HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法◆歛臘夏盪覿請淨法の習得のための上部消化管内視鏡(挿入術)活用法
−1カ月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る−
【セミナー概要】
 前回、2月15日開催の「大腸内視鏡挿入法」に続いて、今回は「TCS(total colonoscopy)流 上部消化管内視鏡挿入法(EGD;Esophagogastroduodenoscopy)」を取り上げる。
 一般的に、上部消化管内視鏡EGDのテクニックは、大腸内視鏡TCSでは役に立たない。しかし、大腸内視鏡TCSの達人が、上部消化管内視鏡挿入法EGDの挿入に困ることはない。つまり、TCSのテクニックで、EGDが可能なのだ。
 そこで、胃を最も簡単な大腸と仮想して、TCSの挿入テクニックで挿入を試みた。このテクニックを習得すると、研修医は、TCSを試みるときに、まるでEGDを行っているようなイメージで、容易に挿入が可能であった。かつて、某TCSの達人に、タダで話すものではないと忠告されたテクニックである。TCSに応用可能な上部消化管内視鏡の挿入と観察法を惜しまず語ります。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
第1部 10:00−12:00 TCS流EGD 総論と各論 1
TCS流EGDの紹介
TCS流食道入口部の挿入法
ECJ(esophagocardiac junction)の挿入法
ぬ舂悗料淨法 

第2部 13:00−15:00  TCS流EGD 各論2と応用
SDA(superior duodenal angulus)の挿入法 
胃角部 穹窿部の操作
TCS流EGDの挿入のパターン化 3パターン
TCSへの応用
仲道孝次先生
■講師
仲道孝次 先生
(福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
【専門】 消化器疾患、大腸内視鏡
<略歴>
90年 高知医科大学卒業
 福岡徳洲会病院
92年 岸和田徳洲会病院消化器内科
94年 福岡徳洲会病院内科
96年 熊本県服部胃腸科
00年 福岡徳洲会病院消化器内科 

09年7月から「NACKの大腸内視鏡講座」開設
11年8月「ひとりで学ぶ 大腸内視鏡挿入法」を発行する。
12年3月から「NACKの研修医のためのひとりで学ぶ上部消化管内視鏡検査」を開設
<著書> 
,劼箸蠅燃悗崑臘夏盪覿請淨法、羊土社
△修海知りたい上部消化管内視鏡の基本Q&A(消化器内視鏡レクチャー1巻1号)、II.経口内視鏡Q15.経口挿入しても“おえっ”と言わせないコツは?(仲道孝次)
消化器科第 48巻第6号(2009年6月発行)
特集 I.Screening Colonoscopyの現状と将来
大腸内視鏡挿入法の研修システム

<学会活動>
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医

セミナー要綱
 セミナーNo
299
 開催日
2015年3月15日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
東京八重洲ホール
(東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル)
 講師
仲道孝次 先生(福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第299回セミナー『大腸内視鏡挿入法 習得のための上部消化管内視鏡活用法』は盛会裏に終了しました。
 3月15日(日)に開催しました第299回医療技術セミナー『実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法 大腸内視鏡挿入法 習得のための上部消化管内視鏡活用法−1カ月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る!』は盛会裏に終了しました。
 講師には、福岡徳洲会病院消化器内科 部長 仲道孝次先生をお招きしました。1カ月前にも『実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法 檻吋月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る!』をお願いしたばかりです。
 今回、ちょっと分かりにくかったのは、”大腸内視鏡挿入法を習得するための上部消化管内視鏡活用法”なんです。パッと見で「なんだ上部消化管内視橋の挿入技術の話か?」と思われた向きが多いのではないか・・・と思いますが、違いました。仲道先生に言わせると、要するに、「大腸も縦、横をちょっと違えて見立てれば食道・胃・十二指腸の構造に似ている。特に、下垂している横行結腸はそうだ・・・」ということのようで、コロンモデルで示してくださいました。
 講義の組立は、午前が「大腸内視鏡(TCS;total colono-scopy)流 上部消化管内視鏡(EGD;Esophago-gastroduodeno-scopy)総論と各論1」という小タイトルで、。圍達嗄EGDの紹介、■圍達嗄食道入口部の挿入法、ECJ(esophagocardiac junction)の挿入法、ぬ舁△料淨法。午後が「TCS流EGD 各論2と応用」という小タイトルで、。咤庁繊superior duodenal angulus)の挿入法、胃角部 穹窿部の操作、TCS流EGDの挿入のパターン化 3パターンの紹介、ぃ圍達咾悗留用、でした。
 前回、後藤利夫先生の手義と違っている点を紹介しましたが、今回も、右側臥位になってもらったり、プッシュ法等のこれまでタブーとされてきた手法も、うまく挿入しかつ痛くないように挿入する点では何でもアリ的なすばらしいお話でした。また、”身近な素材で工夫する”という点でも、紙コップやティッシュペーパーの箱に紙を貼り付けた小道具やホテルに置いてあるヘアーゴム等を紹介され、使い方も目の前でやって見せていただいた他、動画を使って解説していただきました。軸保持・・・のための小道具でした。今回も、奥の手の連続で楽しい講義でありました。
 受講者の方は前回からの参加者が多かったのですが、「とにかく、前回の”右側臥位”で検査する・・・といった仲道先生の画期的な方法には驚いた。内視鏡をやる者の世界では、敗北の手技・・・みたいな、やってはいけない・・・という、悪しき概念が横行してきており、それらの呪縛の中で生きてきていた」とお話になりました。」
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー