HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
ジェネラリストのための迅速診断と治療−シマウマ探しはするな
−限られた診療時間で最高の診療を!−
【セミナー概要】
 私たち医師はゆっくり考えて決断することはまれです。次から次に来院する患者さんを診療しながら、瞬時に最善と思われる決断を下していかなければなりません。熟考より反射的な判断が重要です。一生に一度しか出会わない珍しい病気(シマウマ)を探すのではなく、緊急性がある疾患や頻度の高い病気から考える習慣を身につけることが大切です。
 近年ではエビデンスに基づいたガイドラインがたくさん出ているため、専門外でもガイドラインに沿った医療を行わなければ、その医師はスタンダードな治療を行わなかったと判断されます。瞬時に正しい判断をする能力はトレーニングで鍛えることができます。これを養えば、臨床経験の少ない医師もベテラン医師並みの臨床能力を発揮することができるでしょう。 
 皆さま、奮ってご参加ください。
10:00-12:00 クイズ:シマウマ探しはするな!
 頻度が高い疾患を中心に、クイズ形式で楽しく迅速診断&治療を学びます。短時間に的を絞って行う「攻める身体所見」も実演します。参加者は聴診器を持参のこと。

13:00-15:00 教育症例を用いた診断推論のトレーニング
 症状と身体所見、限られた検査所見だけから鑑別診断を絞り込んでいきます。グループで相談しながら診断推論力を鍛えます。頭がクタクタになるケースカンファレンスです。
山中克郎先生
■講師
山中克郎 先生
(藤田保健衛生大学附属病院救急総合内科 教授)
<専門>
総合診療、救急総合診療、研修医教育
<略歴>
85年 名古屋大学医学部卒業
85年-87年 名古屋掖済会病院研修医
87年-94年 名古屋大学医学部大学院
89年-93年 バージニア・メイソン研究所(米国シアトル)研究員
95年-98年 名城病院内科
98年-00年 国立名古屋病院血液内科
99年-00年 カルフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)一般内科
00年-06年 名古屋医療センター総合診療科(旧 国立名古屋病院総合内科)
06年-10年 藤田保健衛生大学一般内科/救急総合診療部 准教授
10年10月−現在 藤田保健衛生大学 救急総合内科 教授
<著書>
「ERの哲人」(CBR)
「救急・総合診療スキルアップ」(CBR)
「ダ・ヴィンチのカルテ」(CBR)
「外来を愉しむ 攻める問診」(文光堂)
「UCSFに学ぶ できる内科医への近道」改訂4版(南山堂)
「逆引き みんなの医学書」(祥伝社)
<専門>
 研修医教育、救急総合診療
セミナー要綱
 セミナーNo
269
 開催日
2014年8月3日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
山中克郎 先生(藤田保健衛生大学附属病院救急総合内科 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
 質疑応答
質疑応答集(PDFファイル)
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第269回セミナー『迅速診断と治療:シマウマ探しはするな』は盛会裏に終了しました。
 8月3日(日)に開催しました第269回医療技術セミナー『ジェネラリストのための迅速診断と治療:シマウマ探しはするな−限られた診療時間で最高の診療を!』は盛会裏に終了しました。
 講師には、藤田保健衛生大学救急総合内科 教授 山中克郎先生をお招きしました。care net等でご活躍の総合診療の領域ではご高名な講師です。有名な沖縄の県立中部病院で宮城セイシロウ先生の薫陶を受けられ研修された後、血液内科医を出発点に、総合診療畑を歩いてこられた方です。特に、沖縄県立中部病院の研修システムは、徳田安春先生を始め、たくさんの人材を輩出したことで知られておりますが、身体所見や症状を大事にして出発するアメリカ式の研修システムを採用した画期的な研修施設であるようです。
 まず、セミナーのタイトルの説明からですが、「限られた診療時間で最高の診療を!」というのはそのまま受け止めたら当然のことですが、普通、1つの症状を前にして、一番重い疾患から鑑別していく手法を取る医師は多いと思われますが、的確に診断していくことの重要性を強調していることだそうです。因みに”シマウマ”というのは、めったに遭遇しない疾患のことをアメリカでは”zebra”、つまりシマウマと表現するとのことです。(錯視の世界ではシマウマの集団の中の縞模様?の認定は有名な話ですが)。
 講義の組立ですが、午前は、遭遇頻度が高い疾患を中心に、20問のクイズ形式で楽しく迅速診断と治療を学ぶ ということでお話いただきました。特に、モデルさんを相手に、短時間に的を絞って行う「攻める身体所見(の問診)」とのスローガンのもと、”心臓の診療”の実演を行っていただきました。またクイズ形式での討議のテーマは、圧迫骨折、単純性膀胱炎、脳卒中の前触れ、風邪症候群、下肢の痙攣?、デパスの使用上の注意、生焼けの鶏肉からの感染症、VitaminB1や12の欠乏症、心筋梗塞の2次予防、長く続く咳、下痢症状、失神、脳梗塞の予後と治療法、逆流性食道炎(GARD)、便潜血反応、手指のしびれ、貧血、高尿酸血症、心不全悪化の原因、敗血症、などでありました。
 午後の講義は、。吋月前からの歩行時の息切れ、⊆鎖澄↓めまい、を中心に、グループ討議とディスカッション形式での絞込み、を行うとっても有意義で楽しい講義となりました。
 質疑には、会場からもネット視聴者からも相次ぎました。残されていたアンケートにも、「非常に良いお話であった」と有りました。 
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー