HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のための 関節リウマチとその周辺疾患の診断と治療
【セミナー概要】
関節リウマチは、滑膜炎と関節破壊を主体とする自己免疫性疾患ですが、いまだ発症要因や病態は不明な点が多いと考えます。
アンカードラッグであるメトトレキサートと生物学的製剤の登場により、薬物療法は飛躍的に進歩し、Treat -to-Target(T2T)の概念に基づいた寛解導入の症例も増えてきています。
近年、生物学的製剤やJanus kinase(JAK)阻害薬の登場により、関節リウマチ治療はさらなる進歩を遂げております。
進歩を遂げている薬物療法がある一方で、骨破壊や高度な変形を伴った関節外科の手術をきちんと行うことは大変重要です。
さらに関節リウマチの類似疾患もきちんとした診断、治療方法を行うことも大切です。
以上、先生方と御一緒に、関節リウマチとその周辺疾患につきまして、様々な観点から考えてみたいと思います。
皆さま奮ってご参加ください。
10:00−12:00 
1.関節リウマチとは?
・発症の要因、機序
・病態
2.関節リウマチの診断
・重要な血液、尿検査項目
・関節エコー
・画像検査
3.関節リウマチの治療
療法
・手術療法
・運動療法

13:00−15:00 
3.関節リウマチの治療 続き

4.関節リウマチ周辺疾患
・変形性関節症
・リウマチ性多発筋痛症
・脊椎関節炎
・続発性骨粗鬆症
・その他
5.関節リウマチに関する我々のデータの御紹介  
・生物学的製剤
・JAK阻害剤
・その他
中村幸男先生
■講師
中村幸男 先生
(信州大学医学部附属病院整形外科 准教授)
<略歴>
自治医科大学卒業
信州大学整形外科及び関連病院勤務
米国ハーバード大学医学部Assistant professor
信州大学整形外科(現職)
セミナー要綱
 セミナーNo
649
 開催日
2021年3月28日(日) 10:00〜14:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部附属病院整形外科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第649回セミナー『関節リウマチと周辺疾患』は盛会裏に終了しました。
 3月28日(日)に開催しました第649回医療技術セミナー『実地医家のための関節リウマチとその周辺疾患の診断と治療』は盛会裏に終了し
ました。
 講師には、信州大学医学部整形外科 准教授 中村幸男先生をお招きしました。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大がいまだ治まらない東京への出張許可が下りない中村先生は、松本の研究室からZoomによるテレワークとなりました。中村先生は、昨年の9月20日に続いての2回目『骨骨粗鬆症の診断と治療』(#629)のご登場であり、前回も新型コロナウイルスの感染拡大のど真ん中に当たり、Zoomでの講演でありました。
 講義の組立は以下の通りでした。
午前の部
1.関節リウマチとは? ・発症の要因、機序 ・病態
2.関節リウマチの診断 ・重要な血液、尿検査項目  ・関節エコー  ・画像検査
3.関節リウマチの治療法 ・手術療法 ・運動療法
午後の部
3.関節リウマチの治療 続き
4.関節リウマチ周辺疾患・変形性関節症 ・リウマチ性多発筋痛症
  ・脊椎関節炎 ・続発性骨粗鬆症 ・その他
5.関節リウマチに関する我々のデータの 御紹介
6.関節リウマチの薬物療法

 質疑では、特に薬物治療について、会場からも、ネット受講者からも次々に質問が出てきて、中村先生の元気に答えて居られました。

 中村先生の、次の講演『関節疾患と骨代謝』は9月23日にお願いしております。どうぞご期待ください。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー