HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー > 終了したセミナーの報告と開催の模様

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー終了報告
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
終了セミナー一覧に戻る
役立つ腹部エコースクリーニング;泌尿器系と婦人科系
−腎臓・尿管・膀胱・前立腺・子宮・卵巣・腹部大血管を1回の検査でみる−
【セミナー概要】
<開催のねらいとお誘いの言葉>
 腹部エコースクリーニング検査で膀胱や骨盤腔内までをルーチンでみる施設はあまりないように思われます.しかし,腎臓と膀胱は尿管で交通していることを考えれば,1回の検査で腹部全体をみるのがreasonableではないでしょうか.このことを長い間,実証してきたのが「”の”の字2回走査法」です.本法は肝臓から膀胱までの腹部全体を系統的に合理的にみていく走査法です.その中で今回,泌尿器系・婦人科系・腹部大血管についてクローズアップし,疾患をどのように捉え検査を進めていくかについて、経験を基に症例を呈示し解説したいと思います.その後、講師と同一認識でこの走査法に携わっているスタッフが本法の良さについて実技指導致します.
 この機会に是非,ご参集賜りますようご案内申し上げます.
■講演プログラムおよび要旨(受講者各位の録画・録音は固くお断り申し上げます)

10:00-12:00 泌尿器系について
  総論 : 「“の”の字2回走査」により上腹部・下腹部の走査      手順を解説
  各論1 : 腎・尿管・膀胱・前立腺の走査と正常像およびチェ      ックポイントと症例呈示
12:00-13:00 昼食・休憩
13:00-14:00 腹部大血管と婦人科系について
  各論2 : 子宮・卵巣・腹部大血管の走査と正常像およびチェ
      ックポイントと症例呈示
14:00-15:00 実技講習
  腹部エコーの走査手順 「“の”の字2回走査」について実技  指導;腎・尿管・膀胱・前立腺・子宮・卵巣・腹部大血管の  走査法について
杉山高先生
■講師
杉山高 先生
(浜松南病院画像診断部 顧問)
1967年より藤枝市立総合病院 放射線科勤務ののち超音波科を設立。超音波科長、診療技術部長を経て、2000年 科学技術庁長官賞受賞、退職後、静岡県志太医師会検診センターで「エコーによる多臓器癌健診」を立上げる。2006年 ケアネットTVによる「”の”の字2回走査法で出来る「超音波手技大原則」、腹部全臓器と乳腺・甲状腺の走査法を動画像で全11回に収録。放送後4巻のDVDをリリース、現在に至る。

著書に「腹部超音波断層マニュアル」(秀潤社)、「実践腹部エコー」「体表エコーの実践」「腹部エコーの実学」「表在エコーの実学」「ひと目でわかる腹部・消化管エコー “実践編”」「ひと目でわかる腹部・消化管エコー実習テキスト”基礎編”」ともに(医療科学社)「全科救急エコー”虎の巻”」「腹部カラードプラ”虎の巻”」(ともに井上書林) ほか
セミナー要綱
 セミナーNo
103
 開催日
2011年4月17日(日) 10:00〜15:00
 セミナー会場
東京八重洲ホール
(東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル)
 講師
杉山高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/検査技師
終了したセミナーの報告と開催の模様
■第103回セミナー「腹部エコー検査 泌尿器系・婦人科系」は盛会裏に終了しました。
 4月17日(日)に開催しました第103回医療技術セミナー「明日からの日常診療にすぐに役立つ腹部エコー検査 腎臓・尿管・膀胱・前立腺・子宮・卵巣・腹部大血管(泌尿器系・婦人科系)」は盛会裏に終了しました。
 講師は、「”の”の字”の”の字の2回操作法」で高名な、かつ Care Netでもご活躍中の浜松南病院画像診断部顧問杉山高先生にお願いしました。
 これまでは、腹部エコーであっても、泌尿器科系や婦人科系は消化器系に押されてなかなか企画の機会が少なかったのですが、また エコー領域の医療セミナーはたくさん企画・運営されている現状で、検査技師やコ・メディカル向けのセミナーも多数開催されている中で、他と差別化するために、泌尿器科系と婦人科系の検査を一回で診てみようということで、今回は企画させていただきましたが、多数ご参加いただきました。
 講義は、午前に腎臓、膀胱、前立腺の講義とそれらに関連する疾患の動画、午後には子宮、卵巣と腹部大血管の講義とそれらの領域に関連する動画の供覧が、初心者の方にも分かりやすく行われました。
 その後、皆さん、待ちに待ったエコーの実技に移り、男女のモニターさんを相手に、皆さん、一生懸命に取り組んでおられました。
 実技中に、ネット中継で受講されている方から、杉山先生の過去のセミナーで課題になっていました 幣嘆輯疋┘魁爾任痢肪鄂發鯢曾个靴童せよという要望と◆平嫗,痢妨腹膜の描出のやり方を見せよという要望も来て、杉山先生は繰り返しカメラを気にしつつ実演されておりました。
 セミナーの感想を幾人かにお願いしましたところ、「来て良かった。良い勉強になり目からウロコが落ちた気がする」とは山形県からの受講者さん。「講義はちょっと眠たかったけど実技は大変参考になった」と東京の先生。最後は講師の方と記念写真を撮られてうれしそうに帰られました。
 
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー