HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
問診・視診・動作分析・触診から探る痛みの原因分析と超音波下生食ハイドロリリースについて学ぶ!
【セミナー概要】
 最近注目を集めている超音波下の生食注射によるハイドロリリースの発展により、筋・筋膜で包まれる人体の、あらゆる場所の痛み治療が可能となりました。画像診断だけ行って、ロキソニンと湿布だけ処方していたのでは、患者は接骨院に逃げ込むだけ。リリカ・トラムセット・サインバルタも同様です。
痛みは複雑化する前に、早期に根治することが重要。そのためには、患者の痛みを引き起こした生活習慣や動作を問診であぶりだし、視診と動作分析から罹患部位を同定し、触診で発痛源を同定するストラテジーを学ぶ必要があります。
 今回の医療技術セミナーでは、演者が行っている筋硬結のハイドロリリースについて、その診断治療ストラテジーを皆さんと共有します。MPS診療講義第二弾の今回は、最近の治療症例を供覧するとともに、現在注目を浴びている末梢神経のanchoring(アンカリング)についても症例提示します。明日からの痛み診療が確実に変わりますよ!
 皆さま、奮ってご参加ください。
13:00-15:00 筋膜性疼痛症候群(MPS)の診かた、考え方
・画像には写らない痛みMPSとは
・問診から導く痛みの原因分析
・疼痛誘発動作とone finger test
・視診による罹患部位の推定
・動作分析・可動域チェック・トリガーポイントの触診

15:20:-17:20 ハイドロリリースの実例 最近の症例から
・整形外科的テストを信じる?信じない?
・McMurrayテストの解釈
・変形性膝関節症は痛みの原因ではない!?
・腰痛で押さえるべき基本のポイント
・末梢神経のアンカリングってなに?
斉藤究先生
■講師
斉藤究 先生
(さいとう整形外科リウマチ科 院長)
<略歴>
99年 浜松医科大学卒業
   国立国際医療センター内科研修医
01年 国立病院機構東京災害医療センター 救命
   救急
02年 刈谷総合病院 整形外科
06年 国立病院機構 名古屋医療センター整形外
   科リウマチ科
   卒後教育研修センター臨床研修指導医
10年 Los Angeles Veterans Affairs Hospital    短期留学
11年 さいとう整形外科リウマチ科 開院

<資格>
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医

<著作>
教えて!救急 整形外科疾患のミカタ 編著 羊土社
THE整形内科(南山堂)分担執筆
ケアネットDVD Dr.前野のスペシャリストにQ! 整形外科編 講師
(https://youtu.be/zwWm_QPfxFU)
 careneTV Dr.究のトリガーポイント
(仮タイトル)近日公開

セミナー要綱
 セミナーNo
570
 開催日
2019年10月6日(日) 13:00〜17:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
斉藤究 先生(さいとう整形外科リウマチ科 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/理学療法士/作業療法士
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第570回セミナー『痛みの原因分析と超音波下生食ハイドロリリース』は盛会裏に終了しました。
 10月6日(日)13時から開催しました第570回医療技術セミナー『問診・視診・動作分析・触診から探る痛みの原因分析と超音波下生食ハイドロリリース−筋膜リリースの臨床2』は盛会裏に終了しました。
 講師には、名古屋で開業されておられる さいとう整形外科リウマチ科 院長 斎藤究先生をお招きしました。斎藤先生には、18年6月に『筋膜リリースの臨床1』(#491)と、19年2月に『関節リウマチ超音波診断の実際』(#533)をお願いしており、今回が3回目に当たります。また、CareNETの整形外科分野で大活躍中でもあります。
 講義の組立ですが、前半はタイトル『筋膜性疼痛症候群』のもとに下記の内容でした。
1.画像に映らない痛み(MPSとは) トリガーポイントとは
2.疼痛誘発動作とOne Finger Test
3.可動域チェック
4.トリガーポイントの触診 
5.エコーガイド下注射の実際
 後半ですが、タイトル『筋膜リリース 実践編』として、下記の内容でした。
1.整形外科的テストを信じる? 信じない?
2.McMurrayテストの解釈
3.変形性膝関節症は痛みの原因ではない!?
4.腰痛で抑えるべき基本のポイント
5.末梢神経のアンカリングってなに?
 講義や実技では、斎藤先生が、患者が痛いと思っている、あるいは違和感を感じている箇所を触り、骨の痛みか筋肉の痛みか確認され、筋肉の痛みであれば4〜7cmの深い部位にでもエコーで確認されながら注射をするというものです。当日も不調を訴えられる受講者に、受講者の目の前で、診療の実際をたくさんお見せいただきました。
 最近、腰や肩、膝・足の痛みで整形外科に行っても、問診と検査だけで、薬や貼付薬を処方されたり、理学療法を処方されたりしているうちに、いつの間にか気にならなくなるというのが一般的なのかなと感じておりまして、ここでも何回も同じことを書いております。実際に痛いところに触ってもらうだけで患者は安心するものだと思うのですが、そういうステップがほとんどないところで、柔道整復師等を訪れられる患者さんも多いのかと思います。そういう中で、ホントに診てもらっているという実感が持てる診療です。広げていきたい診療手法です。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー