HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家が知っておきたい耳鳴りと難聴の最新臨床
−脳のトレーニングで改善できる!−
【セミナー概要】
 「耳鳴りは治らない」は、医師の間だけでなく、もはや一般常識のようになっています。しかし、それはもう過去のこと。最新の医療では耳鳴りは‘治る’ようになったのです。その背景として、最近の基礎研究・臨床研究により耳鳴りのメカニズムが解明されつつあること、そのメカニズムに応じた新しい治療法が開発されていることがあります。そのキーワードは「脳」です。耳鳴りは、難聴(多くは蝸牛障害)に応じた脳の変化によって生じ、その変化を元の状態に近づけていく‘脳のトレーニング’によって改善することが分かってきました。
 今回の医療技術セミナーでは、最新の考え方と臨床の実際、そして耳鳴患者が納得するムンテラのコツ、などをお話しします。
 難聴についても、「年だからしょうがない」「補聴器を使っても役に立たない」という訴えを良く耳にします。残念ながら医学の進歩をもってしても、加齢性難聴を元に戻すことはできません。しかし、補聴器を用いた聴覚リハビリテーションを、正しい方法で行うことにより、何歳になってもことばの聞き取りは改善します。そして、補聴器は生活に‘なくてはならないもの‘になるのです。ここでも、キーワードは「脳」です。
 今回の医療技術セミナーでは、難聴は治るのか、予防できるのか、補聴器はどれを使えばよいのか、どこで買えばよいのか、どうやってトレーニング(聴覚リハビリテーション)するのが良いのかなど、難聴の高齢者に教えてあげたい ちょっとした知識を中心にお話しします。
 皆さま、奮ってご参加ください!
10:00-12:00『難聴と補聴器』
1.難聴を知る 〜難聴は治るの? 予防できるの?
2.「補聴器は役に立たない?」 〜本邦の現状と社会背景
3.正しい脳のトレーニング(聴覚リハビリテーション)の方法
4.補聴器は何をどこで買えばよいのか?

13:00-15:00 『耳鳴り』
1.最新の研究で分かってきた耳鳴りのメカニズム
2.診療の実際〜耳鳴りの理解 &‘脳のトレーニング’で改善する
3.耳鳴りで悩んでいる患者さんへの対応と話し方のコツ
新田清一先生
■講師
新田清一 先生
(済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科 科長済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科診療科長、聴覚センター長)
"<略歴>
94年3月 慶應義塾大学医学部卒業
     慶應義塾大学耳鼻咽喉科 入局
98年 慶應義塾大学耳鼻咽喉科 助手
01年 横浜市立市民病院耳鼻咽喉科 副医長
04年 済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科 主任診療科長(現職)
10年 Sint-Augustinus Hospital(ベルギー・アン
トワープ)にて臨床留学
16年 済生会宇都宮病院 聴覚センター長
<専門医・認定医>
日本耳鼻咽喉科学会専門医、補聴器相談医
補聴器適合判定医師
<著書>
「耳鳴りの9割は治る〜脳の興奮をおさえれば音はやむ」(マキノ出版)
「ゼロから始める補聴器診療」(中外医学社)
"
セミナー要綱
 セミナーNo
413
 開催日
2017年3月5日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
新田清一 先生(済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科 科長済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科診療科長、聴覚センター長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第413回医療技術セミナー『耳鳴りと難聴の最新臨床』は盛会裏に終了しました。
 3月5日(日)に開催しました第413回医療技術セミナー『実地医家が知っておきたい耳鳴りと難聴の最新臨床−耳鳴りと難聴は脳のトレーニングで改善できる』は盛会裏に終了しました。
 講師には、済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科診療科科長/聴覚センターセンター長神殿清一先生をお招きしました。2年ぶりのご登場です。
 2014年10月に、『耳鳴りの9割は治る−脳の興奮をおさえれば音はやむ』(マキノ出版;1,300円+税)をボスの慶應義塾大学耳鼻咽喉科教授小川郁先生との共著で著されて以降、耳鳴りに悩む患者さんが全国から押しかけてこられていたところに、次に『ゼロから始める補聴器診療』(新田清一、鈴木大輔;2016年10月;中外医学社;)を出され、ますます患者さんが集まってきておられる状況のようです。
 講義の組立は、午前は、タイトル『難聴の最新臨床:補聴器・人工内耳による脳のトレーニングで聞こえを取り戻す』で、1.難聴を知る(ーる難聴・治らない難聴、予防法、危険性、患者に「自分の難聴」を知ってもらう)、2.補聴器を知る((篦梓錣鰐鬚卜たないのか〜本邦の現状と背景、∪気靴つ鯵丱螢魯咼螢董璽轡腑鵑諒法、J篦梓錣鯀ぶ、買う)、3.人工内耳を知る(/郵内耳のしくみと診療の実際、⊃郵内耳の治療成績と適応)、でした。
 午後の講義は、タイトルが『耳鳴りの最新臨床:そのメカニズムと治療の実際』で、1.耳鳴り患者を知る、2.耳鳴りのメカニズムを知る、3.耳鳴りを治す( 崋鳴りの説明」で治す、∧篦梓錣納す)、というものでした。
 これまで「難聴」も「耳鳴り」もほとんど治らないとされてきたのだと思いますが、講義で印象に残ったのは、午前では「補聴器はホントに困っていて本人が何とかしたいと希望している方にのみ薦める」「補聴器はメガネと違って、初日から常用し調整と脳のトレーニングが必須」「調整は3か月間頻回」「聞き取りやすくするためにコミュニケーションをたくさん取る」「補聴器は高ければよいというのではなく、10万円前後のもので良くて、購入するには必ず検査で効果を確認する」でした。午後では「基本的姿勢として患者さんへの受容・共感・支持が大事」「耳鳴りで一番困っていることにターゲットを把握」「うつ病は専門医に紹介」「NGワードを言わない」「発生・苦痛のメカニズム、経過と予後、注意点が特に重要」「重症度に合わせた耳鳴りの説明を行い治療を効率化するとともに、説明だけで半数以上の耳鳴りが治る」でした。耳鳴りは心の健康と密接なつながりがあり、精神面の要素がとても大きいようです。
 受講者は、「内科の診療をしていて、患者に指導がつたえられないのだがどうすればよいのか?相手のプライドもあるだろうから南朝ではないか?とは言えない」といった悩みをはじめとして、様々な疑問をぶっつけておられました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー