HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
598 件中 [461-470] を表示 前の10件  37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 次の10件
創立 3周年記念謝恩企画1 褥瘡のラップ療法・開放性湿潤療法(OpWT) (床ずれパッド作製の実演付)
−在宅医療を支援する!−
鳥谷部俊一先生
■講師
鳥谷部俊一先生

(大崎市民病院鹿島台分院 診療部長)
【セミナー概要】
 超高齢社会を迎え,病院,施設,在宅を問わず褥瘡対策が大きな課題となっております.この十数年間に多くの知見が集積され,褥瘡の予防治療は飛躍的に進歩しました.1996年に講師が発案した“ラップ療法”は,だれでも簡単にできる処置法(開放性湿潤療法)に進化しました.2008年には医療用ドレッシング(モイスキンパッド)が発売され、ラップ療法の可能性を広げました.第11回日本褥瘡学会学術総会(2009年)のラップ療法シンポジウムでは,大会場の参加者を前に白熱した議論が展開されました.学会はラップ療法検討委員会を設置し,ガイドラインにおけるラップ療法の位置づけの検討に着手しました.ラップ療法に対する関心が全国的に高まる一方で,不確実な知識でラップ療法を行うことに不安を感ずる方々も多いと思われます.講演会では,講師の褥瘡治療経験(1500例)をもとに,ラップ療法の歴史,理論,手技,治療例などについて楽しく解説しますので,受講後は「明日からの褥瘡診療・治療が楽しみになる」ことは間違いありません.多くの医療関係者にご参加いただき,褥瘡でお悩みの患者家族のもとにラップ療法の正しい知識をお届けすることができれば幸甚です.
 床ずれのラップ療法−在宅アタマの褥瘡対策−(床ずれパッド作成実演つき)
 開催日
2012年3月20日(火) 10:00〜12:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
鳥谷部俊一 先生(大崎市民病院鹿島台分院 診療部長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/介護技術
■対象: 医師/看護師/介護職/保健師
セミナー終了報告
安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法
−〜開業医でどこまでできるか?〜見逃さない観察法/失敗しないワンパターンメソッド/リピーターを生むフォローアップシステム−
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
全国の徳洲会病院で大腸内視鏡医を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者である講師が、いままでおよそ2万個の大腸ポリープを無事故で切除したポリペクトミーのワンパターンメソッドを伝授する「安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際」と「新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法」を、動画や実際の内視鏡を駆使して、すべてのテクニックを公開し、その技を伝授します。奮ってご参加ください。
(1月29日に同講師により好評裏に開催されました「大腸内視鏡における『水浸法』による大腸疾患」の検査と診断」の続編で、講評により急遽企画しました。もともとこの日に開催が予定されておりました「便秘と各種の大腸疾患は」、5月27日(日)の午前に変更させていただきました。)
 開催日
2012年3月11日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/手術
■対象: 医師/看護師/放射線技師
セミナー終了報告
上部消化管(食道、胃)における早期癌のX線・内視鏡検査と読影のコツ
長浜隆司先生
■講師
長浜隆司先生

(財)早期胃癌検診協会中央診療所 所長)
【セミナー概要】
 上部消化管X線・内視鏡検査は食道癌、胃癌のスクリーニング検査として全国で広く行われている検査法です。X線では高濃度低粘性バリウム製剤の開発やX線機器デジタル化を中心にした進歩、内視鏡では機器の高画素化や画像処理(NBI、FICE等)法の開発により画像精度は飛躍的に進歩していますが、依然としてX線では30〜40%、内視鏡では20%前後の偽陰性癌が存在すると最近のデータでも明らかになっています。このような見逃しを避けるためにも食道癌、胃癌の基本的なX線・内視鏡検査方法や所見を十分に熟知する必要があります。今回の医療技術セミナーではX線、内視鏡の基本的な検査方法や病変の存在診断、質的診断、見逃しを防ぐX線、内視鏡検査のコツを豊富な症例を提示し、分かりやすく解説いたします。消化器専門の先生のみならず、専門外の多くの先生方の参加をお待ちいたしております。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年3月4日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
長浜隆司 先生(財)早期胃癌検診協会中央診療所 所長)
小田丈二 先生(東京都がん検診センター消化器科 医長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
腹痛をともなう胃・腸病変のエコー検査(腹部エコー+消化管エコー)
−胃・小腸・虫垂・大腸疾患(炎症性腸疾患を含めて)−
杉山高先生
■講師
杉山高先生

(浜松南病院画像診断部 顧問 )
【セミナー概要】
<開催のねらいとお誘いの言葉>
 最近,腹痛をともなう胃腸病変のエコー検査に関心が高まっています。これらの胃腸病変の検査も一つの流れに沿った走査が大切です。私たちは以前より腹部全臓器を診る走査を「”の”の字2回走査法」と称し、腹部エコーのマルチスキャンの重要性を提唱してきました。今回の医療技術セミナーではこの簡便な走査を系統的に解説し症例を交え実践的なお話を致します。その後、専門家による本法の実技について習得していただきます。この機会に日頃の肝・胆・膵エコー検査に加え消化管への領域拡大に,また検査精度のさらなる向上を図っていただき、人に優しい,情報の確かなエコー検査技術を習得され、明日の診療に是非、お役立ていただきたく存じます。
 どうぞ皆様奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
 開催日
2012年2月26日(日) 10:00〜15:30
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
杉山高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問 )
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
グローバルヘルスの視点から見た感染症(特別企画;DDOとの共催))
−。咤腺劭咫'03年・中国)から最近の感染症の話題まで/病院・クリニックの感染症対策−
浦島充佳先生
■講師
浦島充佳先生

(東京慈恵会医科大学小児科 准教授 /総合医科学研究センター公衆衛生学 分子疫学 准教授)
【セミナー概要】
。咤腺劭咫'03年・中国)から最近の感染症の話題まで 
 2002年から2003年にかけ、中国で発生したSARS(重症急性呼吸器症候群、新型肺炎)は医療関係者に大きな衝撃を与え、流行期間中にはWHOが世界規模の警報を発する事態へと発展しました。また、2009年の新型インフルエンザの流行も記憶に新しいところです。海外が発生源の感染症であっても、交通網がきわめて発達した現代は、瞬く間に世界的規模の流行が引き起こされる危険をはらんだ時代であると言えます。こうしたことから、日常的な医療・介護現場においても、「グローバルヘルスの視点」が強く求められるようになっており、これに立った正しい看護・介護の知識と技術が不可欠であると考えられます。
 本セミナーでは、豊富な実例に基づき、グローバルな視点から見た現場のあり方について、わかりやすく解説をしたいと思っております。




このセミナーは、会場にLANの設備がありませんのでLIVE中継は出来ませんが、2月22日(水)以降、オンデマンド配信と復習用のDVDの頒布を行い(@3,000円)ます。
 開催日
2012年2月18日(土) 13:30〜16:30
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
浦島充佳 先生(東京慈恵会医科大学小児科 准教授 /総合医科学研究センター公衆衛生学 分子疫学 准教授)
小山 智弘  先生(株式会社サンエイ 代表取締役)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職/保健師
セミナー終了報告
食物アレルギーの基礎と臨床
−各種疾患との関連や日常生活上の諸注意−
宇理須厚雄先生
■講師
宇理須厚雄先生

(藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院小児科 教授)
【セミナー概要】
 過去10年間で食物アレルギーの治療や社会的対応において大きな変化がみられました。まさに食物アレルギー治療変革の10年といっても過言ではありません。
 本医療技術セミナーでは食物アレルギーの治療と社会的対応のポイントを食物アレルギー診療ガイドラインに基づき解説します。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年2月12日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
宇理須厚雄 先生(藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院小児科 教授)
近藤康人 先生(藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院小児科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査/薬剤
■対象: 医師/看護師/薬剤師/検査技師
セミナー終了報告
実地医家にできる糖尿病の薬物療法とインスリンの外来処方(症例検討含)
−インクレチン関連薬導入後 2年間のまとめ と、インスリンの外来処方−
内田大学先生
■講師
内田大学先生

(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
【セミナー概要】
 現在、経口糖尿病薬は6種類が臨床で使用されている。これだけ種類が増えると、患者の病態を考慮して適切な薬を選択する必要がある。我が国の2型糖尿病は従来からインスリン分泌低下が主体と考えられていたが、近年の生活習慣の欧米化により小太りのインスリン抵抗性が強い症例も増えてきている。どのような切り口で患者の病態を判断し、どのような薬剤を選択するべきなのかをわかりやすく解説する。特に2年前から我が国でも臨床使用できるようになったDPP4阻害薬とGLP-1受容体アゴニストは糖尿病治療に大きな変革をもたらした。これらの薬剤の使用経験と症例についても解説をする。
 インクレチン関連薬が使用できるようになった現在でも、インスリン治療の重要性が変わったわけではない。現在でも、インスリン導入が遅れて合併症が進行した不幸な症例を作らないようにすることが重要である。近年、インスリン製剤やペン型注射器は進歩し、自己血糖測定の器具も改良が進み、インスリン導入の垣根が低くなった。もはや外来でインスリン導入することが一般的になっている。特に実地医家にも簡単にできるインスリン導入法として、従来の経口薬治療に持効型インスリン1回打ちを併用するBOTを解説する。BOTをきっかけにインスリン治療を身近なものとしていただき、早期インスリン導入が普及されることを期待したい。

<ご注意>
午前中の「糖尿病の処方薬に依存しない治療」にもご出席になる受講者にはお弁当をご準備しますので、できるだけ事前に受講の登録をしてください。)
 開催日
2012年2月5日(日) 13:00〜15:30
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
内田大学 先生(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/介護職/保健師/薬剤師/管理栄養士・栄養士/検査技師
セミナー終了報告
糖尿病の薬物に依存しない治療法(健康食品等を使った体質改善による治療)
−代謝からインクレチン、そして新しい治療法へ〜いま一度 糖尿病を考える −
弘田明成先生
■講師
弘田明成先生

(あざみのヘルスクリニック 院長)
【セミナー概要】
毎年のように糖尿病患者が増え続け、近年では専門外
来だけでなく一般外来でも糖尿病診療がかなりの部分
を占めるようになっています。糖尿病治療に忙殺され
るあまり、なぜインスリンの働きが不十分だと糖尿病
になるのか、なぜ多彩な合併症が現れるのかといった
病因、病態などをじっくり考える時間も十分ではない
のが現状でしょう。インクレチン関連の新しい経口血
糖降下剤のみならず数々のインスリン製剤も次々上市
され、糖尿病治療もかなりオーダーメイド傾向になっ
てきていると言っても過言ではありません。今後さら
にiPS細胞などの登場により糖尿病治療はますます進歩
するものと期待されています。

<ご注意>
午後の「糖尿病の薬物治療」にもご出席になる受講者にはお弁当をご準備しますので、できるだけ事前に受講の登録をしてください。
 開催日
2012年2月5日(日) 10:00〜12:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
弘田明成 先生(あざみのヘルスクリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
外傷、熱傷、爪のトラブル、フットケア(特別企画;DDOとの共催)
和田浄史先生
■講師
和田浄史先生

(川崎協同病院外科 科長)
【セミナー概要】
 訪問看護や介護、施設の利用者へ日常的に接する上で、小さな傷や火傷、表皮剥離、巻爪などに対する適切なファーストエイドは、知っているのといないのとでは、大きな違いに発展することがあります。
 外科の先生に診てもらうほどではないけれども、ある程度きちんとした処置をしておく必要があると感じることは多いのではないでしょうか。
 こうした時、正しい処置を行えることと、自分の手を離して専門家にゆだねるべき境界・限界を知っておくことは、現場で患者・利用者の方々に接する看護師にとって、必要不可欠な課題であると言えます。
 また、介護士にとっては、状況を正しく把握し、理解して、適切に看護師や医師に伝えることのできる知識や心構えが必要です。
 今回のセミナーは、これまで苦手だった小外科領域の処置や、あいまいだった知識について、自信を持って対応できるようになるため、現場で仕事をする人がぜひ見につけておきたい理論、知識、技術を身につけていただく絶好の機会です。看護や介護に直接携わる方々にとって、明日からすぐに役立つ内容を学んでいただけることと思います。
 皆様ふるってご参加ください。

(このセミナーは、会場にLANの設備がありませんのでLIVE中継は出来ませんが、2月8日(水)以降、オンデマンド配信と復習用のDVDの頒布を行い(@3,000円)ます。Live中継はできませんが、6日午後よりオンデマンド配信を行います。ご期待ください。)


 開催日
2012年2月4日(土) 13:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
和田浄史 先生(川崎協同病院外科 科長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職
セミナー終了報告
大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者が、大腸内視鏡挿入の理論と実践のための動画を駆使して挿入テクニックのすべてを公開します。少ない症例経験で短期間に安全で無痛の大腸内視鏡をマスターできます。大腸がんは胃がんより死亡者が多く、大腸内視鏡を実地医家に実践していただきたいが、技術難度が高くリスクが高いのがネックとなっていましたが、水浸法+ワンパターンメソッドで誰でも短期間に収得できる方法を開発しました。大腸内視鏡挿入の理論(水浸法)と動画や実際の内視鏡を駆使して挿入テクニック等のすべてを公開します。
 皆様,奮ってご参加ください。
 開催日
2012年1月29日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
598 件中 [461-470] を表示 前の10件  37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー