HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
プライマリーケアに必要な生活習慣病の臨床(新春記念年頭セミナー3)
−隠れメタボ高尿酸血症、高血圧、糖尿病などに注目して(この領域の先発薬、ゼネリック薬の評価と使い分けを含む)−
【セミナー概要】
 生活習慣病としてのメタボリック症候群(Mets)は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、腹部肥満で診断される。Metsは心筋梗塞や脳卒中を高率に発症するため、プライマリーケアが最も重要なことである。また、糖尿病合併例は虚血性心疾患の頻度も高く、循環器領域の専門知識も必要となる。Metsの診断基準には入っていないが高尿酸血症に関しても、実地医家が治療機会に遭遇することが多いため、診療のノウハウを熟知すべきと思われる。本医療技術セミナーでは、これらに焦点をあて解説する。
 さらにMetsには降圧薬をはじめ多くのジェネリック薬品が導入されつつあるが、その薬効、供給システムなどには現場での混乱が存在する。そこで先発薬や最近のジェネリック医薬品の動向を概観し、そのとらえ方や使い分けについても考えていく。
 皆様、奮ってご参加ください。
10:00−12:00 Metsと高尿酸血症:栗山 哲
1.隠れMets、高尿酸血症を考える
2.高尿酸血症のガイドラインに則った診療
3.Mets対策としての高血圧、脂質異常症、糖尿病の集学的管理
4.先発薬やジェネリック薬品をどのように使っていくのか?
(症例呈示)

13:00−15:00 糖尿病の治療:中野知子
1.糖尿病ガイドラインに則った診療の実際
2.クッキーテストの結果から食後高脂血症・高血糖を考える
3.糖尿病に合併する循環器疾患の管理について
4.最近の循環器疾患の動向・話題
(症例呈示)
栗山哲先生
■講師
栗山哲 先生
(東京慈恵会医科大学腎臓高血圧学 教授)
【専門】 腎臓病学、高血圧、透析療法
【略暦】
78年 東京慈恵会医科大学卒業、第二内科大学院
82年 東京慈恵会医科大学第二内科大学院修了
84〜86年 米国ニュージャージー医科歯科大学・高血圧研究部門留学
85年 東京慈恵会医科大学より医学博士受領
91年 東京慈恵会医科大学第二内科講師
92年 東京都済生会中央病院内科医長
93年 東京都済生会中央病院内科部長
99年 東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科助教授    (准教授)
07年 東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科客員教授
13年 上記を兼任し、東京国税局診療所所長

【学会活動】
主な学会:内科学会、腎臓病学会、高血圧学会、透析医学会など
中野知子先生
■講師
中野知子 先生
(東京慈恵会医科大学循環器内科 医員)
<略歴>
84年 弘前大学医学部卒業
86年 東京慈恵会医大内科研修
94年〜 心臓外科へ出向
96年 東京国税局診療所勤務、
   現在に至る
99年 東京慈恵会医科大学循環器内科(大学の診療科制導入に伴い循環器内科へ統合)

【資格】
日本循環器学会専門医、日本病態
栄養学会評議員

【所属学会】
日本糖尿病学会、日本心臓病学会、日本冠疾患学会、日本心血管インターベンション学会、など
セミナー要綱
 セミナーNo
289
 開催日
2015年1月12日(月) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
栗山哲 先生(東京慈恵会医科大学腎臓高血圧学 教授)
中野知子 先生(東京慈恵会医科大学循環器内科 医員)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/薬剤
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第289回医療技術セミナー『生活習慣病の臨床』は盛会裏に終了しました。
 1月12日(月・祭)に開催しました第289回医療技術セミナー『プライマリケアに必要な生活習慣病の臨床−隠れメタボ、高尿酸血症、高血圧、糖尿病、循環器疾患などに注目して』は、新春記念セミナー3の位置づけで開催し、盛会裏に終了しました。
 講師には、東京慈恵会医科大学腎臓高血圧学 教授 栗山哲先生と、東京慈恵会医科大学循環器内科学で東京国税局診療所/検診センターの中野知子先生をお招きしました。栗山先生は昨年1月から3回目のご登場で、今回は、事前に/祐屮疋奪学会が提唱し、医学界で混乱している高血圧の評価・定義の問題(特に収縮期血圧;高血圧学会等では135あるいは140まで;人間ドック学会では148,150?まで)についての意見と、同じく、製薬会社を中心とした降圧薬の臨床試験をめぐる問題を含めて、全降圧薬の評価と、できればジェネリック薬の評価についての意見をお聞きしたい、ということから今回の企画は始まりました。
 栗山先生の講義の組立としては、 ̄れメタボ、高尿酸血症と高血圧に注目して、というタイトルの下、1.メタボの副次的症候である高尿酸血症を再考する(痛風、治療、腎臓を守る)、2.メタボの主流である高血圧治療を再考する(降圧薬、どの程度降圧する?、Generic(後発品)を再考する、ゼネリック薬の検証)という組立でした。
 中野先生の講義では、糖尿病・循環器疾患というタイトルの下、1. 糖尿病(人間の歴史、インスリンの歴史、合併症、主な検査、薬物の選択、症例研究)、2. 循環器疾患(1. 心房細動と脳梗塞、2. 冠動脈疾患、3. 最近のトピックス)というものでした。
 栗山先生の講義に対する質疑では、医療費を抑制したい国の医療政策の下で、血圧値の評価に対する議論が盛り上がるとともに、特にジェネリック薬に対する評価の場面でも質問と意見がたくさんたくさん出ました。(きちんとご意見を出してくださいました)。 
 中野先生の講義に対する質疑では、特に循環器疾患の冠動脈血行再建療法のところで、カテーテルインターベンションか、ステントか、あるいはバイパス手術か、といった選択肢を考えるところで、「先生ご自身の場合だったら、どうしますか?誰のところに駆け込みますか?」といった鋭い突っ込みというか、問いかけがあり、○○では△△先生というように、ご自身の評価が延べられることで、議論が大いに盛り上がりました。 
 新春セミナーにふさわしい素晴らしいセミナーとなりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー