HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
530 件中 [61-70] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
実地医家のための進化し続ける肝炎診療
−ご存知ですか最新の肝炎治療;次々と登場する薬剤−
鈴木義之先生
■講師
鈴木義之先生

(虎の門病院肝臓内科 部長)
【セミナー概要】
開催のねらいとお誘いの言葉

 B型、C型肝炎をはじめとするウイルス性肝炎は国民病と言われ続けてきたが21世紀になり長足の進歩を遂げてきた。診断技術の向上とともに治療薬の開発も目覚ましい速度で進み多くの患者さんを救うことができる時代となった。B型肝炎では核酸アナログにより多くの患者さんたちは肝炎の再燃の恐怖から解き放たれ、C型肝炎においては、90%を超えるウイルス排除率が達成しうる時代となった。
 しかしながら、どちらの肝炎も未だ解決しきれていない問
題点が多数存在する。放置される未治療患者の数の多さ、長期化する薬剤投与の問題、発癌抑止に本当につながっているのか、等々である。
 今回の医療技術セミナーでは、次々と登場する薬剤をいかに使いこなしていくかを中心に上記のような問題点に対する対策を取り上げ、実臨床に役立つプログラムを構成した。
 多くの先生の参加を期待したい。
 開催日
2018年3月21日(水) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
鈴木義之 先生(虎の門病院肝臓内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
ケトン体に関する新知見/皮膚科領域におけるケトン体生活の有用性(ケトン食と健康講演会ぁ法 
−ケトン体生活のすすめ/アトピー皮膚炎治療における“脱”ステロイド療法を含めて−
宗田哲男先生
■講師
宗田哲男先生

(市原市・宗田マタニティクリニック 院長)
【セミナー概要】
 近年、ケトン食が、重症てんかんの治療に保険適応になり、MCTオイル入りのケトン食が、高齢者の認知能力の向上に役立つことや抗がん効果を持つことが次々と明らかになってきています。ケトン体を正しく理解できないために、糖質過多の生活が多くの病気の根源であるのに、何もできないのが今の医療の現状です。ケトン体を理解して、それを利用する手段を探求していくと、今までには考えられなかった地平が見えてきます。主食の改革や、バターコーヒー、MCTオイルなど健康長寿のための、新たな切り口を紹介しましょう。
 半世紀以上前からアトピーの専門家はアレルギーをアトピー性皮膚炎(AD)の主犯と据えて研究を重ねてきましたが、未だ効果的な予防戦略は見いだされていません。ステロイド外用剤使用が主体の標準治療も一時的な緩和をもたらすだけで治癒ではないのです。有病率でみるとわかりやすい。大半が乳児期に発症するADの有病率は今も昔も約30%と変わりません。問題なのは、昔は幼少児期には治っていたものが、近年は成人になっても治癒しない症例が激増していることです。ステロイドの濫用が原因の一つであると指摘されています。そのため多くの患者は標準治療を忌避します。他の標準治療ではみられない異常な高い忌避率です。最近では脱ステロイド治療が標準治療より優れているという研究結果が報告されています。これまでの治療とは異なる視点からみた対策すなわち脱保湿、脱ステロイド、入浴制限で皮膚バリア機能を改善し、ケトン体生活で炎症反応そのものを制御してADを克服する治療法について解説します。
 開催日
2018年3月18日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
宗田哲男 先生(市原市・宗田マタニティクリニック 院長)
藤沢重樹 先生(医療法人社団アップル会 藤澤皮膚科 理事長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
日常診療でよくみる神経疾患患者への対応
−アプローチの仕方と神経診察の実際−
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 頭痛、めまい、しびれ、筋力低下、歩行障害などの神経症状を主訴に来院される患者さんは少なくないと思いますが、プライマリーケアで大切なことは来院時の症状は軽くても、直ちに治療を開始すべき疾患を見落とさないことです。例えば、脳血栓症は症状が段階的に悪くなることが特徴ですので、症状が軽いからといって帰宅させると、翌日に意識レベルが低下したり、手足の麻痺が強くなることがよくあります。実地医家の先生方の場合はすべての患者さんに初診時から画像検査を含めた詳しい検査をするのは無理と思いますので、患者さんの訴えから早急に精査や治療が必要な状態かどうかを判断することが大切になります。
 今回の医療技術セミナーでは日常診療でよく遭遇する神経症候の例を取り上げて、病歴聴取のポイントや神経診察のコツを解説したいと思います。診察方法については前回と同様に模擬患者さんで実践する予定です。どんな神経症候の患者さんであっても基本的なアプローチの仕方が理解できていれば、重大な病気の見落としも少なくなります。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年3月11日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
実地医家のための 種々の臨床病理的背景下におけるIgA腎症の特徴と治療
−東京女子医科大学の1000例超のデータベースの30年予後の解析より−
森山能仁先生
■講師
森山能仁先生

(東京女子医科大学腎臓内科 准教授)
【セミナー概要】
 日本の透析患者は右肩上がりで増加し続け、2011年には30万人を超え2015年末には32万5千人となっております。IgA腎症は
糖尿病性腎症に次いで2位の透析導入の原疾患である慢性糸球
体腎炎の多くを占めるといわれております。比較的緩徐に進行する疾患ですが、20〜30歳代の若年に好発するため長期にわたって患者さんに寄り添い外来診療を続けていくことが、実地医療に求められています。その臨床背景は多岐にわたり、軽微な血尿もしくは蛋白尿だけの軽度な症例から、ネフローゼ症候群を来すような症例、急速に進行し腎機能低下を伴う症例や高齢発症する症例など様々です。どのような症例でも的確な治療により寛解に持ち込むことや進行を遅らせ腎不全への進行を回避・遅延することが重要です。
 今回の医療技術セミナーでは種々の臨床背景下による症例の特徴を捉え、どのような治療が適切か、今後の実地医療に役立てていただくことを目的にお話しします。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年3月4日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
森山能仁 先生(東京女子医科大学腎臓内科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
実地医家のための  今年のインフルエンザ対策:その診断と治療
−インフルエンザの時期の外来発熱診療のコツ/インフルエンザにかかった医療スタッフと休職指導について−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学医学部附属病院感染症内科 准教授/兼 神戸大学都市安全研究センター 准教授。)
【セミナー概要】
 インフルエンザは、日本では毎年冬に流行するウイルス性疾患です。しかし、発熱や関節痛といった非特異的な症状が主となるため、ときに致命的な疾患を見逃してしまう事も少なくありません。インフルエンザの診断およびインフルエンザと間違えやすい疾患の診断およびプライマリ・ケアの現場での対処法について概説します。また誤解されている迅速検査の限界を含め現場でどのような診断が可能か実例をお聞きしながらお話しします。
 さらに感染対策として多くの教科書には「インフルエンザにかかった医療スタッフは休みましょう」とうたってありますが、実際に感染した医療スタッフをどのように休業させるのかも法律の側面からは難しい点があります。インフルエンザを患者さんに移さないためにも実際の状況などを例にとり感染対策についてお話しします。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年2月18日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
大路剛 先生(神戸大学医学部附属病院感染症内科 准教授/兼 神戸大学都市安全研究センター 准教授。)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
花粉症・アレルギー性鼻炎の診断と治療
−舌下免疫療法の理論と実際−
松根彰志先生
■講師
松根彰志先生

(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 花粉症、アレルギー性鼻炎は、日常生活の質に重大な影響を
与える、国民の3割以上が罹患している国民病です。間もなく
3月にはスギ花粉症がやってきます。そこで、診療科を超えて
患者さんのためにできることを具体的に、最新の情報も含めて
お話したいと思います。きっと明日からの日常診療にお役に立
つと思います。
 前回の345回セミナー(’17年7月)にも、花粉症・アレルギー性鼻炎やその周辺の話題についてお話ししましたが大変興味を持っていただいたとのことですので、今回は『花粉症・アレルギー性鼻炎の診断と治療◆歙絏写髪嵶屠,陵論と実際』と題して、内容をかなりリニューアルして行わせていただきます。前回ご参加いただいている先生方にもされていない先生方にも、どなたにもわかりやすく、かつ お役にたつよう準備しますのでふるってご参加下さいませ。
 お待ち申し上げております。
 開催日
2018年2月12日(月) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師/検査技師
セミナー終了報告
高齢者診療における”喉を鍛える”
西山耕一郎先生
■講師
西山耕一郎先生

(横浜市南区・西山耳鼻咽喉科医院 院長、東海大学 非常勤教授)
【セミナー概要】
 日本人の死因第3位にランクインし、着々と死亡者数が増えている肺炎。肺炎で亡くなった人の話を身近で耳にする機会も多く、シニア層にとって肺炎対策はもはや誰もが避けて通れない問題といっていいだろう。だが、医療が進歩した現代社会でなぜ肺炎なのか? そこには「のどの老化」が密接に影響していた。
 今回の医療技術セミナーでは、のどが老化していく仕組みと、のどの老化が招く「誤嚥性肺炎」、さらに飲み込み力を高める対応法、トレーニング法を具体的にわかり易く紹介する。
 皆さま、奮ってご参加ください。



西山耕一郎先生
<著書>
「高齢者の嚥下障害診療メソッド」(2014年/17年2月)
「肺炎がいやなら喉を鍛えなさい」(2017年5月)

 開催日
2018年2月11日(日) 15:30〜17:30
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
西山耕一郎 先生(横浜市南区・西山耳鼻咽喉科医院 院長、東海大学 非常勤教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職
セミナー終了報告
実地医家のための見逃してはいけない神経内科領域の疾患とその症状・病態3
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太先生

(横浜新都市脳神経外科病院内科認知症診断センター 部長/藤田保健衛生大学病院救急総合内科 客員教授)
【セミナー概要】
 診療科を問わず、疾患にはスタンダードなものから稀なものまであり、臨床の場では、必ずしもスタンダードなケースばかりを経験するわけではない。典型的な経過を辿り、典型的な症状のみ認める症例であれば、そう診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の症例や稀な疾患を1st touchで診た場合、なかなか正診に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供書などを見て吃驚したこともあるのではないだろうか。
 神経内科領域では、そうした特殊な非典型的病態を示す症例の中に、致命的な経過をとる疾患や重篤な後遺症をもたらす疾患が紛れ込んでいる頻度が高い印象を持つ。
 本医療技術セミナーでは、代表的かつ臨床で良く経験する疾患は勿論、これと似た症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならない疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮する疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただき、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年2月11日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
眞鍋雄太 先生(横浜新都市脳神経外科病院内科認知症診断センター 部長/藤田保健衛生大学病院救急総合内科 客員教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
高齢者診療における必修項目! 実地医家のための脳卒中・認知症と高齢者てんかん
−超高齢化社会における、これからのてんかん診療−
玉川聡先生
■講師
玉川聡先生

(たまがわクリニック 院長)
【セミナー概要】
 てんかんは“こどもの病気”と考えられることが多く、高齢者てんかんはあまり注目されてきませんでした。しかし、近年の急速な高齢化にともない、高齢者てんかんがてんかん診療の大きなウエイトを占めるようになってきました。
 高齢者てんかんは脳卒中やアルツハイマー型認知症などによる大脳病変が原因として生じることが多く、特発性てんかんの割合が高い小児てんかんとは大きく異なります。また、高齢者では意識を失い全身をけいれんさせて泡を吹くといった病態ではなく、動作が停止したりフラフラと歩き回ったりといった非けいれん性発作を呈することが多くみられ、その時の記憶がないことから認知症と誤認されることが少なくありません。
 今回の医療技術セミナーでは、「脳卒中・認知症と高齢者てんかん」と題し、高齢者診療の場で生かせる知識や情報を満載してお届けします。高齢者を診ている方々、てんかんについて学び直しませんか? 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年2月4日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
玉川聡 先生(たまがわクリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
下肢静脈瘤の次世代治療
−日帰りストリッピング手術、血管内焼灼術からNTNTまで−
阿保義久先生
■講師
阿保義久先生

(北青山Dクリニック 院長)
【セミナー概要】
 20世紀初頭に確立された下肢静脈瘤の根治的手術であるストリッピング手術は100年にわたって標準治療として君臨してきたが、21世紀に入って硬化療法、高周波治療、レーザー治療など低侵襲治療が急速に普及し、かつ治療モダリティーも複数選択できるようになった。2014年以降は保険診療下で治療効果の大きいモダリティーを用いた低侵襲治療が可能となったため患者にとっては望ましい治療環境が整ってきた。それにより、下肢静脈瘤は手術リスクや大きい入院負担のために治療を諦めていた多数の下肢静脈瘤患者が、負担の少ない日帰り治療(外来治療)を選択するケースが大幅に増えた。実際に国内における昨今の下肢静脈瘤治療数はここ数年で急増している。
 良性疾患ではあっても進行性の疾患であり重症化の可能性もある下肢静脈瘤は、他の進行性疾患と同様に早期に治療を実践することが理想的であることから、罹患人口に見合う多くの臨床医がその診療を日常的に実施できるようになることが求められる。
 今回の医療技術セミナーが多くの臨床家にとって有意義な情報源となることを望む。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年1月21日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
阿保義久 先生(北青山Dクリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
530 件中 [61-70] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー