HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
昼間の神経学、夜間の神経学
−神経専門医はこう診る−よく遭遇する神経疾患を中心に−
【セミナー概要】
 通常の外来診療は昼間に行われるので、神経疾患に限らず、診察所見は昼間の状態を診て判断することが多いと思います。しかし、疾患によっては夜間に症状が出現し、また顕著になるものがあり、その場合は問診で症状を確かめる必要があります。
 今回の 医療技術セミナーでは、実地医家の先生方も経験することが多い夜間の神経症状を取り上げ(診察デモ付き)、その対処法について解説してみます。夜間症状への対応が患者さんのQOL向上に大きく影響します。 夜間の神経学にも注目することで、先生方の診療の幅も広がると思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
10:00-12:00 
1)夜中の大声:それはレム睡眠行動異常症かもしれません。
2)モーニング・オフ:パーキンソン病では夜間の薬の管理が重要です。
3)夜中のトイレ:高齢者の睡眠不足の原因は夜間頻尿です。


12:30-14:30 
4)睡眠時無呼吸症候群:昼間の眠気だけでなく、高血圧、心疾患、認知症の原因です。
5)夕方からの足のしびれ:むずむず脚症候群の対処法をご存知ですか。
6)夜になるとうろうろ歩き、ブツブツ独り言:認知症ではなく、夜間せん妄です。
吉井文均先生
■講師
吉井文均 先生
((神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
<略歴>
75年 慶應義塾大学医学部卒業
85年Mount Sinai Medical Center(Miami,USA)に留学
97年 東海大学医学部助教授(神経内科学教室)
05年 東海大学医学部教授(内科学系神経内科)
11年 東海大学医学部付属大磯病院 病院長
16年 社会福祉法人恩賜財団神奈川県済生会平塚医療福祉センター センター長
東海大学 名誉教授
セミナー要綱
 セミナーNo
564
 開催日
2019年9月1日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
吉井文均 先生((神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第564回セミナー『夜間の神経学、昼間の神経学』は盛会裏に終了しました。
 9月1日(日)に開催しました第564回医療技術セミナー『実地医家のための日常診療における 昼間の神経学、夜間の神経学』は盛会裏に終了しました。
 講師には、神奈川県済生会平塚医療福祉センター センター長で、東海大学名誉教授であります吉井文均先生をお招きしました。調べてみましたら6回目のご登場にあたり、今回からは切り口が変わり『昼間の神経学、夜間の神経学』というこれまでとタイトルのイメージも一新されました。素晴らしいことです。
 講義の組立ですが、午前の講義は以下の通りでした。
・夜中の大声:レム睡眠行動異常症
・モーニングオフ:パーキンソン病では夜間の薬の管理が重要
・高齢者の夜中のトイレ:睡眠不足の原因につながる夜間頻尿
 また、午後の組立は、以下の通りでした。特に、もともと予定していただいていた前の3項目に加えて、よく遭遇する症状であります「夜間の強い頭痛」を当日に急遽加えていただき、充実した内容になりました。
・睡眠時無呼吸症候群(ASA):睡眠不足だけでなく、高血圧、心疾患、認知症の原因
・むずむず脚症候群の対処法
・夜間せん妄:夜になるとうろうろ歩き、ぶつぶつ独り言をいうという症状ですが、認知症ではなく夜間せん妄です     
・夜中の頭痛(突然の激烈な痛み)
 講義では、診察のデモが数回にわたり行われ、モデルさんを相手に、やさしく丁寧な診察の仕方を、示していただきました。 
 会場はもちろん、ネットでの受講者からは、質問や確認の声が相次ぎ、盛り上がりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー