HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のための 日常診療で診るアレルギー最新情報
−皮膚アレルギーと蕁麻疹−
【セミナー概要】
 近年、食物アレルギーの診断や対処方法は大きな転換期を迎えている。アレルゲンコンポーネントを用いた血液検査の保険適応により、食物アレルギーの診断性能は大きく向上した。そして対処方法として、原因食物を避けさせる時代から、可能な範囲で食べさせる時代となってきた。ではどのように診断、対処すればよいのか。本医療技術セミナーでは、日常診療で診る食物アレルギーの診断方法、対処方法を紹介する。
 また、2018年に日本皮膚科学会の蕁麻疹診療ガイドラインが改訂された。蕁麻疹は一生のうちに5人に1人は罹患する、ありふれた疾患である。ただし、その分類は4グループ16病型と、実は大変複雑に発症しており、各々対処方法も異なってくる。本医療技術セミナーでは、日常診療で診る蕁麻疹の診断方法、対処方法も合わせて紹介する。
 皆さま、奮ってご参加ください。
12:30-14:30 食物アレルギー
/物アレルギーの診断方法
⊃物アレルギーの対処方法
食物アレルギーの感作原因と交差反応・定義・基準(症例呈示、動画)

14:30-14:45  休憩

14:45-16:45 蕁麻疹 
ら)秧召良揃燭反巴琶法
ラ)秧召梁仆菠法
千貫祐子先生
■講師
千貫祐子 先生
(島根大学医学部皮膚科 講師)
<略歴>
1996年 島根医科大学医学部医学科卒業
同年  島根医科大学医学部附属病院皮膚科医員(研修医)
1997年 島根医科大学医学部附属病院皮膚科助手
2002年 平田市立病院(現出雲市立総合医療センタ
ー)皮膚科医師
2007年 島根大学医学部大学院(博士課程)入学
2009年 島根大学医学部皮膚科助教
2013年 島根大学医学部大学院(博士課程)修了

<学会活動>
日本皮膚科学会専門医
日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン第3版作成委員
日本皮膚免疫アレルギー学会評議員
日本研究皮膚科学会代議員
セミナー要綱
 セミナーNo
584
 開催日
2019年12月22日(日) 12:30〜16:45
 セミナー会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
千貫祐子 先生(島根大学医学部皮膚科 講師)
 分野/対象
■分野:
■対象:
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第584回セミナー『アレルギー最新情報−食物アレルギーと蕁麻疹』は盛会裏に終了しました。
 12月22日(日)午後の4時間で開催しました第584回医療技術セミナー『実地医家が 日常診療で診る アレルギー最新情報−食物アレルギーと蕁麻疹』は盛会裏に終了しました。
 講師には、島根大学医学部皮膚科講師で、医局長を務めておられてお忙しいスケジュールの中で、遠く島根からお出でいただくことになりましたが、千貫祐子先生をお招きしました。大変なご無理を申し上げました。
 講義の組立ですが、前半の部はタイトル『食物アレルギー』で、以下の内容構成でした。
・食物アレルギーの診断方法
・食物アレルギーの対処方法
・食物アレルギーの感作原因と交差反応・定義・基準(症例呈示・
動画)
 後半の部はタイトル『蕁麻疹』で、以下の内容構成でした。
・蕁麻疹の病型と診断方法
・蕁麻疹の対処方法

 前半では、小麦アレルゲンによる「茶のしずく石鹸」の事例と教訓、運動依存性誘発アナフィラキシー、口腔アレルギー、花粉アレルギー、アトピー性皮膚炎、魚アレルギー、獣肉アレルギー、抗ガン剤アレルギー、ダニアレルギー、等が取り上げられました。
 後半では、特発性蕁麻疹、コリン性蕁麻疹、大豆アレルギー、寒冷蕁麻疹、日光蕁麻疹、アスピリン性蕁麻疹、魚蕁麻疹、圧蕁麻疹、慢性蕁麻疹、等多彩な蕁麻疹を取り上げていただきました。
 この日は会場いっぱいの受講者で、質問もたくさん出て、大いに盛り上がりました。

 どちらのテーマも、スキルアップセミナーでは、2012年に藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院の宇理須厚雄先生(#139)に、2014年に神奈川県立こども医療センターの栗原和幸先生(#242)にお話しいただいて以来の、久しぶりの話題となりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー