HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
内科領域における患者の主訴と病歴からせまる鑑別診断3
【セミナー概要】
 ケースカンファレンスでは、美しい診断推論が展開され、なるほどと感じることばかりですが、実際の現場ではどうでしょう。診断を「これだ!」と思いこみ、その後痛い目にあうことは少なくないのではないでしょうか。検査や画像は確かに早期診断に欠かせないですが、どうして目立つもの(検査、画像)に我々は引き寄せられてしまいます。そのため、発症形式、増悪寛解因子、性質、関連する症状、重症度にこだわった病歴と、その後に展開される診察、検査、画像に「整合性」があるかを振り返っていくことが、診断エラーを回避する近道であると考えています。現場では、真っ白なキャンバスから診断は始まります。皆様のご支援のもと、今回3回目を開催させていただくことになりました。診断という「絵」をみなさんと一緒に描いていきたいと存じます。
皆さま、奮ってご参加ください。
10:00−12:00  .
症例検討 総合診療科初診外来 Part1

1.気を失った  
2.のどと胸が痛い  
3.風邪がよくならない  
4.気持ち悪くて太ももが痛い  
5.味がおかしい  
6.頭が痛い   
7.喘息がよくならない
 
12:30−14:30 
症例検討 総合診療科初診外来 Part2

1.両膝が腫れて痛い  
2.腰が痛くて下痢が続く
3.お尻と太ももが痛い  
4.肺炎がよくならない 
5.腰が痛くて熱がある 
6.両足が赤くなる
7.右脇腹が痛い
塩尻俊明先生
■講師
塩尻俊明 先生
(総合病院 国保 旭中央病院 副院長/総合診療科 部長)
【専門】 神経内科、総合診療

略歴:
89年3月 奈良県立医科大学医学部卒業
89年5月 東京医科歯科大学 神経内科
90年1月 鹿教湯病院 内科
90年7月 武蔵野赤十字病院 内科
91年7月 関東逓信病院(現NTT東日本病院)神経内科
96年3月 東京医科歯科大学大学院医学研究科(神経内科学)博士課程修了
96年4月 東京医科歯科大学 神経内科
97年4月 総合病院国保旭中央病院内科
10年4月 総合病院国保旭中央病院 院長補佐 総合診療内科部長 臨牀教育センター長 教育研修部長 
16年4月 総合病院国保旭中央病院 
副院長

著書:
「手軽にとれる神経所見」 文光堂
「シーン別 神経診察」 日本医事新報社
「内科主訴25の確定診断術」文光堂

資格:
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
日本病院総合診療医学会認定医
セミナー要綱
 セミナーNo
634
 開催日
2020年11月15日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
塩尻俊明 先生(総合病院 国保 旭中央病院 副院長/総合診療科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第634回セミナー『患者の主訴と病歴でせまる鑑別診断3』は盛会裏に終了しました。
 11月15日(日)に開催されました第634回医療技術セミナー『実地医家のための 内科領域における患者の主訴と病歴でせまる鑑別診断3』は盛会裏に終了しました。
 講師には、総合病院国保旭中央病院副院長で、総合診療科の部長であります塩尻俊明先生をお招きしました。塩尻先生のバックグラウンドは神経内科だということです。
 塩尻先生のセミナーの第1回目は2016年11月20日(#394)で、2回目が2020年1月13日(#592)、今回は3回目に当たります。
 一般に「綜合診療」の領域での研究対象として、そもそも臨床の現場では患者さんは病名を書いた札を持ってこられるわけではなく、来られたところで症状についての訴えや病歴についての問診、検査等が始まるわけです。今回も、14の症例について事前に年齢と性別、症状を挙げて告知されました。当日は、腕に覚えのある受講者が集まったところで、塩尻先生が追加の症状や病歴をいくつか明らかにされるという進行で、受講者とやり取りされながら、とりあえず”鑑別”としていくつかの病名を挙げられ、検討されたのち該当しなければ、次のいくつかを挙げて検討する・・・。そして病名というか診断が確定したら、その疾患についての基礎的だったり補助的な知識を学ぶ・・・というやり方で行われました。
講義の内容ですが、以下の通りでした。
 午前の部(6症例)
気を失った69歳、男性      のどと胸が痛い34歳、女性
風邪がよくならない79歳、女性  
気持ちが悪くて太ももが痛い56歳、男性
味がおかしい59歳、男性     頭が痛い68歳、女性
 午後の部(8症例)
喘息がよくならない35歳、男性  両膝が腫れて痛い29歳、女性
腰が痛くて、下痢をしている23歳、女性  
お尻と太ももが痛い69歳、男性  肺炎がよくならない63歳、女性 腰が痛くて熱がある20歳、男性  両足が赤くなる66歳、女性   右脇腹が痛い69歳、女性

 質疑については、丁々発止の討論が行われ、かつネット受講者からも質問がたくさん届き、充実した内容となりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー