HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
美容医療における患者の訴えを取り入れた治療戦略と手法(注入療法実技付)
−下瞼のたるみ・シワの治療 ヒアルロン酸・コラーゲン・ボトックス注入;本当は目元・口元の何を治せばよいのか−
【セミナー概要】
 美容外科を訪れる患者さんの多くが、“タルミを何とかして欲しい”、“顔全体を持ち上げて欲しい”という漠然とした希望を口にされます。また、目のクマが気になる、ほうれい線を消して欲しいといった、もう少し具体的な希望を述べられる方もいます。このように患者サイドの表現方法は様々な言い回しをとりますが、専門知識が十分でないため、往々にして患者側の思い込みとか印象といった心の問題とも取れる言葉として、発せられます。こうして、患者の言うことを忠実に実現しようとしたら、結果として、医師も患者も不満足で不幸な結果になってしまった、ということが時として起こります。患者サイドから発信される言葉を、その都度、専門家が使用する言葉に、翻訳していくことが、治療者の認識と治療後の満足度を上げ、治療全体の方向性を間違わないために必要ですし、そのためには、一定の指針が必要になると思います。疲れて老けて見えるのは何が原因なのか、若々しい印象を取り戻すには何をすればいいのか。基本となる戦略と注意点をできるだけ具体的に説明します。
 私の視点は、個人経営の小さなクリニックで何ができるのか、です。特殊な患者さんではなく、ほぼ全ての方を対象として何ができるのか、です。かかりつけ医として多くの患者さんをお持ちの先生方にも参考になるのではないかと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。
10:00-12:00 1.患者の主訴を理解し翻訳する
 目元・口元の改善を求めて来院される方の主訴を取り上げ、いったい何を、どこをどう改善して欲しいと言っているのか、解剖学的視点から解説します。また、どのような戦略の基に、どのような方法を使えば、お互いに満足のいく結果を得られる確率が上がるのか、注入材料の特性等も含めて、解説いたします。
13:00-15:00 2.実技デモンストレーション
 3名の患者モデルさんを例に、問題点・解決法を詳しく説明しながらの実技をご覧いただきます。ヒアルロン酸、コラーゲンなどのフィラー、ボトックスなどはすでに広く使われていますが、ちょっとした工夫でより自然に状態の改善が可能です。明日からの日常診療にすぐに役立つように、細かなポイントまで詳しく解説します。
関谷秀一先生
■講師
関谷秀一 先生
(関谷クリニック南青山 院長)
1988 東京大学理学部 卒業
1992 大阪大学医学部 卒業
1992 東京大学形成外科教室 入局
1992 竹田綜合病院 勤務
1993 東京大学付属病院形成外科  
勤務
1994 堀ノ内病院外科 勤務
1995 東京警察病院形成外科 勤務
1997 ニュージーランド・ミドルモア病
院形成外科 勤務
1998 東京警察病院形成外科 勤務
2002 医療法人整盛会クリニック
勤務
2003 関谷クリニック南青山開設,
現在に至る
セミナー要綱
 セミナーNo
43
 開催日
2010年4月11日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
東京八重洲ホール
(東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル)
 講師
関谷秀一 先生(関谷クリニック南青山 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第43回医療セミナー「美容医療における患者の訴え」は盛会裏に終了しました。
 4月11日に開催しました第43回医療セミナー「美容医療における患者の訴えを取り入れた治療戦略と手法」は盛会裏に終了しました。
 講師の関谷秀一先生は、美容では激戦区の青山地区で勝ち抜かれている先生です。大学も2つも出ておられ、かつ「日本における美容医療のメッカ」であります東京警察病院形成外科で鍛え上げられた兵(つわもの)です。
 講義は、美容医療における「注入療法」はすでに社会に広く浸透していると思われるものの、患者の訴えをどう受け止め、どう解釈・翻訳して、施術に反映していくのか・・・という点は、永遠の課題であると考え、その点を中心テーマに企画し、関谷先生にお願いいたしました。その点では関谷先生は粘り強く患者の主訴と副次的な訴えに耳を傾けていただける先生で、講義も実技も3名のモデルさんを相手に所期の目的どおりにお願いできました。
 ところで、講義の中で初めて知りえたことですが、注入療法にはこれまでコラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックス等が使われて来ましたが、ウシやブタ由来の培養法によるコラーゲンが生産が中止される中で、ヒト由来のものだけが残っておりましたが、ヒアルロン酸に比べて高価になり、実際には使われなくなっている、とのことでした。時代は確実に変わってきていることを実家案しました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー