HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
外来診療、在宅診療にも役立つ裏ワザ超音波“肺エコー”(実技指導付き)
−今まで見れなかった肺・気道・心臓・中枢神経の生理学的異常をエコーで見破る−救急医療等における“肺エコー”の技術を日常診療に生かす!!−
【セミナー概要】
 近年、細かい診断目的とは異なり、病態を把握して即断即決で診療方針を決める、いわゆるポイントオブケア超音波に高い関心が集まっています。講師は麻酔・救急医としてドクターヘリ活動や災害医療などにも携わり、とりあえずエコーをサッとあてて、パッとヤバい病態だけは探す、というスタンスで現場を乗り切ってきました。特に生理学的なABCDの変調にどうエコーでアプローチできるかは重要で、中でも人体最大の臓器である「肺」は観察対象臓器として急速に認知度が高まっています。
 今回の医療技術セミナーでは、この肺エコー以外に、気道エコー、ショック検索の心エコー、中枢神経異常を推測するための眼球エコーの実際を紹介します。面倒な測定などはほとんどなく、「あてて、見るだけ」です。救急での手法を一般外来から在宅診療でも生かし、困ったときにちょっとあてて見るきっかけを提供できればと思います。
 皆さん、奮ってご参加下さい。
10:00−12:00 肺エコーと気道エコー(実技デモ+実習つき)
 呼吸困難を訴える患者において特徴的な気胸、胸水、間質症候群の
見かたを解説します。また、気道エコーでは蘇生ガイドライン2015から採用された挿管確認をはじめ、内科救急指針JMECCなどでも必須手
技とされる輪状甲状靭帯穿刺の超音波による部位同定方法などを紹
介します。

13:00−15:00 ショック鑑別の心エコー+αと眼球エコー(〃)
 ショックの鑑別として、やはり心臓をまずは見てみたいと思いますが、細かな計測は一切使わず、形と動きと大きさだけで危険な疾患をルールアウトしましょう。ついでにFASTや血管観察を行います。
中枢神経異常を推定する方法として眼球エコーは器械の条件が許せ
ば知っておくと有用です。

(12:00−13:00 昼食)ただし、30分間であることが多いです
鈴木昭広先生
■講師
鈴木昭広 先生
(東京慈恵会医科大学付属病院麻酔科 准教授 )
<専門>
超音波、気道管理、医学教育と医療安全
<略暦>
1992年 旭川医科大学 卒業
    麻酔蘇生学講座入局。関連施設で研鑽を積む。
2000年 米国Medical college of Wisconsinへ基礎研究留学
2002年より旭川医科大学麻酔蘇生学講座に戻る
2008年より同 救急医学講座、講師、救命センター副センター長
2013年より同 麻酔蘇生学講座 講師、
2014年准教授。
2016年1月より東京慈恵会医科大学麻酔学講座 准教授
<学会活動>
ABCDsonography 理事長、ポイントオブケア超音波研究会世話人、日本医学シミュレーション医学会理事、日本麻酔科学会評議員
<専門資格>
麻酔科学会指導医、救急科専門医、集中治療専門医、航空医療学会認定指導者、日本ペインクリニック学会専門医
<著書>
「あてて、見るだけ!劇的!救急エコー塾」(羊土社)、「こんなに役立つ!肺エコー」(メジカルビュー)、「救急エコースキルアップ術」(羊土社)、「麻酔の前に知っておきたい 手術手順と麻酔のコツ」(羊土社)、ケアネットDVD「すーさん先生の裏ワザエコー」(仮)」(ケアネット)
セミナー要綱
 セミナーNo
388
 開催日
2016年10月10日(月) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
鈴木昭広 先生(東京慈恵会医科大学付属病院麻酔科 准教授 )
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第388回セミナー『外来診療、在宅医療にも役立つ 裏ワザ ”肺エコー”』は盛会裏に終了しました。
 10月10日(月・祭)に開催しました第388回医療技術セミナー『外来診療、在宅医療にも役立つ 裏ワザ超音波”肺エコー”−肺・気道・心臓・中枢神経の生理学的異常をエコーで見破る』は盛会裏に終了しました。
 講師には、東京慈恵会医科大学麻酔学准 教授 鈴木昭広先生をお迎えしました。今年の冬に依頼状をお出しした際は旭川医科大学にお出ししましたら、春に東京の慈恵会医科大学から承諾書をいただきました。うれしい限りです。今年の1月に脱北された鈴木先生は、これまで麻酔科医、救急医として歩んでこられ、ここ5年間は、北北海道で”ドクターヘリ”として活躍され、かつ災害医療にも取り組んでこられたのだそうです。
 今回の企画で重要な点は、あと1つ、「これまで肺はエコー検査の対象とされてこなかった」のですが、今回はそれら医学界の常識を覆し、肺どころか、気道、(心臓)、中枢神経異常を推測するための眼球エコーにも挑戦し、実技の指導もお願いしようという訳です。
 講義の組立は、午前が、『気道・肺』のタイトルで
1)FAST(さわりだけ)/2)肺エコー:FLUS 3)気道エコー:PEAS 
4)その他
午後が、『循環・中枢神経など』のタイトルで 
1)FAST /2)お手軽心エコー:FATE /3)胃のエコー/4)目、
その他     というものでした。
 受講された方々は、麻酔科の医師 数名と、内科医、臨床検査士でした。皆さん、エコー機とモデルさんを囲み、交代でプローブを握られ、画像を見つめながら、真剣なディスカッションを繰り広げられました。素晴らしかったデス。
 受講された医師からは、『本日のセミナーは、とてもよかったです。鈴木先生は繰り返し丁寧に教えてくださり教育者として臨床家として素晴らしい方だと思いました。やはり本だけでは習得できないことが多く参加してとてもよかったです。』と、寄せられました。本といえば、鈴木先生の著書を持参されて、サインを求めておられる方が目立ち、ほほえましいものでした。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー