HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
精神症状から身体疾患を見抜く
−その患者は精神疾患じゃない!?−
【セミナー概要】
 身体疾患のなかには精神症状が主体となるものがありますが、実際の現場でどのように精神疾患と見分けるかということについては、あまり注目されてこなかったこともあり明確なストラテジーがありません。この精神科なのか一般内科なのか神経内科なのか分からない、担い手も少なくポテンヒットになりがちな境界領域について習熟することで、ご自身の専門領域の輪郭がより明瞭になることと思います。
 今回の医療技術セミナーでは、著書である「精神症状から身体疾患を見抜く(金芳堂)」の内容を中心に、一緒に考えてみたいと思います。明日からの臨床にお役立てできるような内容を分かりやすくご紹介できればと思いますので、どうぞ奮ってご参加ください。
午前 10:00〜12:00
・誰が見たらいいかよく分からない領域の診療
・身体因による精神症状のパターンを知る
・うつ状態/躁状態/幻覚妄想状態/緊張病
・意識障害のみかた
・精神症状にみえる神経症状

午後 12:30〜14:30
・内科外来の必須知識ー心理的加重
・症例検討
尾久守侑先生
■講師
尾久守侑 先生
(慶應義塾大学医学部精神神経科 )
<略歴>
14年 横浜市立大学医学部卒業、
  国立国際医療研究センター病院で初期研修
16年 慶応義塾大学精神・神経科学教室に入局
  
 慶応義塾大学病院、下総精神医療センター、
静岡てんかん・神経医療センター、
南多摩病院内科などに勤務。

<著書>
医書
・精神症状から身体疾患を見抜く(金芳堂・2020)
・器質か心因か(中外医学社・2021)
詩集
・国境とJK(思潮社・2016)
・ASAPさみしくないよ(思潮社・2018)
・悪意Q47(思潮社・2020)

<資格>
・精神保健指定医(厚生労働省)
・精神科専門医(日本精神神経学会)
セミナー要綱
 セミナーNo
633
 開催日
2021年3月7日(日) 10:00〜14:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
尾久守侑 先生(慶應義塾大学医学部精神神経科 )
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第633回セミナー『精神症状から身体疾患を見抜く』は盛会裏に終了しました。
 3月7日(日)に開催しました第633回医療技術セミナー『実地医家のための 精神症状から身体疾患を見抜く−その患者は精神疾患じゃない?!』は盛会裏に終了しました。
 講師には、慶應義塾大学医学部精神神経科/千葉市・下総精神医学医療センターの尾久守侑(オギュウ カミユ)先生をお迎えしました。
 尾久先生ですが、スキルアップセミナーは2回目のお招きで、前回は、2019年9月23日、当時、南多摩病院総合内科に居られる頃の開催のセミナー『再び“不定愁訴”に挑戦する!−不定愁訴を見分ける臨床検査/不定愁訴を治療する』(#587)で、國松淳和先生と分担してお話をしていただきました。前回のセミナーでは、”内科”の中で自分には精神疾患がありそうな患者さんが回って来る・・・というお話をされました。当時、國松先生も南多摩病院に移っておられ、尾久先生を”秘蔵ッ子”と表現されておられる文書をどこかで目にした記憶がありますし、今年の1月10日に開催された福武敏夫先生もセミナーの中で、尾久先生について激賞されました。
 しかも、先回の出演後、ご本を書かれており『精神症状から身体疾患を見抜く』(金芳堂・2020)と、『器質か心因か』(中外医学社・2021)とを、矢継ぎ早に出されていることも分かりました。
 もっとも、今回のセミナーは、そもそも11月3日に決まっていたのですが、コロナの感染拡大の所為で3月に延期していただいた経緯があります。
 講義の組立ですが、午前の部の組立は以下の通りでした。
・精神症状≠精神科
・共通症状
・精神症状(うつ/躁/幻覚妄想/緊張病/神経衰弱)から見抜く
・様子がおかしくみえる神経症状
 なお、午後の部の組立は、以下の通りです。
・検査異常のない身体症状=帰宅???
・心理的荷重(psychogenic overlay)
・心因反応と判断する短絡
・心因反応の方程式
・社会的なメス、介入のメス
・病気でないことの伝え方
・動揺が症状に影響を与える

 尾久先生が講義の冒頭に述べられたのですが、このセミナーのポイントは、「例えばESLという疾患をとっても、精神科の診断技術が内科の中の一領域としてあってしかるべき」だという主張です。そして、強調されたことは、「精神症状≠精神科」「共通症状」「精神症状(うつ/躁/幻覚妄想/緊張病/神経衰弱)から見抜く・・・ということです。
 質疑になると、受講者の方のなかなか普通?では聞けないような質問が続き、お互いの?悩みの解決には、とっても良かったようです。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー