HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
経鼻内視鏡の進歩と利用法
−経鼻内視鏡を使った上部消化管検査の実際と諸課題−
【セミナー概要】
 近年,NBIやBLI・LCIといった画像強調内視鏡や拡大内視鏡の活用により食道表在癌の診断が大きく進歩している。また食道癌のハイリスク症例(大酒家,喫煙歴,アセトアルデヒド脱水素酵素遺伝子多型, 中高年男性,やせ型,野菜嫌い,MCV高値,頭頸部癌の既往,咽頭口腔メラノーシス,多発ヨード不染)を中心とした重点的な内視鏡スクリーニングにより多くの頭頸部表在癌が見つかるようになってきた。これらの患者は同時性・異時性に扁平上皮領域の癌が多発するため,永続的な内視鏡による経過観察が必要である。経鼻内視鏡はここ数年で飛躍的な進歩し,従来の「患者は楽だが医者にとっては画質や操作性が悪く,ストレスの多い検査法」という常識はすでに過去のものとなり,最新の経鼻内視鏡では経口内視鏡と遜色ない検査が可能となってきた。さらに「経鼻内視鏡ならでは」の検査法の確立により,頭頸部領域をくまなく観察する事が可能で,ハイリスク症例のとっては大きなアドバンテージとなっています。
 胃癌検診に従来のバリウム検査から,内視鏡が推奨され,各自治体でも経鼻内視鏡を積極的に導入する流れがあり,今後苦痛の少なく、受容性の高く,安全にかつ精度の高い検査法の普及が求められます。
 今回の講演では経鼻内視鏡のエキスパートが,口腔〜咽喉頭〜食道〜胃を一つの癌危険地帯として,これらを消化器内視鏡医はどう発見し,またそれをどう取り扱うか? 実地に役立つ検査法のコツについてお話します。「明日から使える経鼻内視鏡活用術」です、
 皆さま、奮ってご参加下さい。
10:00〜12:00
 1)経鼻内視鏡の実際(麻酔〜検査中〜検査後の注意点)
 経鼻内視鏡を使い慣れていない方、これから導入したいが使い方のコツがよく分からないという方に実際の手順や注意点についてお話します。

13:00〜15:00
 2)ハイリスク症例への検査法
 食道癌と頭頸部癌の患者さんはよく似ており、これらの患者さんを効率よく検査を行うコツと実際に拾い上げた画像を見ながら、実地に役立つ診断のコツについてお話します。
川田研郎先生
■講師
川田研郎 先生
(東京医科歯科大学医学部消化器外科 )
<略歴>
1995年3月 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
1995年5月 東京医科歯科大学医学部附属病院       第一外科入局
2001年4月 東京医科歯科大学食道外科医員
2002年12月 都立駒込病院外科(食道)医員
2005年9月 東京医科歯科大学 食道外科医員
2007年4月 東京医科歯科大学 集中治療部助教
2010年4月 東京医科歯科大学 食道・一般外科 
      助教
2015年4月 東京医科歯科大学 消化管外科学 講師

専門 食道表在癌の内視鏡診断と治療
   頭頸部表在癌の内視鏡診断と治療
   経鼻内視鏡の啓蒙活動

<学位>
2008年4月 「食道表在癌に対するアルゴンプラズマ焼灼法」にて医学博士

<賞与>
[上部消化管用経鼻内視鏡による中咽頭反転法の有用性]にて平成25年度日本気管食道科学会奨励賞 授与
「食道早期癌に対するアルゴンプラズマ焼灼法の長期成績」で平成26年度日本気管食道科学会奨励賞 授与

外科専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本食道学会認定医
日本気管食道科学会専門医
がん治療認定医
日本食道学会評議員

<著書>
経鼻内視鏡ならではの咽頭・喉頭癌のスクリーニング法 消化器内視鏡 2014;26:1819−1827 
Intraoropharyngeal U-turn method using transnasal esophagogastroduodenoscopy. Endoscopy 2014;46:E137-8
中下咽頭癌拾い上げ診断のコツと工夫 日本消化器内視鏡学会誌 2013;55:2232−2242
他 多数

セミナー要綱
 セミナーNo
408
 開催日
2017年2月12日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
川田研郎 先生(東京医科歯科大学医学部消化器外科 )
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第208回セミナー『経鼻内視鏡の進歩と利用法』は盛会裏に終了しました。
 2月12日(日)に開催しました第208回医療技術セミナー『実地医家のための経鼻内視鏡の進歩と利用法−経鼻内視鏡を使った上部消化管検査の実際と諸課題』は盛会裏に終了しました。
 講師には、東京医科歯科大学医学部消化管外科学 講師 川田健郎先生をお招きしました。ちょうど1年前の『経鼻内視鏡による上部消化管の検査とピロリ菌感染胃炎胃癌、除菌』以来です。
 今回は、約10年ぶりに「経鼻内視鏡の進歩と利用法、検査の成果」について取り上げさせていただきました。
 講義の組立ですが、午前中にはタイトル『経鼻内視鏡の実際』ということで、下記の内容でした。
〃佗‘盪覿世凌癖
経鼻内視鏡の前処置と挿入時の注意点
7佗‘盪覿世量篆
し佗‘盪覿世砲茲覦瀑盪覿栖兒,離灰
シ佗‘盪覿世砲茲訌甦胃癌診断
Ψ佗‘盪覿世留用
Х佗‘盪覿瀬肇薀屮襯轡紂璽謄ング、でした。
 また、午後の講義は、タイトル『ハイリスク症例への検査法』ということで、下記の内容でした。
〃佗‘盪覿世砲茲襯丱譽奪反道癌の診断
経鼻内視鏡による食道癌診断
食道癌と頭頸部癌のただならぬ関係
し佗‘盪覿世砲茲觚腔咽喉頭食道観察
シ佗‘盪覿世砲茲覦頭癌診断、でしたが、素晴らしい内容でした。 特に、圧巻はO社とF社の内視鏡の発展経過、特徴と弱点の比較、検査手法による見え方の比較、新たに得られた検査上の成果について・・・等、実地医家各位で、今後の内視鏡の導入構想・計画にも即 役立てられる内容でした。また、歯学部を隣に持つ医科歯科大学という研究機関の環境で、歯学部の耳鼻咽喉科との共同研究で、頭頸部腫瘍、とくに上下の喉頭頭の癌の発見の業績が飛躍的に向上した・・・ことです。これらの背景として、経鼻内視鏡が12,3年前の普及し始めた頃と比べて、画質の点でも、視野の上でも、経鼻内視鏡の飛躍的な発展があったことがあるのでしょう。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー