HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
プライマリケアでできるペインクリニックのABC
−明日からあなたもやってみませんか?−
【セミナー概要】
 痛みは、ヒトが生活するうえで不可欠な感覚です。その感覚が無くなると生命が脅かされることとなります。一方、生活するうえで不必要・じゃまな痛みが続くと痛みだけでなく、抑うつ、不安や不眠など二次的な精神症状が伴うこととなり、結果、生活の質を下げてしまいます。じゃまな痛みを解決する診療部門にペインクリニックがあります。痛みを評価し、それに見合った治療を行うことで痛みを和らげ生活の質の維持・向上をめざします。治療法にはいろいろありますが、特に神経ブロック治療を中心に用いています。神経ブロックは、じゃまな痛みを和らげる、時に無くすために非常に有用な治療法となりえます。もちろん神経ブロックの種類によっては、熟練が必要な手法もありますし、重篤な合併症に結びつく手法もあります。一方、比較的に安全な少し踏込んだ神経ブロックを習得し施行することで、痛みが軽減し患者さんの生活の質が非常に改善することも多くあります。
 じゃまな痛みについて、その評価法また日常診療で安全に行いやすいかつ有用となりえる神経ブロック、明日から使える神経ブロックを中心に紹介させていただき、痛みとその治療について症例も提示し皆さまと検討できればと考えます。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 
10:00 - 12:00 ペインクリニックとは
  痛みについて/痛みの評価法/
  痛みの治療法(神経ブロック治療以外を中心に)

13:00 - 15:00神経ブロック治療について
  神経ブロック治療が良い適応となる疾患/
  日常診療で安全に行いやすい手技
田邉豊先生
■講師
田邉豊 先生
(順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック科 准教授)
"<略歴>
88年 北里大学医学部卒業 麻酔科入局
91年 国立立川病院麻酔・救急蘇生科
94年 順天堂大学医学部麻酔科学講座
99年 東京都立墨東病院麻酔科
01年 順天堂大学医学部ペインクリニック研究室
03年 順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座
07年 順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック 准教授
09年 順天堂大学附属練馬病院 緩和ケア室長

<資格>
麻酔科標榜医、麻酔科指導医、日本ペインクリニック学会認定医、日本頭痛学会専門医、日本緩和医療学会暫定指導医
"
山口敬介先生
■講師
山口敬介 先生
(順天堂大学医学部附属順天堂医院麻酔科・ペインクリニック科 先任准教授)
<略歴>
93年 順天堂大学卒業

<資格>
麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会認定医
セミナー要綱
 セミナーNo
270
 開催日
2014年8月17日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
田邉豊 先生(順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック科 准教授)
山口敬介 先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院麻酔科・ペインクリニック科 先任准教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第270回セミナー『ペインクリニックのABC』は盛会裏に終了しました。
 8月17日(日)に開催しました第270回医療技術セミナー『ペインクリニックのABC−あなたもやってみませんか?』は盛会裏に終了しました。
 講師には、順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科学ペインクリニック准教授田邉豊先生と順天堂大学医学部附属病院麻酔科学ペインクリニック先任受教授 山口敬介先生をお招きしました。このテーマでは、2年前に田邉先生にお願いして以来の開催です。
 講義の組立は、午前中が山口先生による、ペインクリニックとは?痛みの評価法等のペインクリニックの基礎と、神経ブロック注射以外の治療法、特に薬物療法について、午後は田邉先生により、神経ブロックによる治療法を取り上げていただきました。
 ペインクリニックが対象とする疾患を挙げてみると、がんに伴う痛み、膠原病に伴う血管炎や末梢循環障害による痛み、三叉神経痛、脊椎疾患(頚椎、腰椎)、頭痛・片頭痛、帯状疱疹後の神経痛、手術後や外傷による痛み、骨折後の長引く痛み、等でしたが、特に多いのは腰痛、肩こり、頭痛、手足の関節痛でした。あと、”痛い”のは一般には一刻も我慢ができないものですが、これが長引くと何も手につかなくなる状態や、うつ病につながったりして、仕事や勉強、日常生活に大きく影響を及ぼす・・ということが深刻なのだと思います。
 次に、どんな神経ブロック治療があるのかというと、まずは交感神経ブロックと近く神経ブロックという概念があり、交感神経ブロックには大きく分けて星状神経節ブロックと硬膜外ブロック(頸部・胸部・腰部)があり、知覚神経ブロックには三叉神経痛や手術後の痛み治療があるようです。
 講義では、午後の各種の神経ブロック治療について、注目されるところでしたが、田邉先生には、動画をたくさんご準備いただきまして、いろいろな部位への治療法、ブロック注射の打ち方や部位についてご紹介いただきました。なお、神経ブロック療法には危険が伴い技量が必要であることと、緊急に蘇生手当ができる施設・設備等が備えられた場所であることが求められることを強調されました。
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー