HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
医師、看護師のための 創傷治療up to date 2
−創傷治癒の基本と最新の治療戦略−
【セミナー概要】
 創傷治療は moist wound healing(MWH)とwound bed pre-paration(WBP)の2つの概念に基づき進めていかなければなりません。MWHとは、創傷を湿潤環境に保ち、滲出液に含まれる細胞増殖因子などを創面に保つことにより、創傷治癒を図る方法です。WBPとは、創傷治癒を阻害する壊死、細菌、滲出液、ポケットなど(TIME)に対して積極的に手を加えコントロールする方法です。特に近年では細菌の制御について新たな理論の登場や、有効なデバイスも登場してきています。また、WBPの代表的な手技であるデブリードマンや陰圧閉鎖療法(NPWT)は、かつては医師の役割でしたが、2015年にはじまった看護師特定行為研修制度により、看護師も一定の要件を満たせば行えるようになりました。
 創傷の局所治療は主に外用薬、創傷被覆材、NPWTなどにより行われます。年々新しい製品が登場する中で、どの治療選択をしていくかは創傷の状態(ハード面)と製品の特徴(ソフト面)の両方を把握した上で考えなければなりません。
 本医療技術セミナーでは、創傷治癒の基本的概念と、最新の治療戦略について解説させていただきます。
午前:10:00〜12:00
 創傷治癒の基本的概念


午後:12:30〜14:30
 外用薬・創傷被覆材・陰圧閉鎖療法を用いた治療の実践
前川武雄先生
■講師
前川武雄 先生
(自治医科大学皮膚科 准教授)
<専門>
創傷治癒、皮膚外科、皮膚悪性腫瘍

<略歴>
99年3月 東京慈恵会医科大学 卒業
  5月 東京大学医学部皮膚科 入局
01年4月 虎の門病院皮膚科 専修医
03年4月 東京大学医学部皮膚科 助手
06年4月 三楽病院皮膚科 科長
10年2月 自治医科大学皮膚科 助教
11年7月 自治医科大学皮膚科 講師
15年11月 自治医科大学皮膚科 准教授

<所属学会>
日本皮膚科学会(創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員)
日本褥瘡学会(評議員、栃木支部長)
日本皮膚外科学会(評議員、2019年学会会頭)
日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員、NCCNガイドライン監訳WG委員)
日本形成外科学会 
日本美容皮膚科学会
日本静脈学会 など

<資格>
皮膚科専門医
皮膚悪性腫瘍指導専門医
がん治療認定医
下肢静脈瘤血管内治療指導医
日本褥瘡学会認定師
日本ボクシングコミッション コミッションドクター

<関連著書>
Visual Dermatology ドレッシング材の種類と使い方、秀潤社、2014
WOC Nursing 傷あとがキレイに治る!ドレッシング材、医学出版、2014
ドレッシング材のすべて、秀潤社、2015
Derma. 実践 褥瘡のチーム医療、全日本病院出版会、2018
Visual Dermatology ドレッシング材の選び方と使い方2018、秀潤社、2018
WOC Nursing 褥瘡の局所治療、医学出版、2018
ほか
セミナー要綱
 セミナーNo
660
 開催日
2021年7月25日(日) 10:00〜14:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
前川武雄 先生(自治医科大学皮膚科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第660回セミナー『創傷(創傷・褥瘡・熱傷)治療up-to-date2』は盛会裏に終了しました。
 7月25日(日)に開催しました第660回医療技術セミナー『医師と看護師のための 創傷(創傷・褥瘡・熱傷)治療 up-to-date 2−創傷治癒の基本と最新の治療戦略』は盛会裏に終了しました。
 講師には、自治医科大学皮膚科 准教授 前川武雄先生をお招きしました。前川先生は、2019年7月28日、『実地医家のための 創傷(創傷・褥瘡・熱傷)治療 up-to-date 』(#561)と、2019年11月24日、
『看護師のための 創傷(創傷・褥瘡・熱傷)治療 up-to-date 』(#579)に次いで3回目のご登場です。

 講義の組立は以下の通りでした。
 午前のタイトルは「創傷治癒の基本概念(MWH)と(WBP)、TIME理論」のもと、以下の通りでした。
〜禄治癒の基本概念  創傷の種類・病態
Moist wound healing(MWH)とWound bed preparation(WBP)、TIME理論
 午後の部のタイトルは、「外用薬、創傷被覆材、陰圧閉鎖療法を用いた治療の実践」のもと、以下の通りでした。
治療の実践
こ依冖堯∩禄被覆材、陰圧閉鎖療法(NPWT)の使い分け

 ちなみに、Moist wound healing(MWH)とは湿潤環境下療法であり、Wound bed preparation(WBP)とは、創傷の治癒を促進するため、創面の環境を整えることで、具体的には壊死組織の除去、細菌負荷の軽減、創部の乾燥防止、過剰な滲出液の制御、ポケットや創縁の処理を行うこと。
 TIME理論はその実践的な指針。
T:Tissue  壊死組織
I:Infection  感染
M:Moisture  滲出液
E:Edge  創辺縁、ポケット

 質疑においては、使用薬剤と治療のやり方、創傷被覆材、陰圧閉鎖療法、等について大いに盛り上がりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー