HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
ジェネラリストのための呼吸器疾患道場ァ糎撞朶鐃巴納蟒腑イド〜(新春記念セミナー1)
−呼吸器科領域の疾患の聴診、打診、触診、そして胸部X線写真による診断、そして治療−
【セミナー概要】
 この度、『呼吸器内科 ただいま診断中!』という書籍を上梓しました。この書籍では呼吸器症状がある症例の鑑別診断を進めていく上で、知っておきたい知識をご紹介しております。
 この度、貴重な機会をいただきまして、この書籍の中でも紹介しておりますような、基本的な呼吸器症状、診察所見から診断を絞り込んでいく過程を、ジェネラリストの先生方に体験していただこうと考えております。
 プライマリの現場でよく遭遇する、咳、呼吸困難などの症状を呈する呼吸器疾患コモンディジーズの多くは、特徴的な症状、症候、身体所見があり、診断にはそれらの知識が不可欠です。それらの知識を学んでいただき、症例を通じて追体験をしていただき、現場で実践出来るお手伝いをしたいと思います。
身体診察で見られる所見がなぜ起こっているか、そしてその特異性を理解すれば、診察を戦略的に行うことが可能でしょう。
そのような知識もご紹介します。
 そして今回は、胸部X線写真が必ずしも主役ではありませんが、身体診察と組み合わせることで身体診察をより深めることができます。X線写真によって身体診察の答え合わせも可能ですので、それについても触れる予定です。
 皆様、ふるってご参加下さい。

 出版記念セミナーにもなります!!

 いつの間にか「Care Net」でもご活躍中です!!

午前:
パート1 コモンディジーズの診断と治療
   症例検討 感冒、急性副鼻腔炎、急性肺炎、気胸、肺塞栓など

パート2 問診から身体診察、胸部X線写真を行き来する

午後:
パート3 問診から身体診察、胸部X線写真を行き来する

パート4 症例検討

長尾大志先生
■講師
長尾大志 先生
(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【専門】 呼吸器科全般

<略歴>
93年3月 京都大学卒業
4月 京都大学胸部疾患研究所
94年−95年 住友病院内科医員
96年−00年 京都大学大学院博士課程
00年−01年 京都大学病院呼吸器内科医員
01年−02年 KKR京阪奈病院 内科医員
03年−04年 ブリティッシュコロンビ
ア大学
05年 滋賀医科大学呼吸循環器内科医員
06年  同  助手(07年:助教)
12年  同  学内講師
13年度滋賀医科大学ベストティーチャー賞

<著書>
15 年 呼吸器内科 ただいま診断中 !(中外 医学社 医学社 、4,5364,5364,5364,5364,536円)
15年 第109回 医師国家試験問題解説
   株式会社メディックメディア
13年 レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室
13年 病気がみえるvol.4 呼吸器 第2版 監修
13年 第107回 医師国家試験問題解説
   株式会社メディックメディア
03年 間質性肺疾患診療ガイドライン 〜米国胸部学会ガイドライン
セミナー要綱
 セミナーNo
344
 開催日
2016年1月10日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第344回セミナー『呼吸器疾患道場ァ戮論慌駑△暴了しました。
 1月10日(日)に開催しました新春記念セミナー1で 第344回医療技術セミナー『ジェネラリストのための呼吸器疾患道場ァ┯撞朶鏖蔑琉茲猟或如打診、触診、そして胸部X線写真による診断、そして治療』は盛会裏に終了しました。
 講師には滋賀医科大学呼吸器内科 講師の長尾大志先生をお招きしました。タイトルから分かりますように、5回目のご登場です。第一回は13年11月の『咳の鑑別』、第二回は14年4月に『間質性肺炎とびまん性疾患』、第三回は14年8月に『胸部X線写真の読影』、第四回は15年4月に『咳の鑑別』でした。要するに主宰子のオーダーによるその都度勉強しなおしたりしてのセミナー開催です。今回も、特に”聴診””打診”を科学にする・・・という主宰子の拘りで、お願いしました。
 また、長尾先生は、この間ご著書として、『病気が見える−呼吸編』(   ;13年)『やさしいイイ呼吸教室』(医事新報社;13年)、『やさしいイイ胸部画像教室』(   ; 年)、『これが診断のリアルだ』(中外医学社; 年)、『呼吸器内科ただいま診断中』(中外医学社15年)の他に、『呼吸器科専門医テキスト』等を出されておりますが、ここ数年はすごい勢いで出されております。主宰子は司会者として、「新進気鋭」の研究者として紹介しましたが、長尾先生は、講義の冒頭で、「少々年を取りすぎている・・・」とやんわり否定しておられました(笑い)
 講義の組立は、午前の部は「コモンディジーズの診断と治療」のタイトルで、‐瀕禪‘ぁ粉極繊急性副鼻腔炎、急性肺炎、気胸、肺塞栓、など)、¬篆任ら身体観察、胸部X線写真を行き来する,如午後の部は〔篆任ら打聴診、身体観察、胸部X線写真を行き来する◆↓⊂瀕禪‘ぁ篇誕となんか、ACOS,感染性咳嗽、心不全、など)でした。
 咳喘息等の厄介な疾患の解説でしたが、胸部X線写真やCT,MRI画像等の読影を織り交ぜた素晴らしいお話でした。
 会場受講者からもネット受講者からも質問が絶えず、大分時間を超過しての終了でした。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー