HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
コロナ禍と花粉症の治療
−抗体治療など最新情報−
【セミナー概要】
 今年のスギ花粉の飛散は、関東地方では2月の第1週から既に始まっています。飛散エリアは、今後3月初旬にかけて、北海道と沖縄を除く全国に次第に広がっていきます。飛散量は昨年よりは多く、例年の平均よりは少なめと予想されています。
 わが国のアレルギー性鼻炎は、スギ花粉症もダニによる通年性アレルギー性鼻炎も、10年単位でみるとこの30年間、増加傾向にあります。まだまだ、花粉症については十分な対策や治療が必要です。昨年、日本耳鼻咽喉科学免疫アレルギー学会の鼻アレルギー診療ガイドラインが改訂され、第9版が出版されました。花粉症の治療についても新しい知見が追加されています。生物学的製剤と言われる、抗体治療薬「抗ヒトIgE抗体」オマリズマブ(ゾレア®)はその代表的なものです。一方、昨年から今年にかけては、コロナ禍下のスギ花粉症シーズンという非常に特殊な状況を経験しています。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による気道感染症(COVID-19)は、人々の生活スタイルと街の風景を一変させました。スギ花粉症対策にもいくつかの新しい注意点が必要となりました。
 今回の医療技術セミナーでは、前述のような、スギ花粉症をとりまく新しい状況にどう対応すれば良いのか、についてお話しします。皆さま方の日常診療に少しでもお役に立つお話を準備しています。
 皆様のご参加をお待ち申し上げております。
講演プログラム概略
15:00〜17:00

1.花粉症・アレルギー性鼻炎の疫学と今年のスギ飛散
2.COVID 19
3.気道ウイルス感染と花粉症・アレルギー性鼻炎
4. 鼻アレルギー診療ガイドラインの改訂
5. 花粉症・アレルギー性鼻炎の治療の概括
6. 鼻副鼻腔炎と生物学的製剤
7. 抗ヒトIgE抗体 オマリズマブ(ゾレア®)
8. まとめ
松根彰志先生
■講師
松根彰志 先生
(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 教授/武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 部長)
<略歴>
1959年 大阪市中央区 出身
1984年 鹿児島大学医学部 卒業
1988年 鹿児島大学大学院医学研究科 博士課程 修了
1988年〜90年 ピッツバーグ大学(米国 ペンシルバニア州)留学
2000年 鹿児島大学耳鼻咽喉科 助教授
2007年 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 准教授
2011年 日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 部長(現在に至る)
2015年 日本医科大学耳鼻咽喉科学 教授(現在に至る)
セミナー要綱
 セミナーNo
653
 開催日
2021年3月7日(日) 15:00〜17:00
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 教授/武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第653回セミナー『コロナ禍と花粉症治療−抗体治療等』は盛会裏に終了しました。
 3月7日(日)夕刻に開催しました第653回医療技術セミナー『実地医家のためのコロナ禍と花粉症治療−抗体治療など最新情報』は盛会裏に終了しました。
 講師には、日本医科大学耳鼻咽喉科 教授/武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 部長であります松根彰志先生をお招きしました。ご自分も花粉症に悩んでおられるのだそうです。
 大久保裕元先生や松根先生といった日本医科大学耳鼻咽喉科の研究グループは、花粉症や鼻アレルギーの治療に”感作療法”の舌下免疫療法を考案され、臨床に取り入れられておられます。松根先生は、今回は3回目で、最初のセミナーは2018年2月12日に『花粉症とアレルギー性鼻炎治療における舌下免疫療法の実際』(#475)、2回目は2019年4月21日に『これから舌下免疫方法を始める医家へ』(#518)とお願いしてきております。
 講義の組立ですが、以下の通りでした。
1.花粉症・アレルギー性鼻炎の疫学と今年のスギ飛散状況
2.COVID 19
3.気道ウイルス感染と花粉症・アレルギー性鼻炎
4.鼻アレルギー診療ガイドラインの改訂
5. 花粉症・アレルギー性鼻炎の治療の概括
6. 鼻副鼻腔炎と生物学的製剤
7. 抗ヒト IgE 抗体 オマリズマブ(ゾレア®)
8. まとめ
 
 今回の講義での留意点の1点目としては、コロナ禍との関係についてですが、例えば、コロナを避けるために換気をよくすると、花粉が入ってくる・・・というわけです。痛し痒しですね。症状としては、喉のイガイガ、眼の痒み。皮膚でも痒み、腫れ・・・等です。それから、ポイントの2点目ですが、最新の有効な治療法としては、手術療法の他に、舌下免疫療法と分子標的薬による生物学的製剤による薬物療法があり、各々有効とされております。特に、薬物療法では、最近、Th2サイトカイン阻害薬に注目が集まり、テレビのコマーシャルでもよく目にすることが多くなっている。

 出来ましたら、次のセミナー企画では「生物学的療法」を中心に企画させていただきたいと、考えております。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー