HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
看護師のための 創傷治療up to date 
−適切な局所治療の選択を−
【セミナー概要】
 近年、創傷治療理論の2つの柱として、moist wound healing(MWH)とwound bed preparation(WBP)の概念が確立されています。MWHとは、創傷を湿潤環境に保ち、滲出液に含まれる細胞増殖因子などを創面に保つことにより、創傷治癒を図る方法です。WBPとは、創傷治癒を阻害する壊死、細菌、滲出液、ポケットなど(TIME)に対して積極的に手を加えコントロールする方法です。この2つの理論に基づいて、創傷治癒を進める必要があります。WBPの代表的な手技であるデブリードマンや陰圧閉鎖療法(NPWT)は、かつては医師の役割でしたが、近年、看護師特定行為研修制度により、看護師も一定の要件を満たせば行えるようになりました。
 創傷の局所治療は主に外用薬、創傷被覆材、NPWTなどにより行われます。年々新しい製品が登場する中で、どの治療選択をしていくかは創傷の状態(ハード面)と製品の特徴(ソフト面)の両方を把握した上で考えなければなりません。
 本医療技術セミナーでは、看護師の皆様がどのように創傷の状況を適切に把握し、その上でどの局所治療を選択していくかについて解説させていただきます。
創傷治癒の基本(MWHとWBP、TIME理論)と実際(外用薬・創傷被覆材・陰圧閉鎖療法の適切な使い分け)
前川武雄先生
■講師
前川武雄 先生
(自治医科大学皮膚科 准教授)
<略歴>
99年3月 東京慈恵会医科大学 卒業
  5月 東京大学医学部皮膚科 入局
01年4月 虎の門病院皮膚科 専修医
03年4月 東京大学医学部皮膚科 助手
06年4月 三楽病院皮膚科 科長
10年2月 自治医科大学皮膚科 助教
11年7月 自治医科大学皮膚科 講師
15年11月 自治医科大学皮膚科 准教授
<所属学会>
日本皮膚科学会(創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員)
日本褥瘡学会(評議員、栃木支部長)
日本皮膚外科学会(評議員、2019年学会会頭)
日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員、NCCNガイドライン監訳WG委員)
日本形成外科学会 
日本美容皮膚科学会
日本静脈学会 など
<資格>
皮膚科専門医
皮膚悪性腫瘍指導専門医
がん治療認定医
下肢静脈瘤血管内治療指導医
日本褥瘡学会認定師
日本ボクシングコミッション コミッションドクター
<関連著書>
Visual Dermatology ドレッシング材の種類と使い方、秀潤社、2014
WOC Nursing 傷あとがキレイに治る!ドレッシング材、医学出版、2014
ドレッシング材のすべて、秀潤社、2015
Derma. 実践 褥瘡のチーム医療、全日本病院出版会、2018
Visual Dermatology ドレッシング材の選び方と使い方2018、秀潤社、2018
WOC Nursing 褥瘡の局所治療、医学出版、2018
ほか
セミナー要綱
 セミナーNo
579
 開催日
2019年11月24日(日) 10:00〜12:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
前川武雄 先生(自治医科大学皮膚科 准教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第579回セミナー『看護師のための創傷治療 最新』は盛会裏に終了しました。
 11月24日(日)に開催しました第579回医療技術セミナー『看護師のための創傷(創傷)、褥瘡、熱傷)治療 Up-to-Date』は盛会裏に終了しました。
 講師には、自治医科大学皮膚科 准教授 前川武雄先生をお招きしました。前川先生は、今年の7月28日の同タイトルの医師向けの企画でお話しいただきましたが、医師の中にも「あと一度聞きたい」と言われる方もおられましたし、内容を創傷のドレッシング材料や創傷被覆材・外用薬に絞ったら看護師向けの良い内容になるのではないかと考え企画していただいた次第でした。
 講義の組立は以下の通りでした。
1. 創傷治癒の基本
ゝ淦創傷と慢性創傷
∨性創傷の種類とそれぞれの特徴
 代表的な慢性皮膚創傷
—   褥瘡
—   糖尿病性潰瘍
—   膠原病・血管炎
—   静脈性下腿潰瘍
Moist Wound Healing(MWH)、Wound Bed Preparation(WBP)
す色壊死の治療戦略
ゲ色壊死の治療戦略とTIME理論
ζ芽増生、上皮化を目指す治療戦略
2. 局所治療の実際
\い創傷の治療
⊃爾ち禄の治療
1圧閉鎖療法
ぜN鼎里泙箸
 2時間、1コマのお話に240枚のスライドをご準備いただきました。心より感謝します。

 「ドレッシング材と創傷被覆材」とは聞きなれない言葉ですが、
「以前はドレッシング材とは傷を覆うための 素材全般を指し、近代的な素材だけでなく、単なるガーゼ も含めていた時代もあった」が、「最近では「創における湿潤環境形成を目的とした 近代的な創傷被覆材をいい、従来の滅菌ガーゼは除く。」 と日本皮膚科学会や日本褥瘡学会などで定義されている」との事です。
 お話の中で、以下のような部分があり、つい笑ってしまいました。
・皮膚科医は創傷被覆材が苦手?
—・看護師は貼りたがる ・—形成外科医は切りたがる
・—皮膚科医は塗りたがる

▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー