HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
排尿障害の診断と治療−排尿障害は加齢と生活習慣病、夜間頻尿を極める
−在宅医療〜排尿最新手術まで、排尿とサルコペニア・サーカディアンリズム・テストステロンの関係;排尿は人を元気にする!−
【セミナー概要】
 排尿は健康の一つのバロメーターです。健康寿命を延ばす、在宅療養環境を整えるには排尿管理は重要な要素。寿命延長により年代別に排尿障害への関わりや治療戦略は変化します。内服・手術療法を駆使しますが、生活習慣や加齢現象を加えた全身疾患としての視点を加え治療効果を向上します。排尿障害は、男性更年期障害の症状でもあり、サルコペニアとも関連をしています。症状を抑える治療だけではなく、排尿を入口にして健康寿命を延ばし、生活の質を改善するために必要な考え方とスキルをご紹介致します。ベテラン泌尿器科医のみでなく、地域医療や在宅医療を支える先生方も排尿障害に直面しています。排尿障害を全人的な疾患として理解し、本質を捉えた病態感管理と最新治療や管理を知り、患者様に寄り添う多くの先生方のご参加をお待ちしております。
 皆さま、奮ってご参加ください。
10:00−12:00
第1部「排尿障害と加齢 病院医療の最新〜在宅医療まで」

昼食

12:30-14:30
第2部「夜間頻尿のメカニズム サーカディアンリズムと排尿障害、サルコペニアと排尿障害、高齢者排尿障害管理の実践治療」
斎藤恵介先生
■講師
斎藤恵介 先生
(順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科 准教授 )
<略歴>
05年7月 静岡がんセンター泌尿器科
07年2月 千葉県名戸ヶ谷病院泌尿器科医局長    
  4月 Harvard Univ:Clinical Care Center,Massachusetts General Hospital, Harvard University
10年5月 大学病院医師による在宅クリニック立ち上げ
11年4月 鳳優会あすかホームケアクリニック 在宅医長
12年4月 帝京大学医学部国際教育研究所講師
13年6月 順天堂大学医学部非常勤講師兼任
14年4月 帝京大学医学部附属病院泌尿器科学教室講師
17年5月 順天堂大学医学部附属静岡病院泌尿器科准教授
22年4月 順天堂大学医学部附属順天堂院泌尿器科准教授

<資格>
日本泌尿器科学専門医 平成18年取得、日本泌尿器科学指導医
泌尿器腹腔鏡認定医 、ダビンチ手術プロクター(dV Xi System Certificate)
日本抗加齢学会 評議委員、緩和ケア認定医、ボトックス認定医(手足拘縮改善・間質性膀胱炎治療)

【在宅医療研究】
平成23年-平成26年度:厚生労働省科学研究班大島班:厚生労働科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進研究事業「被災地再生を考慮した在宅医療の構築に関する研究」在宅医療における機能障害の再評価に関する研究・在宅患者栄養調査・在宅尿路留置カテーテルに関する全国調査
平成26 年度戸原班:厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 分担医 「高齢者の摂食嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究」嚥下内視鏡検査全国マッピング
【排尿障害と膀胱血流・テストステロン研究】
経尿道的前立腺レーザー核出術(HoLEP)、経尿道的前立腺蒸散術(PVP)手術前後の膀胱血流測定、テストステロン、男性更年期障害との関連を研究
【尿失禁研究】
骨盤底筋群体操の全身トレーニングと尿失禁関連を研究中

セミナー要綱
 セミナーNo
703
 開催日
2022年8月28日(日) 10:00〜14:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
斎藤恵介 先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科 准教授 )
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第703回セミナー『排尿障害の診断と治療』は盛会裏に終了しました。
 8月28日(日)に開催しました第703回医療技術セミナー『排尿障害の診断と治療−排尿障害は加齢と生活習慣病、夜間頻尿を極める;在宅医療から最新の手術まで;排尿とサルコペニア・サーカディアンリズム・テストステロンの関係を解説します;排尿は人を元気にする』は盛会裏に終了しました。
 講師は、順天堂大学医学部順天堂医院泌尿器科准教授斎藤恵介先生をお招きしました。初めてです。順天堂大学の泌尿器科の医局の堀江重郎教授に以前からお願いしてその都度おいでいただいております。今回の斎藤先生は在宅医療に長く従事しておられた方のようですが、今春、静岡病院から赴任されてこられた方です。

 今回のセミナーの講義の組立ては以下の通りでした。
 実は、開始直後にネット受講者から「薬物療法が少ないようだ」との要望が寄せられ、急遽、ご無理をお願いして午後に増やしていただきました。
午前の部「老年症候群を知る」
• 排尿に関連する男性更年期、サルコペニア筋肉の老化・
• 加齢による排尿障害
• サーカディアンリズムの変調
  テストストロンは男性ホルモン
  男性更年期
  睡眠
• 夜間多尿のメカニズム
  脳梗塞や心筋梗塞予防のために夜間多飲の推奨  
  コーヒー、アルコール摂取
午後の部 「排尿障害治療と最新技術」
• 基本的な薬物療法
• 前立腺レーザー治療とテストステロン
  アンチエイジングと前立腺肥大症  手術治療 HoLEP手技
• 低侵襲治療
• 在宅医療と訪問診療  最期を迎えたい場所
  在宅医療の国際比較  デイケアセンタ−
  排尿管理 カテーテル留置  
  夜間頻尿  骨折や死亡との関係
• 骨盤底筋群体操

 質疑については、会場からもネット受講者からも相次ぎ、盛り上がりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー