HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
腰椎、膝・足関節のX線写真、CT、MRI画像の読影
−整形外科領域の画像診断・読影シリーズ 2:腰痛、膝・足関節−
【セミナー概要】
 くび・肩・腰・膝の痛みや障害はADLやQOLの低下に直結し、その社会的損失も莫大であるといわれています。生活基礎統計(平成19年)によれば、有訴者率は男女ともに1位は腰痛、2位は肩こり、女性では3位が手足の関節の痛みであり、上位はすべて整形外科疾患となっています。さらにそのすべてにおいて、有訴者率は前回の調査(平成16年)より増加しています。しかしながら、日常診療において極めて多く見られるこれらの症状の原因となる病態はさまざまであり、その診断は必ずしも容易ではありません。見過ごされやすい病態や、見過ごしたくない病態も多く存在します。
 今回のセミナーでは新進気鋭のスペシャリストを講師として、頚胸椎・肩関節・腰椎・膝と足関節のさまざまな病態とその診断法を、最先端の画像やエビデンスとともにお示しし、さらにそれぞれの最新の治療法を2回シリーズで簡潔にお見せします。
 ご参加の皆様にとりまして、明日からの診療にお役立ていただけますことを確信しております。奮ってご参加下さい。
10:00-12:00 第1部:腰痛性疾患の画像診断と治療                          男澤 朝行
 腰痛性疾患は,椎間板ヘルニアや骨粗鬆症,腰部脊柱管狭窄症,変形性脊椎症などがあります。このように,原因がはっきりしていればいいのですが,背骨が原因で起こる腰痛の場合,自分では思いあたるふしがなく,検査をしてもはっきりとした原因がすぐにはわからないことがあります。このように原因がわからない腰痛は”非特異的腰痛”といわれ,腰痛全体の80%を占めるとも言われ,治療に難渋します。今回のセミナーでは日常診療でよく遭遇する腰痛性疾患の診断と治療法を,最近の話題を交えながらお示しします。

12:00-13:00  休 憩

13:00-15:00 第2部:膝・足関節の疾患の診断と治療                          渡辺 淳也
 我が国では高齢化に伴い,関節の加齢変化によりADLに大きな障害を有する患者が急速に増加しています。また近年のスポーツ人口の増加に伴い,様々なスポーツ外傷,障害が広い年齢層で認められるようになってきました。特に膝や足関節など荷重関節の疾患は,ADLの低下に直結することから,早期に適切な診断と加療を開始することが重要です。今回のセミナーでは,日常診療でよく遭遇する膝と足関節の疾患の概要と治療法を,最近の話題を交えながら解説します。

渡辺淳也先生
■講師
渡辺淳也 先生
(帝京大学医学部ちば総合医療センター整形外科 准教授)
96年 千葉大学医学部卒業
   千葉大学整形外科
97年 川崎製鉄千葉病院、鹿島労災病院、結城病院、ともに整形外科出向 
01年 千葉大学大学院 入学
05年 千葉大学大学院 卒業
05年 スイス・ベルン大学留学(ポスドク)
06年 スイス・ベルン大学附属病院放射線科 准教授
06年 帝京大学ちば総合医療センター放射線科 准教授
08年 ブリガム&ウイメンズ病院放射線科、ハーバード大学医学部 客員准教授
09年 現職 

専門:関節外科、スポーツ医学、画像診断
男澤(おざわ)朝行先生
■講師
男澤(おざわ)朝行 先生
(帝京大学医学部ちば総合医療センター整形外科 講師)
"96年 弘前大学医学部卒業
   千葉大学医学部整形外科
97年 君津中央病院、国立がんセンター中央病院、千葉県救急医療センター整形外科出向
02年 千葉大学医学部整形外科
05年 船橋市立医療センター整形外科
06年 帝京大学附属市原病院整形外科 助手
06年 帝京大学ちば総合医療センター整形外科 助手
07年 現職

専門:脊椎・脊髄外科、外傷

著書目録{男澤朝行}

論文タイトル:【脊椎・脊髄イメージング 標準的検査法から最新情報まで】 画像検査法編 標準的画像検査 腰椎椎間孔部狭窄に対するMR myelographyの有用性
出典:脊椎脊髄ジャーナル [0914-4412]
著者名:男澤
2010年 23巻 4号 249 -253頁

論文タイトル:【Q&Aでなるほどナットク! 骨粗鬆症性椎体骨折のすべて】 骨粗鬆症性椎体骨折のQ&A 手術治療
出典:整形外科看護 [1342-4718]
著者名:男澤
2009年 14巻 6号 571 -575頁

論文タイトル:【骨折治療の最新知識 いま、どうなっているの?】 骨粗鬆症性脊椎骨折の治療
出典:整形外科看護 [1342-4718]
著者名:男澤
2006年 11巻 11号 1056 -1060頁

整形外科ハンドブック
Orthopaedic Access 2010年9月
外傷性脊髄損傷 P218-219


"
セミナー要綱
 セミナーNo
90
 開催日
2011年2月20日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
渡辺淳也 先生(帝京大学医学部ちば総合医療センター整形外科 准教授)
男澤(おざわ)朝行 先生(帝京大学医学部ちば総合医療センター整形外科 講師)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/リハビリテーション
■対象: 医師/看護師/検査技師/放射線技師
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第90回医療セミナー「整形外科S 2 腰椎、膝・足関節」は盛会裏に終了しました。
 2月20日(日)に開催しました第90回医療技術セミナー「整形外科領域の画像診断・読影シリーズ2 腰椎、膝・足関節X線写真、CT、MRI画像の読影」は盛会裏に終了しました。
今回は、1月23日に開催されました「整形外科シリーズ1 頸椎、肩」に続いての、2回目のセミナーとして開催され、多くの受講者をお迎えすることが出来ました。病院に来られる患者さんの中で、「腰が痛い」「膝の調子が悪い」というのは、一番多い訴えだそうですが、今回は、それらの疾患を取り上げていただきました。ちなみに、受講者の構成としては、整形外科の先生が70%、内科等の先生が30%というところで、整形外科以外の先生にはちょっと難しかったかも知れません。 
 午前の「腰椎」領域の講師には、男澤(おざわ)朝行先生をお迎えしました。講義は、まず始めに総論から入られ、診察のポイント等の説明の後、ぎっくり腰、慢性の腰痛等の注意の後に各論の病態で、変形性脊椎症、腰椎椎間板ヘルニア、分離症、椎間板性腰痛、椎間孔狭窄症、圧迫骨折、腰部脊柱管狭窄症、変性すべり症、腰椎変性後彎症、透析性脊椎症、交通事故等による外傷、癌の脊椎転移、結核性脊椎炎、その他についての解説が行われました。質疑の時間になると、昨年末に出た新薬の使い方や評価を含めて、俄然 盛り上がり、会場からもネット受講者からもハイレベルの質問が集まり、丁寧な回答もあり、昼食時間も半分に減ってしまう程、延々1時間も続きました。さすがに、色々な疾患の中でも有訴者率でトップに位置付けられるほどの、患者や訴えが多い疾患らしいものでした。
 午後の「膝、足関節」領域の講師は、渡辺敦也先生にお願いしました。講義は、”膝関節疾患”として靭帯(前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷など)、半月板(半月板損傷、円板状半月など)、軟骨(軟骨損傷、離断性骨軟骨炎など)、腱(ジャンパー膝、膝蓋腱断裂など)、その他(変形性膝関節症、関節リウマチなど)を取上げ、写真や画像を供覧されるとともに詳細な解説を加えていただきました。次に、”足関節疾患”に移り、靭帯(前距腓靱帯損傷、三角靱帯損傷など)、腱(腱鞘滑膜炎、腱断裂など)、骨(脛骨疲労骨折、踵骨骨折など)、軟骨(軟骨損傷など)、その他(神経絞扼性疾患など)の疾患を取上げていただき、写真や画像の供覧とともに、詳細な解説を加えていただきました。膝についても、有訴者率では、”腰”に次いで多い筈で、薬物療法や手術療法についても質問がたくさん出ました。 
 なお、この項に関連するコメントは、「医療技術セミナー”スキルアップ”企画こぼれ話」のブログにも書いておりますので、そちらも是非アクセスされ、ご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/todorokiskillup/

 
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー