HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
一日で極める気管支喘息・COPD吸入療法
−理論と実技−
【セミナー概要】
 吸入療法は、気管支に直接薬物を作用させるため、内服薬と比較して、微量で効果を高めることができ、全身的な副作用を少なくすることが出来る。そのため、吸入療法は気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の薬物療法の中心的存在となっている。しかしながら吸入手技や吸入アドヒアランスといった新たな課題も同時に発生する。つまり正しい吸入ができない限り期待される効果が得られない。すなわち、実地臨床における吸入薬の効果は、含有薬剤や吸入デバイスといった吸入薬側因子、そして吸入手技や吸入アドヒアランスといった患者側因子により、総合的に決定されることを十分に意識する必要がある。
 今回の医療技術セミナーでは、非専門医から専門医までが、気管支喘息及びCOPDにおける吸入療法を1日で極めることを目標とする。具体的には、前半の理論編では安定期の吸入薬による気管支喘息・COPDの治療ストラテジーを座学で解説し、後半の実技編では代表的な全てのデバイスを用いて吸入デバイスおよびその吸入指導に関して解説する。
 皆さま、奮ってご参加ください。
10:00〜12:00
気管支喘息・COPDの診断・治療の概略を極める
気管支喘息・COPDの吸入療法のBasic Strategyを極める
気管支喘息・COPDの吸入療法のAdvanced Strategyを極める
吸入薬各製品の使い分けを極める

12:30〜14:30
吸入薬各デバイスの特徴・指導法とそのピットフォールを極める
 医療機関・地域での吸入指導システムの構築方法を極める
丸毛聰先生
■講師
丸毛聰 先生
(公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院病院長補佐 兼 呼吸器内科部長)
<略歴>
02 年 3 月 京都大学医学部卒業
02 年 5 月 財団法人倉敷中央病院内科ジュニアレジデント
04 年 6 月 同 呼吸器内科シニアレジデント
06 年 4 月 京都大学大学院医学研究科博士課程入学
10 年 3 月 同 修了
10 年 4 月 京都大学大学院医学研究科研究員
10 年 10 月 市立岸和田市民病院呼吸器科医長
13 年7月 公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院呼吸器内科副部長
兼 吸入指導ネットワーク代表
14 年 4 月 同 感染症科副部長兼任
17 年 6 月 同 ICT 責任医師兼任
19 年 4 月 同 呼吸器内科部長 兼 感染症科部長 兼 感染制御対策室室長
20 年 4 月 同 病院長補佐
現在に至る

<所属学会>
日本内科学会、日本呼吸器学会、日本感染症学会、日本化学療法学会、日本アレルギー学会、日本結核病学会、日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会、日本環境感染学会、日本呼吸器内視鏡学会、American Thoracic Society

<資格>
京都大学医学博士、日本医師会認定産業医、日本内科学会認定医・指導医、日本呼吸器学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本感染症学会専門医、日本化学療法学会認定医、日本結核病学会認定医・指導医、Infection Control Doctor、高齢者医療研修会修了、指導医講習会終了
セミナー要綱
 セミナーNo
684
 開催日
2022年5月8日(日) 10:00〜14:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
丸毛聰 先生(公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院病院長補佐 兼 呼吸器内科部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第684回セミナー『気管支喘息・COPD吸入療法』は盛会裏に終了しました。
 5月8日(日)に開催しました第684回医療技術セミナー『1日で極める気管支喘息・COPD吸入療法』は盛会裏に終了しました。
 講師は、公益財団法人田附会興風会医学研究所北野病院 院長補佐/呼吸器内科 部長であります丸毛(まるも)聡先生をお招きしました。初めのお招きです。

 講義の組み立ては、以下の通りでした。
理論の部
1.診断の概略を極める
2.吸入療法のBasic Strategyを極める
3.吸入療法のAdvanced Strategyを極める
4.吸入薬各製品の使い分けを極める
実技の部
1.吸入指導(総論)
2.吸入指導(各論)

 講義の冒頭、丸毛先生は北野病院の紹介から始められました。立派な建物の病院で、有名な建築家であります安藤忠雄さんの設計だそうです。また、2代目の院長はノーベル賞を受賞された本庶佑先生であるとのこと。すっかり親しみやすくなりました。
 次に、現在、COPDの患者さんは700万人、喘息で苦しんでおられる患者さんは900万と推定されるとのこと。COPDはタバコ病と呼ばれているようですが、過去にタバコを吸っていた患者さんは50%に過ぎないとも教えていただきました。COPDのガイドラインは本年の5月中まもなく、ないし6月にも公表される予定であること。次に、喘息の診療ガイドラインは2021年に改定されたのですが、診断基準はまだ確定されていないとのこと。
 というぐらい、難しい疾患で、現状は、要するに対処療法での対応で、各種の吸入薬による治療が続けられている現状かと思われます。
 
 当日は、いろいろの吸入薬のサンプルを持参され、おのおのの薬剤の特徴、使用方法、メリット・デメリット等につき詳細な解説が行われました。

 質疑も、薬剤に関する使用上の注意等に関することが相次ぎました。 
 
 なお、丸毛先生には、7月3日に、新型コロナウイルス(COVID−19)の後遺症の症状・病態や対処法・治療法についてお話しいただくことになりました。皆さま、ご期待ください。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー