HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家に役立つ 知らないと怖いCOPD
−すぐに使えるコンプライアンス向上のための患者教育・禁煙指導のポイント;COPDの診療において重要な動機づけ面接法による禁煙指導を軸に学ぶ −
【セミナー概要】
 COPDは喫煙・大気汚染等による肺の慢性的な炎症を基本病態とする呼吸器疾患です。日本では2013年に1万6千人以上がこの病気で死亡し、日本人男性の死亡原因第8位になっています。しかし、少なくとも530万人以上いると見積もられているCOPD患者のうち、正しく診断されて、適切な治療を受けている患者は10%にも達していません。厚生労働省は、2012年に「健康日本21」の目標としてCOPDの認知度向上を掲げ、国を挙げてCOPDの認知度向上に取り組む方針を示しました。
 こうした経緯から、COPDは呼吸器内科専門医だけが診療する疾患ではなく、実地医家がプライマリーケアの場で診療に取り組まなければいけない疾患となっています。しかし、実際の診療に当たって、COPDという病気の概念が難しく患者へ説明しても理解してもらえない。特に禁煙指導が重要であるにもかかわらず、どのようにしたら禁煙してもらえるかわからないなどといった悩みの声を多く聞きます。
 本セミナーは、そうした悩みの解消の一助となるべく企画しました。ふだんCOPDに対する患者指導にお悩みの先生方、COPDの診療に関わる可能性のある実地医家の先生方の参加をお待ちしています。
10:00〜12:00  実地医家におけるCOPD診療のポイント
 1. なぜ実地医家にとって、COPD診療が重要となっているのか?
 2. 実地医家の限られたリソースでどのようにCOPDを診断していくのか?
 3. COPDを患者さんに説明する際のポイント
 4. COPDの治療、禁煙指導の概略
 5.行動変容を起こさせるための面接とは?

13:00〜15:00  禁煙の動機付け面接法
 1. 動機付け面接法とは?
 2. なぜ動機付け面接法が禁煙指導に役立つのか? その生まれてきた背景・原理
 3. 動機付け面接法の基本技法 OARS
 4. チェンジトーク、維持トークとは?
 5. 日常診療への落とし込みにあたって
三島渉先生
■講師
三島渉 先生
(上六ッ川内科クリニック 院長)
<略歴>
97年3月 横浜市立大学医学部 卒業
  4月 横浜市立大学附属病院
99年4月 三浦市立病院 内科
01年4月 横浜市立大学大学院病態免疫制御内科学
05年4月 横浜船員保険病院 内科・呼吸器科
07年10月 上六ッ川内科クリニック 院長

<専門医・認定医>
日本呼吸器学会専門医、
日本アレルギー学会専門医、
日本禁煙学会専門医、
日本内科学会認定医、 

セミナー要綱
 セミナーNo
365
 開催日
2016年3月21日(月) 10:00〜15:00
 セミナー会場
東京八重洲ホール
(東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル)
 講師
三島渉 先生(上六ッ川内科クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第365回セミナー『知らないと怖いCOPD−患者教育・禁煙指導』は盛会裏に終了しました。
 3月21日(月・祭)に開催されました第365回医療技術セミナー『実地医家に役立つ 知らないと怖いCOPD−すぐに使えるコンプライアンス向上のための患者教育・禁煙指導のポイント』は盛会裏に終了しました。
 講師には、横浜市・上六ツ川内科クリニック院長 三島渉先生をお招きしました。初めてのご登場ですが、患者教育と禁煙指導のポイントについて、淡々とした口調でいながら情熱の篭った、素晴らしいお話を聞かせていただきました。
 講義の組立は、以下の内容でした。
 午前の部は、『実地医家におけるCOPD診療のポイント』とのタイトルで、1.なぜ実地医家にとって、COPD診療が重要となっているのか?、2.COPDを患者さんに説明する際のポイント、3.実地医家の限られたリソースでどのようにCOPDを診断していくのか?、4.COPD治療の概略、5.行動変容を起こさせるための面接・禁煙指導総論、というものでした。
 午後の部は、『禁煙の動機付け面接入門』とのタイトルで、1.動機付け面接法とは?、2.なぜ動機付け面接法が禁煙指導に役立つのか?生まれてきたその背景・原理、3.動機付け面接法の基本技法OARS、4.チェンジトーク、維持トークとは?、5.日常診療への落とし込みにあたって、というものでした。
 特に今回のセミナーでのハイライトというべき場面は、社会心理学者が考案された技法のようです。午後の「患者教育と禁煙指導」では「共感」「傾聴」「受容」という言葉が飛び交いましたが、医療だけでなく、一般の社会生活にも必要な考え方ではないかと感じました。前者では、行動変容を起こさせるための面接・禁煙指導であり、後者では「動機づけ面接法」の意義と、基本技法、それが生まれてきた背景と原理、「チェンジトーク」と「維持トーク」、日常診療への導入(三島先生は「落とし込み」と表現されておりますが)、等 若干聞きなれないお話ではありましたが、素晴らしいお話でした。
 主宰子が思うに、”禁煙指導”1つをとってみても、だいたい自分はいつでも止められる・・・と言いつつも、ニコチンの魔力に引きづり込まれていってしまって止められなくなる、そういう意志の弱い・・・事例が多すぎます。「体に悪い」ことが分かっているのに。
 
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー