的。神経症状を伴い、胸部が拡張する感じを訴える。当帰湯が奏効する。」

11:00『呼吸器内科領域で役に立つ漢方薬 〜呼吸器内科医
   からのお悩みに答えて〜』
 呼吸器内科の日常診療で悩んでいることを数人の呼吸器内科医に伺いました。例えば「Q1. 遷延性の乾性咳嗽はいちばん困る。吸入ステロイド、無効ならコデインでお茶を濁す恥ずかしいケースがよくあります。麦門冬湯・滋陰降火湯・半夏厚朴湯がダメだと絶望的です。対処法を教えて下さい。」回答例「それほどでもない乾性咳嗽が遷延する場合には、桂枝加厚朴杏仁湯しか使える漢方薬はない。これで、リン酸コデインでお茶を濁さなくてもよくなる。」

12:30『脳神経内科領域で役に立つ漢方薬 〜脳神経内科医 
    からのお悩みに答えて〜』
 脳神経内科の日常診療で悩んでいることを2人の脳神経内科医に伺いました。例えば「Q1. パーキンソン病による睡眠障害のレム睡眠行動障害に桂枝加竜骨牡蠣湯2包分1眠前が有用です。金匱要略に「悪夢に」とあったので試したのですが、大きな副作用もなく有効でした」回答例「金匱要略には「悪夢」との記載はないが「女子夢交」という記載はある。口語訳すると「女性の夢の中の性行為」となり相手は夫以外で疲れ果てて覚醒する。これの応用」

33:30『外科領域で役に立つ漢方薬 〜外科医からのお悩み
    に答えて〜』
 外科の日常診療で悩んでいることを数人の外科医に伺いました。例えば「Q1. 肝切除の際にプリングル法で血行遮断を行ったとき、翌日の肝酵素が著しく上昇し、その後遷延することが多いです。グリチルリチン製剤の大量投与は査定を受けます。肝細胞傷害性だとは思うのですが、妙案は如何でしょう」回答例「肝の阻血再還流時の肝細胞障害には血管内皮細胞安定化作用のあるアルプロスタジルが奏効する。補助として茵蔯蒿湯・桂枝茯苓丸が使える。」
 開催日
2022年7月24日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10,000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
Live中継行います
リウマチ・膠原病シリーズ2
高橋 良先生
■講師
高橋 良先生

(昭和大学医学部附属東病院リウマチ・膠原病内科 助教)
 開催日
2022年8月7日(日) 〜
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
65,000円(お一人様/税込み)
詳細を見る
Live中継行います
実地医家のための 大腸内視鏡検査法の最新潮流
−挿入法、診断、治療を中心に−
池松弘朗先生
■講師
池松弘朗先生

(国立がん研究センター東病院消化器内科 医長)
【セミナー概要】
 大腸癌の増加に伴い、今後も大腸内視鏡検査の増加が予想される。大腸内視鏡検査は、大腸癌の早期発見や予防に有用な検査であるが、挿入技術、ポリープの検出技術等の面で難易度が高い。さらに、病変を発見した際、リアルタイムでの的確な診断、治療方針の決定、更には安全な治療が求められる。
 内視鏡挿入は、痛みの少ない挿入がベストであり、我々は軸保持短縮法を基本に挿入している。内視鏡診断においては、画像の高解像度化、拡大内視鏡や画像強調観察等の機器開発に伴い劇的に向上し、病変発見から質的診断までは、画像強調観察にて診断をし、深達度診断は更に色素拡大内視鏡観察によるpit pattern 診断にて治療方針を決定している。また、治療においても術後出血も少ないCold polypectomyの手技が登場し、小さな腺腫性腫瘍に関しては外来でも安全に切除できるようになった。
 今回の医療技術セミナーでは、挿入法、診断、治療を中心に大腸内視鏡検査法について解説します。
 皆さま、ふるってご参加下さい。
 開催日
2022年8月21日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 受講料(会場)
【医師】
40,000円(お一人様/税込み)
【コ・メディカル】
10000円(お一人様/税込み) ※定員制
詳細を見る
23 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー