HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のための フローチャートで迫る神経内科領域の疾患6
−実際に経験した症例から考える−
【セミナー概要】
 診療科を問わず、臨床の場では必ずしもスタンダードな ケースばかりを経験するわけではない。典型的な症例で あれば診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診 た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の 症例や稀な疾患を 1st touch で診た場合、なかなか正診 に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供 書などを見て吃驚したことがあるのではないだろうか。
 本医療技術セミナーでは、脳神経内科領域における代表 的かつしばしば臨床で経験する疾患は勿論、これと似た 症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならな い疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮す る疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただ き、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきた い。
 皆さま、奮ってご参加ください。
10:00-12:00 頭痛/ 脳血管障害/ 痙攣・てんかん

12:30-14:30 神経変性疾患・レビー小体病/精神 疾患との鑑別
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太 先生
(神奈川歯科大学附属病院高齢者内科 教授)
【専門分野】 神経変性疾患、認知症性疾患、内科一般
<略歴> 01 年 3 月 藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業。 09 年 4 月 現 東京都総合医学研究所に国内留学。 11 年 4 月 同大 救急総合内科講師に就任。 12 年 4 月 順天堂東京江東高齢者医療センターPET/CT 認知症研究センター准教授に就任。 13 年 4 月 横浜新都市脳神経外科病院内科認知症診断 センター部長および藤田保健衛生大学救急 総合内科客員准教授に就任。 18 年 4 月 神奈川歯科大学高齢者内科教授に就任。

<学会活動等> 日本認知症学会/ 専門医、指導医 レビー小体型認知症研究会世話人、認知症と口腔機能研究会 世話人、レビー小体型認知症サポートネットワーク東京顧問.

<報道> NHKBS プレミアム 「偉人たちの健康診 断」、 フジテレビ直撃 LIVE グッディ! み んなのニュース等に 出演
セミナー要綱
 セミナーNo
582
 開催日
2019年12月15日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
眞鍋雄太 先生(神奈川歯科大学附属病院高齢者内科 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第582回セミナー『神経内科領域の疾患と症状・病態』は盛会裏に終了しました。
 12月15日に開催しました第582回医療技術セミナー『実地医家のための 見逃してはいけない 神経内科領域の疾患とその症状・病態6−フローチャートで疾患に迫る』は盛会裏に終了しました。
 講師には、神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック認知症・高齢者総合内科教授で、藤田保健衛生大学病院救急総合内科(中部国際空港クリニック)、横浜新都市脳神経外科病院内科認知症診断センターでもご活躍中の眞鍋雄太先生をお招きしました。この「神経内科」の領域では、神奈川県済生会平塚医療・福祉センター長の吉井文均先生、亀田メディカルセンター脳神経内科部長福武敏夫先生など、錚々たる講師陣の一角で、「フローチャートで疾患に迫る」というタイトルで症状・病態、薬物療法を中心に治療のお話を続けていただいており、今回はいつの間にか6回目になっておりました。今回も、つい2週間前に来られた緑内障の患者さんの幻視の症例を始めとして、充実した症例の数々(16件)をご供覧いただきました。
 講義の組立ですが、午前の部では、下記の症例が、提示されました。
・頭痛:クモ膜下出血、片頭痛、薬物乱用性頭痛、三叉神経痛、
・脳血管障害:脳梗塞、脳出血、小脳出血、もやもや病、脳動脈瘤、
       慢性硬膜下血腫、
・てんかん:てんかん、高齢者てんかん
 また、午後の部では、下記の症例や動画が提示されました。
・てんかん:高齢者てんかん
・神経変性疾患・レビー小体病:レビー小体病、パーキンソン病、
   周期性四肢運動障害、REM睡眠行動異常症、本態性振戦、
・特発性正常圧水頭症、脳腫瘍、皮質基底核変性症
・精神疾患との鑑別 
 講義では、多くの症例に伴いCT画像やMRI画像が出されておりましたが、該当する疾患ではない場合、典型的な正常画像としても通用する画像が沢山出されておりまして、診療の机の脇に「正常画像」モデルとして貼って置けるもの・・・とのコメントが出されました。関連して、緊急の場合、脳出血なのか梗塞なのかの診断をすることが需要であるとの事は想像できますが、脳出血など緊急の場合の検査にはCT検査を,梗塞等については2,30分はかかるとしてもMRI・MRA検査を選択するのだそうです。
 あと講義の中では、治療の過程で選択すべき治療薬について、臨床像に即した治療法について、力点が置かれており、受講者は真剣に聞き入っておられ、質問もされておられました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー