HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
超音波を活用した関節リウマチの超早期診断と鑑別・治療
−一人外来でももう迷わない!−
【セミナー概要】
 200人に1人が罹患するといわれる関節リウマチ。Common diseaseにも関わらず、診断・治療の遅れは関節破壊という不可逆な転機を招きます。治療薬が進歩し、寛解が現実的なGOALとなった現在、最も問題となるのは医師の診断の遅れと、治療スピードの遅れです。
 今回の医療技術セミナーでは、いち早く関節超音波診療を導入し、450人が通院するリウマチクリニックでの診療経験から、初診で関節リウマチを見逃がさない超音波による超早期診断と、関節を壊さない治療のために押さえておくべきポイントにつきお話させていただきます。関節と筋肉の触診、関節超音波の当て方のコツ、リウマチ性多発筋痛や筋膜性疼痛症候群との鑑別、脊椎関節炎の触診と鑑別、MTXの上手な使い方、各種BIO選択のコツ、DMARDsとの併用療法、寛解の判断と寛解後の治療などなど、toward remissionからbeyond remissionまでリウマチ診療の勘所をお話いたします。
皆さま、奮ってご参加ください。
10:00-12:00 関節リウマチの超早期診断と鑑別診断
  ・関節リウマチと類縁疾患
  ・関節と筋肉の触診 実技
  ・関節リウマチの超音波による超早期診断と他疾患の鑑別
  ・関節超音波のコツと実技

12:30-14:30 関節リウマチ 治療のポイント
・関節リウマチ toward remission 寛解へ向けた治療戦略
   MTXの上手な使い方 各種BIO選択のコツ
   DMARDs併用療法
  ・関節リウマチ beyond remission 寛解後に考えるべきこと
斉藤究先生
■講師
斉藤究 先生
(名古屋市・さいとう整形外科リウマチ科 院長)
<略歴>
99年 浜松医科大学卒業
   国立国際医療センター内科研修医
01年 国立病院機構東京災害医療センター
救命救急
02年 刈谷総合病院 整形外科
06年 国立病院機構 名古屋医療センター整形外科リウマチ科
   卒後教育研修センター臨床研修指導医
10年 Los Angeles Veterans Affairs
Hospital 短期留学
11年 さいとう整形外科リウマチ科開院

<資格>
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
セミナー要綱
 セミナーNo
533
 開催日
2019年2月3日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
斉藤究 先生(名古屋市・さいとう整形外科リウマチ科 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第533回セミナー『超音波による関節リウマチの超早期診断』は盛会裏に終了しました。
 2月3日(日)に開催しました第533回医療技術セミナー『実地医家のための超音波を活用した関節リウマチの超早期診断と鑑別・治療−一人外来でももう悩まない』は盛会裏に終了しました。
 講師には、名古屋市・さいとう整形外科リウマチ科 院長 斎藤究先生をお招きしました。昨年の6月に開催しましたセミナー『筋膜リリース』以来の2回目のご登場です。
 講義の組立ですが、午前の部は「関節リウマチの超早期診断と鑑別診断・診断編」として、以下の通りの内容でした。
・関節リウマチと類縁疾患
・関節と筋肉の触診 実技
・関節リウマチの超音波による超早期診断と他疾患の鑑別
・関節超音波のコツと実技
 午後の部では、「関節リウマチの超早期診断と鑑別診断・治療編;治療のポイント」として、以下の通りの内容でした。
・関節リウマチ toward remission 寛解へ向けた治療戦略
・MTX の上手な使い方 各種 BIO 選択のコツ
・DMARDs 併用療法
・関節リウマチ beyond remission 寛解後に考えるべきこと
 講義ですが、「関節リウマチのイメージは関節の火事だ」との言葉により始まりました。関節痛や腫脹等のある患部の症状の程度を知るためにエコー機のプローブを当て、これにドップラーをかけると疾患や炎症があれば赤やオレンジに出ることを、表現されたのです。なぜ色が付くのかというと、炎症や骨破壊が始まると小さな血管がたくさん生じ血流も生じるから」との事。また、”超早期診断”では「骨や関節の過去を知るためにはX線写真は有効だが、超音波による検査では未来を見ることができる・・・」というのも名言です。ここでは、整形外科領域のエコー検査には、日立やコニカのエコー機が有効であることも。エコーではX線写真では分からない炎症や骨破壊の進行が見て取れるのだそうです。
 あと、受講者にとって分かりやすかったのは、初診で必要な診察のやり方で、モデルを相手に手や足の指や関節のすべてを一つ一つ触っての診かたを教えてくださいました。これでは患者の満足度も上がる・・・というものです。また、エコー機の画像を見ながら疾患のあると思われる指や関節へのプローブの当て方など丁寧に教えてくださいました。
 受講者の満足度も大いに上がる講義でした。 
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー