HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
発達障害1 「そもそも発達障害とは何か?」
【セミナー概要】
 近年のわが国における「発達障害」への急激な関心の高まりには目を見張るものがあります。しかし、「発達障害」という言葉だけが先行し、理解や支援が追いついていない現状があることも否めません。どこまでが発達障害であるかの線引きは時代とともに変化しており、昔であれば何ら異常とされなかった人たちまでもが発達障害と見なされる現状に違和感を覚える方も多いことかと思います。医療のみならず、教育や福祉の領域でも発達障害への理解が欠かせない時代になり、実際に診断される人数も急上昇しています。
 今回の医療技術セミナー4回シリーズでは、発達障害の基本的な概念や医学的定義についての解説はもちろん、具体的な事例の紹介等も通じて、発達障害への理解を深めていただき、日々の診療や日常生活に活かしていただけるような内容にしたいと考えております。
 皆さま、ぜひ奮ってご参加ください。
そもそも発達障害とは何か
・発達障害の概念
・発達障害の概念が世の中に広まった歴史背景
・医学的な定義
・発達障害の概念を現場で導入する意義
・具体的な事例の紹介
篠山大明 先生
■講師
篠山大明  先生
(信州大学医学部精神神経科 准教授、子どものこころ診療部)
<略歴>
98年3月 東京大学理学部地球惑星物理学科 卒業
04年3月 信州大学医学部医学科 卒業     5月 信州大学医学部附属病院 臨床研修医
05年4月 長野赤十字病院 臨床研修医
06年4月 信州大学医学部附属病院精神科 医員 07年11月 信州大学医学部附属病院精神科診療助教09年4月 信州大学大学院医学系研究科博士課程 入学 , 飯田病院 精神科 
  10月 国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第3部研究生
12年4月 信州大学医学部附属病院精神科助教     8月 信州大学医学部精神医学講座助教
13年3月 信州大学大学院医学系研究科 博士課程 卒業
16年5月 信州大学医学部精神医学講教室 准教授 (現職)
<学会活動>
日本生物学的精神医学会 評議員
日本児童青年精神医学会 学会誌「児童青年精神医学とその近接領域編集部」編集委員
PLOS ONEジャーナルEditorial board member
日本精神神経学会専門医・指導医
精神保健指定医
<分担執筆>
篠山大明: 「ASDの概念」 最新医学 新しい診断と治療のABC 130発達障害.別冊:22-28, 2018.
篠山大明:「ADHDの異種性」教育と医学、p4-14、教育と医学の会編、慶応義塾大学出版会、東京、2017年1月
など。


セミナー要綱
 セミナーNo
549
 開催日
2019年4月29日(月) 10:00〜15:00
 セミナー会場
 講師
篠山大明  先生(信州大学医学部精神神経科 准教授、子どものこころ診療部)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第549回セミナー『発達障害1−そもそも発達障害とは何か?』は盛会裏に終了しました。
 4月29日(月・祭)に開催しました第549回医療技術セミナー『実地医家のための 発達障害1−そもそも発達障害とは何か?(1/4回シリーズ)』は盛会裏に終了しました。
 講師には、信州大学医学部精神医学教室准教授/子どものこころの発達医学教室・子どものこころ診療部の篠山大明先生をお迎えしました。初めてのご登場です。
 講義の組み立てですが、午前の「概論」は以下の通りでした。
・発達障害を疑うとき
・「発達障害」の定義と概念
・発達障害の歴史背景
・よくある質問
 午後の「各論」の組立は以下の通りでした。
・具体的な症状と診断基準
・発達障害の特性
・発達障害の支援
・発達障害と診断する意義
 
 講義をお聞きしていると、いわゆる「発達障害」者(児)は、私らの時代には、「ちょっとおかしい子」「ちょっと変わった変な子」として周りに受け止められていた・・・のだろうと思います。しかも、そういう子が、ある面では突出した能力を持っていたりして「オタク」として「特殊技能」を発揮していた子だったりもして、ある面では周囲からも認められていた、といえると思います。ただし問題は、そうしたポジティブな面だけでなく、「知的障害」者を除き、「自閉症」「不登校」「引き籠り児」等の問題があるのだと思っていましたら、先日の報道では、その「引き籠り」者が60歳に達する時代になっており、それも人数も数十万人にも達するようになっている、とのこと。そうした中で、行政として、何らかの認定を行い支援や救済、保護するためにも、喫緊の課題として存在するようになっている・・・と認識しています。
 ある常連の受講者は、「そうした医療上の問題があるとしても私らには治せない、治らない・・・」と思っていると、いわれてしまいました。しかし、世にこうした問題が存在する以上、医療者と、その医療者を支える私どもとしては避けて通れない、避けないのだと決意し、今回の4回シリーズのセミナーの開催を決意しました。もっと医療界だけでなく、世を挙げて取り組むべきだと考えます。
 皆さまのご支援を心よりお願いする次第です。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー