HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
スタッフのコミュニケーション力を高めるコーチング研修(基礎編)−コーチングを身につけて医療スタッフの離職を予防しよう!−
−人材教育・育成セミナー コーチング 
【セミナー概要】
 現在の医療現場はストレスの連続です。医療スタッフの離職率の高さが医療機関の経営を圧迫している事が大きな問題となっています。折角縁あって入職されたスタッフが職場の人間関係等で退職してゆく事は憂慮する事であると思います。
 医師・看護師を求人し入職させる為には多くの時間と莫大な経費がかかるのは皆さんご存知の通りです。そこで管理職である医師、看護部長・師長にコーチングのスキルを身に付けていただき、部下とのコミュニケーションに活かしていただこうと思います。その結果、退職予防や人材確保に大いに役立てることが出来ると確信しています。
 ぜひ、このコーチング研修セミナーに、院長自らご参加いただくとともに、奮って、スタッフをご派遣いただきますようお願い申し上げます。
進行プログラム:
(1)コーチング概要
(2)コーチング実習
(3)振り返り

”コーチング”とは相手のやる気と行動量を引き出す会話の技術です。
”コーチング”は職種や役職など使う方のニーズによって様々な使い方ができます。
 コーチングへの関わり方によって様々な成果が得られ、その一部を以下にご紹介致します。
・業績がアップする
・部下のやる気が上がる
・行動プランが明確になる
・時間の使い方が効率的になる
・コミュニケーション力が向上する
 「ビジネスコーチング」手法を研修内に取り入れ、質問型研修を行います。研修内で「考えて答えを導く事」で自発的に行動するよう導く為、実生活に結びつきやすく、ビジネス現場で活用できる研修になります。
 なお、プログラムは参加者の様子を見ながら、理解レベルに合わせて微調整させていただきます。

 今回はコミュニケーション力の向上を含め、いろいろなヒントをお持ち帰りいただけたらと思います。

宮崎良徳先生
■講師
宮崎良徳 先生
(ユア・ベスト・コーチ 代表取締役)
現職:
YBC認定エグゼクティブマスターメンターコーチ
一般社団法人 生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ユア・ベスト・コーチ株式会社 代表取締役社長

講師経歴:
1968年4月生まれ。北海道旭川市出身
1989年から富士通株式会社にてシステムエンジニアとして郵政省、KDDI等をクライアントとするネットワークシステム構築業務に従事。その後、将来の独立を目指して中堅システム開発会社に転職し、宮城県仙台市の営業責任者に就任。
2006年4月「聴く力で社会が変わる」を企業理念とする有限会社ユア・ベスト・コーチを創業し代表取締役に就任。
2012年6月ユア・ベスト・コーチ株式会社に改組。集合セミナーや社員研修を通じてビジネスコーチングを指導する傍ら、経営者向けの
エグゼクティブコーチングを開始。100名を超える経営者様へのご支援の中から「組織創りについて指導してほしい」という要望が増え、
2013年1月より組織開発コンサルタントとしての活動を開始。仙台と東京を中心にコンサルティング業務を行っている。
他に、「いじめや自殺の無い社会を創る」という人生理念を叶えるべく、小学校におけるキャリア教育授業の支援、宮城大学にて「キャリア開発」の非常勤講師などを務める。
「無料聴き方勉強会リッスンレッスン」の活動を通じて「聴く力で社会からストレスを無くす」取り組みを推進している。
セミナー要綱
 セミナーNo
298
 開催日
2015年1月17日(土) 18:00〜20:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
宮崎良徳 先生(ユア・ベスト・コーチ 代表取締役)
 分野/対象
■分野: 病院経営/臨床看護
■対象: 医師/看護師/医事課/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第298回セミナー『コミュニケーション力を高めるコーチング研修(基礎編)』は盛会裏に終了しました。
 1月17日(土)夕刻に開催しました第298回医療経営セミナー『人材教育・育成セミナー.魁璽船鵐亜柄2回) コミュニケーション力を高めるコーチング研修(基礎編)−コーチングを身につけて医療スタッフの離職を予防しよう』は盛会裏に終了しました。
 講師には、ユア・ベスト・コーチ株式会社 代表取締役 宮崎良徳先生をお招きしました。同社は仙台を基盤に、現在 東京・両国にサテライトオフィスを展開され東京での業務を開拓されている会社です。通常は、集合セミナーや社員研修を通じてビジネスコーチングを指導する傍ら、経営者向けのエグゼクティブコーチングを指導されるとともに、クリニックでのスタッフコーチングも手掛けておられるようです。
 昨年は、医療経営セミナーとして全4回で文字通りクリニックの経営全般について取り上げてみましたが、今回は、「経営」の中でも人材教育・育成ということで”コーチング”について2回にわたって取り上げてみます。特に、「コーチングを身につけて離職を予防しよう」というスローガンには魅かれてしまいました。
 講義の組立は、1コーチング概要、2コーチング実習、3振り返り・・・というものでした。
 受講者は、課題に応じて2名で一組になり、コーチング実習として”傾聴””承認”という2つのテーマで、会話をしていただきました。まず、「コーチング傾聴:相手の話をよく聞く」ですが、◆傾聴とは? ◆安心感が大きくなる→関心が高まる→自発的行動が生まれる ◆言葉にする→自分で気づく→自発的行動が生まれる。
 次に「コーチング承認」 ◆承認とは? ■どんな時に承認しているか? ◆承認にはどんあ言葉があるか? ◆YOUメッセージとIメッセージの違い ◆YOUメッセージ(主語が「あなた」)
◆Iメッセージ(主語が「わたし」)■結果承認とプロセス承認と存在承認の違い 
 質疑では、医療現場での離職率の高さが問題になり、「辞めたら次を採用すればよい」のか、あるいは「辞めないように予防するのか?人を育てるのか?」といった、参加されたクリニックの院長さんから、苦しい現状が報告されるとともに、相談されておりました
 主宰子としては、いつも自分のいうことばかりで、他人のいうことを聞かない、気にしない(聞かない割には気にするかな?!)自分を反省しないといけません。
 ところで、些末なことですが、解説の中で「下2割の法則」という理論?が出ましたが、評価の低いグループ2割を辞めさせても、結局残ったグループの中から、また2割が出てくる・・・という理論でしたが、私には思い当ることもあり、納得がいきました。(笑い)
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー