HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
フィジカルの奥技
−明日からすぐに使える診察のエッセンスを伝授します!−
【セミナー概要】
 過去30年のフィジカルの医学生、研修医の教育経験から明日からすぐに使える診察方法を伝授します。「このような所見がありますね。」と診察所見を示し、診察してその時はわかったようになっても、実際新しい患者に来た時には、繰り返しできていないことが多いと感じています。OSCEが開始され15年以上が経ちますが、医学生や研修医を指導していて、頸部の正常リンパ節を触知できている人や疾患のない肝臓を触知できている人は、ほぼいません。エコー、CT、MRIなどの画像診断が発達したことで、診察能力の向上に努力を払わなくなり、また、指導できる人も指導する機会も少なくなっていると感じています。参加型のセミナーにより、正常な0.5cmのサイズのリンパ節が誰でも触診できるようになります。3音、4音がわかるようになります。肝臓の触り方を伝授します。骨盤腹膜炎の診断に必要な婦人科診察が、直腸診を用いた双手診でできるようになります。
 皆さま、奮ってご参加ください。
10:00-12:00(説明+実技)
 頸部(リンパ節、甲状腺、頸静脈拍動)の診察
 胸部(心音・呼吸音)の診察

12:30-14:30(説明+実技)
 腹部の診察
 婦人科診察(シュミレーターによる双手診)

最初に各診察法の説明をしたのち、模擬患者や協力者を相手に実際に手技を行っていただきます。1回の経験ではなかなか身につかないため、1人あたり3回くらいを目標にして、皆様の明日からの診療に役立つように進行します。
小林裕幸先生
■講師
小林裕幸 先生
(筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター センター長/総合診療科 教授/水戸協同病院 副院長)
<略歴>
90年 防衛医科大学卒業
93年−96年 カリフォルニア大学ロングビーチ記念病院家庭医療レジデント
96年 米国家庭医療専門医取得        
   Resident Teaching Award受賞 
98年 防衛医科大学総合臨床部助手、
    同  講師を経て
09年 筑波大学水戸地域医療教育センター/水戸協同病院総合診療科(現職)

<著書>
診断仮説別 病歴と身体所見〜「聴くべき病歴」と「診るべき診察」〜<上級クラス> 月刊レジデント6巻4号
内科の視点で診る 手術前後の入院患者管理 レジデントノート増刊 Vol.18
カラー版 国際診療のための内科アトラス大事典 翻訳編集
パワーズ運動生理学 体力と競技力向上のための理論と応用 翻訳編集

セミナー要綱
 セミナーNo
697
 開催日
2022年5月29日(日) 10:00〜14:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
小林裕幸 先生(筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター センター長/総合診療科 教授/水戸協同病院 副院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第697回セミナー『フィジカルの奥技』は盛会裏に終了しました。
 5月29日(日)に開催しました第697回医療技術セミナー『実地医家のためのフィジカルの奥技−明日からすぐに使える診察のエッセンスを伝授』は盛会裏に終了しました。
 講師には、筑波大学水戸地域医療教育センター センター長/水戸共同病院 副院長/総合診療科 部長であります小林裕幸先生をお招きしました。初めのお招きです。病院はかつてJAの病院であった水戸共同病院を茨城県のイニシアで筑波大学医療教育センターとのタイアップととし、もともと研修医が20名ほどしかおられなかったところで、その後は120名に増えて若手医師の医療教育が役割を果たせるようになったことを、冒頭の自己紹介でお話になりました。
 なお、この日のお話のテーマ・タイトルですが、当初のスキルアップからのご依頼は、『見落としのない診察技術』でしたが、『フィジカルの奥技』という興味深いタイトルになり、実際に診察を行う参加型のセミナー企画となりました。問診・診察がきちんとできないようなので、実際に診察のやり方についてお話ししたい・・・とのことです。

 当日の講義の組み立ては以下の通りでした。
午前の部
 全体解説
 頸部(リンパ節、甲状腺、頸静脈拍動)の診察
 胸部(心音・呼吸音)の診察
午後の部
 胸部診察(心音)  第1音から第4音
 腹部の診察 肝臓のさわり方、スクラッリテスト
 婦人科診察(シミュレーターによる双手診)
 まとめ

 小林先生は、講義をwilliam oslerの言葉から始められました。また、講義は、受講者にも聴診器の持参をお願いされ、モデルさんを相手に代わる代わる触診をされたり聴診器を当てられたりで、納得のいくまで診察のデモを行っておられました。他に呼吸音や心音に関するヒアリングの質問が用意され、各々答えられておりました。

 質問は会場の方からたくさん出ました。が、こういう実技の場合、ネット受講者からの質問は出にくかったようです。受講者の方々は、自信が宿ったようで、うれしそうにお帰りになりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー