HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
経営セミナー4 明日から使える!患者が集まるクリニックのための12のidea〜クリニック経営改善
−て睇環境・統制編  医療激戦区の世田谷地区で勝ち抜いた講師が語る医療マーケティング論!−
【セミナー概要】
  新規開設の医療機関でなければ、右肩上がりの売り上げの上昇は難しい時代になりました。もっと言えば、2025年までは医療費の伸びは期待できず、逆に実質的に減少していくことさえ予想されます。
 その中でいろいろな業者が、いろいろなものを勧めてくる毎日。果たして本当に使えるものは何なのでしょうか?今回は、厳選された必ず使える12個のideaを伝授いたします。既に開業している先生も、これから開業を目指す先生も、周りから一歩前に出るために役立つ珠玉の12個のideaを試してみませんか。
診療所100,000軒時代、あなたの診療所・クリニックは生き残れますか?
 皆さま、奮ってご参加下さい。
18:00-19:30
   患者が集まるクリニックのための12のidea 
て睇環境、統制編
現在の医療環境と医療機関財務状況/財務諸表の簡単な見方/ESを上げる!離職を防ぐ! アルバイトにも適応する内部統制/キーとなる職員・医師の管理とその方向性、など


<全体の予定>
クリニック経営改善
〜輜
医療環境、情勢、各論の紹介
外部環境とマーケティング編・外部環境総論
診療圏調査は信じられるか?/自分で作る来院見込み患者マップと比較検討/マーケティング手法の選択、など
C楼茵患者とのコミュニケーション編
マーケティングの基礎、口コミとネット/診療圏調査と来院マップから/本当の強みと弱みから戦術へ/CSの実際とその管理、など
HP: http://www.takeo-clinic.com/
竹尾浩紀先生
■講師
竹尾浩紀 先生
(世田谷区・たけおクリニック 院長(内科、糖尿病内科、他))
<略歴>
96年 防衛医科大学校 卒業
00年 自衛隊中央病院内科専門研修
04年 日本大学大学院グローバルビジネス学院経営学修士
08年 自衛隊中央病院医長、同施設指導医
10年 航空幕僚幹部首席衛生官室 兼 防衛省内部局衛生監室 部員
11年 たけおクリニック院長
セミナー要綱
 セミナーNo
253
 開催日
2014年12月6日(土) 18:00〜20:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
竹尾浩紀 先生(世田谷区・たけおクリニック 院長(内科、糖尿病内科、他))
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象: 医師/医事課
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第253回セミナー『患者が集まるクリニックのための12のアイデアぁ戮論慌駑△暴了しました。
 12月6日(土)夕刻に開催しました第253回医療経営セミナー『明日から使える! 患者が集まるクリニックのための12のアイデアぁ船リニック経営改善〜 て睇統制 ヒト、モノ、カネの管理とファイナンシングの実践編』は盛会裏に終了しました。なお、この経営セミナーは、”スキルアップ”設立5周年記念セミナーとして開催されました。
 講師には、医師の資格以外にMBAの資格を取られるとともに、東京の世田谷という医療激戦地で勝ち抜いておられるたけおクリニックの竹尾浩紀先生をお招きしました。
 講義の組立は、第1回目が総論、第2回目が各論1で外部環境(外部環境とは、マーケテイングの基礎、ロジカルシンキング)、第3回目が、各論2でマーケ+金融、マーケテイングの実際(ケースワーク)、ファイナンシング総論と続き、最終回の今回は、各論3 内部統制+金融、病医院内部管理+ファイナンシング各論、ということでした。
 これまでにお聞きした税理士さんや経営コンサルタントさんの「内部統制論」の話とは違って、さすがは開業されている医師の立場からの総合的で合理的な”経営論”が展開されました。細部にわたって納得がいきます。当日のスライドも100枚近く増えて、全体では240枚にのぼり、素晴らしい講義になりました。
 頭に残った個別の話について、ランダムに感想を述べるとすると、^緡点策の上においては、医師に対する政策としては、医院の収益率8%程度。要するに、生かさず殺さずの政策に帰結するであろうこと。∈8紊webを使った広報活動という点では、スマホを使ったアッピールが肝心になり、一ページ目を使ったPRが特に大事になるであろうこと。直帰率50%だそうです。先日来、都心、特にお台場を中心にした高額の湾岸マンションが売れまくった事情としては、医者を含む富裕層の税金対策が根底にあったこと。け…垢砲箸辰読櫃い里蓮▲好織奪佞ら「お話があります」・・・という申し出であるが(要するに退職の申し出か?)、どんなに引き留めても、スタッフにとっては、手に技術がある以上、どこに行っても困ることはない・・・・。問題は待遇ではない。その他のいろんな指標が大事である・・・・。最後に、タイトルにある12のアイデアの項目を並べて振り返ってみたい。

序論:『何となく』ではなく
A 分析手法
 1 大きく比較する
 2 小さく比較する〜ポジショニングと強み弱み    
 3 評価する〜もれなくダブりなく考える 
B 顧客管理
 4 既存患者寿命 
 5 既存患者単価 
 6 患者満足度と医師パフォーマンス
C 外部環境編〜マーケテイング
 7 新患経路分析
 8 広告宣伝
 9 ブランデイングと長期生存
D 内部統制〜経営改善 
 10 ヒト 院内スタッフと院外スタッフ 
 11 モノ 経費管理
 12 カネ ストックとフロー 金融機関と仲良くしていますか 
最後に:できることから始めよう!でも理系らしく科学者らしく

 この半年間、ありがとうございました。 
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー