HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のための 呼吸器科疾患におけるいろいろな肺炎の鑑別演習
−感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患を見分ける−
【セミナー概要】
 肺は感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患などが出現する全身疾患が表現される臓器であり、患者は様々なプレゼンテーションで受診します。最近の、肺炎症例ではCOVID-19肺炎も鑑別からはずせない状況となっています。
 一般内科、クリニックからの紹介症例を含めて、“症状”や “疾患”毎に症例を提示し、病歴、画像にfocusして疾患の追体験をしていただきたいと思います。
 自験例を中心にこれを提示します。 プライマリ・ケアの外来で役立つ疑似体験のできる内容にしたいと思います。
10:00−12:00
基礎編:代表的疾患の病歴、画像、診断方法

12:30−14:30
応用編: プライマリ・ケアのピットフォール
     実際の症例から学ぶ
皿谷健先生
■講師
皿谷健 先生
(杏林大学医学部呼吸器内科 准教授)
専門分野:内科、呼吸器内科、感染症

<略歴>
98年 順天堂大学医学部卒業
98年 東京都立広尾病院・初期研修
00年 東京都立駒込病院・後期研修
03年 杏林大学第一内科入局  
   (同 09年任期制助教、10年 助教)
10年 第14回東京呼吸病態研究会 研究奨励賞
14年 第3回杏林医学会研究奨励賞
14年 学内講師
16年 杏林大学医学部若手研究支援/研究奨励賞
16年 第55回ACCP Award (American College of Chest Physicians)
   米国胸部学会 日本部会賞
16年 講師
18年 杏林大学医学部ユニーク研究/研究奨励賞
19年 准教授

<学会活動、等>
日本内科学会(認定医、専門医、指導医)
日本感染症学会(専門医、指導医、評議員 H28年〜、感染症セミナーWG委員 H23年〜H29年、学際化・国際化委員会委員H29年〜)
日本呼吸器学会((認定医、専門医、指導医)
日本マイコプラズマ学会(評議員 H25年〜,監事H30年〜)
臨床呼吸機能講習会 副主任(H29年〜)
日本東洋医学会
日本プライマリケア連合学会
公益社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構 医学系OSCE委員会委員
肺音(呼吸音)研究会 世話人(H28年〜)

<著作>
『Dr.皿谷の肺音聴取道場』ケアネットTV(2019年)/ DVD(2020年)
『呼吸器診療ANDS BOOK』2019年, 中外医学社
『まるわかり!肺音聴診[Web音源・動画付]: 聴診ポイントから診断アプローチまで』2020年 南江堂
セミナー要綱
 セミナーNo
635
 開催日
2020年12月6日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部呼吸器内科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第635回セミナー『呼吸器科疾患における肺炎の鑑別演習』は盛会裏に終了しました。
 12月6日(日)に開催しました第635回医療技術セミナー『実地医家のための 日常診療に役立つ 呼吸器科疾患における肺炎の鑑別演習−感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患を見分ける』は盛会裏に終了しました。
 講師には、杏林大学医学部附属病院呼吸器内科 准教授 皿谷健先生をお招きしました。先週の『週刊文春』での記事で、「新型コロナウイルスとの戦いでECMOを使っての治療の第一線で戦っている」と紹介されている方ですが、期せずして「新型コロナウイルス」の感染の第3波が拡大中のこの時期のタイムリーなセミナー開催となりまして、セミナーの冒頭から約1時間は、「実地医家が日常診療でコロナに遭遇しても分かりやすい」ようにと、疾患像、肺のX線画像について集中的にご紹介いただけました。
 なお、皿谷先生は、2019年3月に『肺音(呼吸音)を聞いて、身体所見を見て考える内科診療』(#539)、同年12月に『実地医家のための胸部X線写真、CT画像の読影演習−呼吸・肺音、心音、心臓とも関連付けて』(#580)に続いての3回目のご出演でした。
 講義の組立ですが、午前の部のタイトル「基礎編:代表的疾患の病歴、画像、診断方法」として、以下の通りでした。
1.COVIDー19の概要−杏林大学でのCOVID対応(〜8月)
2.COVID-19肺炎の実際の症例から
   補足:COVID-19 の非典型的画像
3.Asthma mimickers
4.Asthma: 頸部聴診の重要性
 午後の部は、タイトル「 応用編:プライマリ・ケアでのピットフォール−実際の症例から学ぶ」ということで、以下の通りでした。
 胸水、COPD、ACO(喘息合併COPD)、肺炎、
 薬剤性肺炎、肺結核、非定型抗酸菌症、間質性肺炎

 講義は、最初の1時間の「COVID−19」に続いて、後の約3時間の講義は、幅広く取り上げていただき、かつ典型的な胸のX線画像とともに、皿谷先生の素晴らしいところとして呼吸音や瑞鳴などと結びつけてたくさんたくさんご紹介いただきました。

 質疑も会場からはもちろん、ネット受講者からも続々と質問が寄せられて、時間が大きく伸びてしまうほどの盛り上がりでした。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー