HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
サイエンス漢方処方セミナー1
−漢方薬の作用機序を数理工学で解明− 東洋医学とは本質的に異なる斬新な運用法−
【セミナー概要】
漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。
 これを踏まえて、今回の医療技術セミナーでは、サイエンス漢方処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
13:00〜17:00

1. サイエンス漢方処方概論(60分+質疑応答)
漢方薬以外の新薬は患者の病態に無関係に“always”薬剤であるが、漢方薬は患者の病態と呼応したときだけ薬剤になるようにみえる。
 新薬は基本的にある程度の量のある一種類の化合物が主成分であるが、漢方薬は数千から一万以上の多数の化合物の集合体で、量の多い順にプロットすると圧倒的多数は微量なので“a long-tailed drug”という形を取る。
漢方薬の微量の多成分が一斉に体内に入ることにより、熱産生、免疫、微小循環、水分調整などのシステムの変調をもとに戻す応答を引き出す。薬理学では化合物が能動的に何かをしていると説明するが、漢方薬の作用機序では漢方薬を服用することにより患者が自分のシステム異常を自力で正常化すると説明する。
漢方薬の選択は、熱産生系・免疫/抗炎症系・微小循環系・水分調整系の変調を把握するだけで容易にできる。


2. 速効性が期待できる漢方薬(60分+質疑応答)
前半は一服で効く漢方薬:芍薬甘草湯、葛根湯、桂枝加葛根湯、呉茱萸湯、川芎茶調散、茯苓飲合半夏厚朴湯、五苓散
後半は一両日中に効く漢方薬:半夏瀉心湯、麻杏薏甘湯、通導散、柴蘇飲、桂枝人参湯、インフルエンザの漢方治療


3. 多愁訴に対する漢方治療(60分+質疑応答)
前半は主に身体症状を訴える場合:全身に諸種の愁訴、呼吸器系に偏る場合、循環器系の偏る場合、消化器系に偏る場合、泌尿器系に偏る場合
後半は主に精神症状を訴える場合:全般性不安障害、不安発作、不安と抑鬱、抑鬱傾向



井齊偉矢先生
■講師
井齊偉矢 先生
(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
75年 北海道大学医学部卒業。同年北海道大学第一外科に入局し現在同門。医学博士。専門は消化器・一般外科、肝臓移植外科。
88年から3年間、オーストラリア・シドニー大学オーストラリア肝移植ユニットで肝臓移植の臨床および実験に従事。帰国後、独学で漢方治療を本格的に開始。12年にサイエンス漢方処方研究会を設立し、現代医学にのみ立脚した「サイエンス漢方処方」の普及に努めている。
07年より北海道日高郡・医療法人静仁会 静仁会静内病院院長。
18年9月1日病院名を医療法人徳洲会 日高徳洲会病院に変更。
セミナー要綱
 セミナーNo
547
 開催日
2019年4月28日(日) 13:00〜17:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
井齊偉矢 先生(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象: 医師/医事課
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第547回セミナー『サイエンス漢方1−概論、速効性、多愁訴に対する漢方』は盛会裏に終了しました。
 4月28日(日)の午後に開催しました第547回医療技術セミナー『実地医家のための サイエンス漢方1−漢方概論、速効性のある漢方、多愁訴に対する漢方』(1/2回シリーズ)は盛会裏に終了しました。
 講師には、サイエンス漢方処方研究会 理事長で徳洲会日高病院 院長であります井齊偉矢先生をお招きしました。
 今まで、聞いたことのなかった井齊先生の”サイエンス漢方”についての予告のコメントは以下の通りです。
「漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたとき には、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。 歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は 後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。」(広報用チラシより)
 当日の講義の組み立ては、以下の通りでした。
 前半の部である「漢方概論」、「速効性のある漢方」の内容は以下の通りでした。
「漢方概論」
病気は患者自身が治すもの
新薬と漢方薬:作用発現の違い
新薬と漢方薬:デザインの違い
漢方薬研究に必要な学問数理工学 コンピュータ学 薬理学
将来の方向性症例報告コンピュータ 個別化医療
「速効性のある漢方」
筋肉がギューッと、急に肩こりが、片頭痛、月経関連片頭痛、
腹部膨満、飲みすぎ、乗り物酔い、めまい、頭が重い、頭痛、下痢、
筋肉痛、打撲傷、鼻涙管狭窄による涙が止まらない、急性胃腸炎、
ノロウイルス感染、
 後半の部「多愁訴に対する漢方」は以下の通りでした。
自律神経失調症、各症状の組合せによる20症状
 配られましたテキストのスライドはよくよく練られた綺麗なスライドでしたし、お話も和やかなもので、質問が絶えませんでした。 


 その後、山形県からの受講者から次の意見が届きました。
「井齋先生のセミナーを聞くと、今までの訳の判らない漢方の講演はなんだったのだろう思ってしまいます。2回目も出席予定です。」
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー