HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
実地医家のための遺伝子検査で予防・治療する生活習慣病
−オーダーメイド医療の普及とネットワーク作りに参加を!−
【セミナー概要】
 究極の医療は、発症前にハイリスク症例を同定し、オーダーメイド(個別化)で予防的医療により発症を未然に防ぎ、健康寿命を維持することである。講師らは、生活習慣病(肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、歯周病など)の発症にかかわる多数の遺伝因子(遺伝子多型)を検索し、その遺伝子多型に対応した栄養素や生活習慣の改善法を提示するサービスを行っている。さらに、この生活習慣を被検者自身が実践することで、従来の生活習慣病に対する指導では得られない効果が3年間以上もの長期にわたり長く続くことを明らかにしてきた。この臨床支援サービスを日常、生活習慣病の診療に取組まれている実地医家にも導入・普及していただきたく、遺伝子検査と予防医療というオーダーメイド医療の意義と効果をわかりやすく解説するとともに、今後の検査や普及のネットラーク化を一層広め強くするための端緒とする機会にしたい。皆さま、奮ってご参加ください。

 希望される医家に、ご自身の解析結果を基に、生活習慣病予防をめざしたオーダーメイド医療を体験していただけます。”スキルアップ”まで、ご連絡ください。
10:00-12:00 
心筋梗塞、脳卒中・脳梗塞、動脈硬化等の疾患に対するオーダーメイド医療の意義とその実際
肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病、凝固系異常、免疫等の危険因子と遺伝因子の関連性や相互作用の解析。生活習慣病患者の血液検査所見と投与薬剤データの解析と検査値改善による治療とその実際について解説する。

13:00-15:00  
遺伝因子(遺伝子多型)検査結果に基づいた、生活習慣病予防を目指した“オーダーメイド食事・運動療法”について解説する。


詳細は http://www. signpostcorp.com
山概糎先生
■講師
山概糎 先生
(株式会社サインポスト 代表取締役;大阪大学発ベンチャービジネス/元 大阪大学大学院病態情報内科学 助教授)
<略歴>
1976年 大阪大学医学部卒業
1979-1981年 カナダ トロント大学へ留学
1982年 医学博士(大阪大学)
1987年 大阪大学医学部助手
1999年 大阪大学医学部助教授
2004年 株式会社サインポスト起業(非常勤取締役就任)
2008年 大阪大学先端科学イノベーションセンター招聘教授
2008年 株式会社サインポスト代表取締役
2013年 共創会 西梅田クリニック理事長
セミナー要綱
 セミナーNo
264
 開催日
2014年6月29日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
山概糎 先生(株式会社サインポスト 代表取締役;大阪大学発ベンチャービジネス/元 大阪大学大学院病態情報内科学 助教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/検査技師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第264回セミナー『遺伝子検査で予防・治療する生活習慣病』は盛会裏に終了しました。
 6月29日(日)に開催しました第264回医療技術セミナー『遺伝子検査で予防・治療する生活習慣病−オーダーメイド医療の普及とネットワーク作り』は盛会裏に終了しました。
 講師には、株式会社サインポストの代表取締役で、大阪大学先端科学イノベーションセンター招聘教授の山崎義光先生にお願いしました。山崎先生は、もともとは循環器領域ののお医師さんですが、サインポスト(道しるべ)は大阪大学発のベンチャービジネスの会社です。なお、山崎先生には、メディカル・コア時代以来、約7年振りのご登場です。
 講義の組立ですが、午前中は、オーダーメイド医療の意義とその実際で、^篥岨劼箸蓮↓遺伝因子としての遺伝子多型、生活習慣病を起こす遺伝子多型、遺伝子検査を用いた予防法でした。午後は、遺伝因子(遺伝子多型)の検査結果に基づいた、生活習慣病予防をめざしたオーダーメイド食事・運動療法(遺伝子検査の具体的な効能をたくさん挙げていただきました)、でした。
 まだまだこの分野での解明は進んでいるわけでもないようですが、でも分かっていることが着実に増えている・・・という状況のようです。病気によっては、遺伝因子、体質の要因が強い、大事な部分もあるようですが、逆に環境因子の方が大事なことも多く、そのためには、いろいろな疾患の事例をたくさんたくさん集めて解析事例を増やしていくことが肝心なようです。
 遺伝子解析というと、最近は血の繋がり?、親子関係の疑問、調査なども話題になっているようですが、分かったら分かったで、難しいことにもなる・・・のも事実だと思います。実はお医者さんとマスコミ関係者の方々は、あまり知りたがらない・・・・(笑い)のだそうです。
 山崎先生は、今後の可能性としては皆さん”がん”と”認知症”の体質・遺伝子的可能性についての心配が多くなるのではないでしょうか?遺伝子の方はそうそう変わるものでもないので、一度はお調べになったらいかがでしょうか?と仰言いました。一度きりでOKなのだそうです。費用は検査によって違うようですが、2万円から6万円までくらい・・・とのことだったかしら。
 質疑では、費用についての質問が最初に出ました。また、ネット受講者の方で、ネットではもどかしく思われたのでしょうか、直接、講師の方への質問の電話も参りました。終わった後の受講者の方は山崎先生との名刺の交換にも積極的で、恐らく今後の、患者さんから質問を受けたり、検査のオーダーが出た際のルート作りというか、ネットワーク作りも想定されていたのでしょう。主宰者の狙い通りのセミナーとなりました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー