HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
日常診療で見逃さないようにしよう! 皮膚血管炎と血管障害診療の極意
−その診断と治療のポイント−
【セミナー概要】
 皮膚血管炎、血行障害は皮膚の所見からその病態が把握できる疾患群です。時に緊急性を要し見逃すとその後の予後に大きな影響を及ぼすことがあります。障害血管の太さによって様々な異なる所見を呈します。その所見を詳細に観察し、見極めることにより正確な診断を下せることになります。またその所見を裏付ける皮膚生検の病理組織学的所見、採血などの検査所見、画像所見なども診断をつけるために大変有用です。
 今回の医療技術セミナーでは様々な血管炎、血行障害による疾患を紹介し、その臨床所見や病理組織所見、検査や画像所見の特徴を提示することにより、正確な病態を把握することを心掛けるとともに、緊急を要する状態を見逃さないようにするポイントを解説してみたいと思います。
 皆様の日常診療の一助になれば幸いです。奮ってご参加ください。
10:00-10:30 皮膚と皮膚に分布する血管の構造・皮疹の診かた
皮膚の構造を病理組織学的に解説します。
皮膚に現れる所見の表現を病態とともに解説します。

10:30-12:00 皮膚血管炎の診かた
 皮膚血管炎を生じる各種疾患の臨床所見・病理組織の特徴を示し、診断と治療のポイントについて解説します。

13:00-14:30 皮膚に生じる血管障害の診かた
皮膚に生じる所見から血行障害を正しく診断し、治療のポイント。緊急性を要する所見について解説します。

14:30〜15:00 質疑

齊藤典充先生
■講師
齊藤典充 先生
(横浜労災病院皮膚科 部長)
<専門>
脱毛症、
血管炎、血行障害

<略歴>
93年5 北里大学病院皮膚科入局:研修医
95年4 北里大学病院皮膚科病棟医
  6 横浜労災病院皮膚科専修医
98年4 北里大学医学部皮膚科研究員(助手)
  6 カリフォルニア大学サンディエゴ校留学
00年11 国立横浜病院(現:国立病院機構横浜医療センター)皮膚科
02年4 北里大学医学部皮膚科研究員(助手)
04年4  北里大学医学部皮膚科診療講師
06年4  北里大学医学部皮膚科講師 
11年6 国立病院機構横浜医療センター皮膚科部長
12年10 北里大学医学部皮膚科講師
14年4 横浜労災病院皮膚科部長
現在に至る

<学会での活動<>
 日本皮膚科学会専門医
 神奈川県皮膚科医会副幹事長
 横浜市皮膚科医会副幹事長
 特定営利活動法人 円形脱毛症の患者会理事
 神奈川乾癬治療研究会理事

<著書<〉
「目で見るアレルギー性皮膚疾患」(南山堂)
「皮膚症状からみた血管炎診断の手引き」(金原出版株式会社)
「皮膚科臨床アセット5 皮膚の血管炎・血行傷害」(中山書店)
「皮膚症状からみた血管炎診療の手引き」(金原出版株式会社)
セミナー要綱
 セミナーNo
522
 開催日
2018年11月23日(金) 10:00〜15:00
 セミナー会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
齊藤典充 先生(横浜労災病院皮膚科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第522回セミナー『皮膚血管炎と血管障害の診療』は盛会裏に終了しました。 
 11月23日(金・祭)に開催しました第522回医療技術セミナー『日常診療で見逃さないようにしよう! 皮膚血管炎と血管障害の診療の極意−その診断と治療のポイント』は盛会裏に終了しました。
 講師には横浜労災病院皮膚科 部長 齋藤典充先生をお招きしました。初めてのご登場です。
 なお、「皮膚血管炎」を取り上げるのは、日本医科大学皮膚科の川名誠司 教授と墨東病院皮膚科 部長の沢田泰之先生により2013年10月にお話しいただいて(#225)以来ですから5年ぶりです。
 講義の組立は、午前と午後、ともに以下の通りでした。
午前の部
●皮膚と皮膚に分布する血管の構造
  ・皮疹の診かた
  ・皮膚の構造と血管の分布
  ・皮疹の名称
●皮膚血管炎の診かた
  ・血管炎とは(総論)
  ・血管炎をきたす様々な疾患
午後の部
●皮膚に生じる血行障害の診かた
  ・血行障害で診られる皮疹
  ・静脈性血行障害
  ・動脈性血行障害
 講義の始まりは、基本的な皮膚の解剖のおさらいからでした。皮膚とは、皮疹の診かた、皮膚の構造、脈管および神経、乳頭下血管叢と皮下血管叢、紅斑、血管拡張(斑状、丘疹・分枝状)、紫斑(点状出血、溢血斑)、丘疹(一般的、結節、びらん)等の解説・・・。血管炎とは、壊死性血管炎、病名の変更、皮膚症状(紅斑、蕁麻疹、紫斑、丘疹、水疱、結節、網状皮斑、潰瘍、壊疽)・・・、たくさんたくさん症状写真もご供覧いただきました。 
 また、午後の後半には、糖尿病の悪化による下肢の切断等に至りかねない血管炎とその症状写真もたくさん見せていただきましたが、身につまされて、健康でないと・・という思いがこみ上げてまいりました。
 一方 講義の中や質疑応答の中でこれらの疾患に有効であるという漢方処方がいくつも出てきて、ぜひ活かされるべきだと思いました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー