HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のための 神経症状の診かた・考え方−神経診断学のキモは病歴聴取にあり
−《知識+観察+推理》と《情熱》で診断する−
【セミナー概要】
 自著「神経症状の診かた・考えかた」第2版(2017)の序に紹介しましたが、ある英文誌に掲載されていた”The failure of modern textbooks”(「現代の教科書の欠陥」)という論説(Allen RK: BMJ, 2010;340:c2132)に、要約すれば「現代の多くの教科書には膨大な研究と事実の生き生きしていないリストが地下鉄の時刻表のように記載されているが、著者の経験やピットフォールなどが抜け落ち、読者と『情熱』を共有しようという気持ちが喪われている。そうしたつまらない還元主義的なマニュアルの中に、魅力的な、語り口のスタイルを吹き込もう」と述べられていました。これこそ、私の神経診断学の基本です。マニュアルやガイドラインはよく整理されていると思いますが、実地臨床の現場ではあまり役に立ちません。患者さんの額に診断名が書かれているわけでないからです。
 今回の医療技術セミナーでは、頭痛やめまい、しびれなどのありふれた訴えにどう対処していけばよいかを、基本的な《知識+観察+推理》に加えて《情熱》をもって、解説したいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
■講演プログラムおよび要旨(受講者各位の録画・録音は固くお断りします)

10:00-11:00 頭痛について考える
 危険な頭痛(くも膜下出血、脳動脈解離、側頭動脈炎)、生活支障度の高い頭痛(片頭痛、群発頭痛、骨液量減少症)、生活改善を要する頭痛(緊張型頭痛、睡眠時無呼吸症候群、副鼻腔炎)に分けて、分かりにくい症例を中心に学びましょう。

11:00-12:00 めまいについて考える
 めまいは多義語であることを理解したうえで、まず良性発作性頭位めまい(BPPV)をよく知ることが大切で、その上で脳梗塞との鑑別について学びましょう。詳しい眼振の勉強は不要です。残りの時間で「脳神経のこれだけが診れればよい」の話を実演します。

12:30-13:30 しびれについて考える
 しびれも多義語で、非神経疾患も多いです。それを踏まえたうえで、薬物・毒物によるしびれ、部位別の重要なしびれ疾患、感覚障害レベルのあるしびれ、注意すべきしびれについて、実例から鑑別診断を学びましょう。

13:30-14:30 非典型的な脳梗塞について考える
 急性の片麻痺や構音障害は素人でも分かりますし、ラクナ症候群なども想起することは比較的容易です。しかし、脳神経内科医でも見逃しやすい非典型的症状がいくつもあります(”stroke chameleons”)。脳卒中と間違われやすい病態(”stroke mimics”)もあります。これらを実例で紹介します。

<著書>
神経症状の診かた・考えかた 第2版: General Neurology のすすめ2017/9/11 5,616円
福武 敏夫

脊髄臨床神経学ノート 脊髄から脳へ
2014/6/21 8,640円
福武 敏夫

Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学
2017/3/22 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\8,640円
福武 敏夫、 橋 泰明

レジデントノート 2012年1月号 Vol.13 No.13 神経診察のコツ
病歴と診察で病変部位がみえてくる!
2011/12/9 4,223円
福武 敏夫

福武敏夫先生
■講師
福武敏夫 先生
(亀田総合病院脳神経内科 部長)
<略歴>
東京大学理学部数学科中退、医学系予備校講師を経て、
1981年3月、千葉大学医学部卒業
同年5月、千葉大学神経内科(平山惠造教授)に入局
千葉県救急医療センター、鹿島労災病院勤務の後、
2000年6月、千葉大学神経内科助教授(服部孝道教授)
2003年4月、亀田メディカルセンター神経内科(2018年10月脳神経内科に改称)部長、現在に至る(内科チェアマン兼任)。その間、千葉大学非常勤講師、臨床教授兼任

<学会活動>
日本神経学会(用語委員、卒前・初期臨床研究教育委員、教育コンテンツ査読部会委員)、日本頭痛学会名誉会員、日本脊髄障害医学会名誉会員、日本神経治療学功労会員、日本高次脳機能障害学会特別会員、日本内科学会員、Spinal Cord Club幹事,千葉医学会理事、American Academy of Neurology (Corresponding Active; Royal Member)

セミナー要綱
 セミナーNo
542
 開催日
2019年3月21日(木) 10:00〜15:00
 セミナー会場
 講師
福武敏夫 先生(亀田総合病院脳神経内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職/保健師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第542回セミナー『神経症状の診かた・考え方−頭痛・めまい・しびれ・非定型脳梗塞』は盛会裏に終了しました。
 3月21日(木・祭)に開催しました第542回医療技術セミナー『実地医家のための神経症状の診かた・考え方−頭痛・めまい・しびれ・非定型的脳梗塞;神経診断学のキモは病歴聴取にあり』は多くの受講者を迎え盛会裏に終了しました。
 講師には、亀田メディカルセンター脳神経内科 部長/内科チェアーマン 福武敏夫先生をお招きしました。ご所属名で注意すべきは「神経内科」ではなくて「脳神経内科」です。スキルアップセミナーには初めてのご登場です。福武先生は、医学書院発行の『週刊医学会新聞』に月に一度、文字に関するトリビア?を執筆されておられ、大好評で連載が延びたとの事でしたし、お話の途中の息継ぎの箇所でいくつかトリビアをご披露いただきました。
 講義の組立ですが、午前中は「頭痛」「めまい」、午後は「しびれ」「非定型的脳梗塞」で、詳細は以下の通りです。
●頭痛
  ◼ 危険な頭痛 クモ膜下出血、静脈洞血栓症、動脈解離、
          髄膜炎、側頭動脈炎、非行性硬膜炎、
◼ 生活支障度の高い頭痛 片頭痛、群発頭痛、髄液量減少症、
◼ 生活改善を要する頭痛    
●めまいについて
 ◼回転性めまい(vertigo)
 ◼浮動性めまい(dizziness)
 ◼失神しそうな感じ(faintness)
 ◼ふらつき・平衡障害(staggering)
 良性と悪性のめまい、小脳梗塞のめまい、眼振の診かた、
 大脳性めまい、頭痛とめまい、その他の注意すべきめまい
 眼瞼下垂、顔面麻痺、カーテン兆候、嗄声
●しびれ
  しびれ(感)とは?
  しびれ(感)の意義
  薬物・毒物によるしびれ
  部位別の重要なしびれ疾患
  レベルのあるしびれ
  注意すべきしびれ
  しびれの診断と治療:各々7つのtips
●非定型的脳梗塞
  脳梗塞をめぐる現状
  非典型的脳梗塞について考える
    非局在症状、特に意識・精神の変容
    異常運動・けいれん
    単独脳神経麻痺
    急性単麻痺
    その他の非典型的症状
    MRI所見なし
 この道40年、医師になられて3年後にCTが出てきた・・という時代、まだ何も検査機器が無かった時代からのあゆみで、大局観のもとで微に入り細を穿つお話で、素晴らしいものがありました。頭痛の箇所でも、「国際分類」ではなくて独自のお考えと分類を展開されました。会場からは絶え間なくしつもんが出され、丁寧にお答えいただきました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー