HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
598 件中 [441-450] を表示 前の10件  35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 次の10件
プライマリケアでできるペインクリニックのABC
田邉豊先生
■講師
田邉豊先生

(順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック科 准教授)
【セミナー概要】
 痛みは、ヒトが生活するうえで不可欠な感覚です。その感覚が無くなると生命が脅かされることとなります。一方、生活するうえで不必要・じゃまな痛みが続くと痛みだけでなく、抑うつ、不安や不眠など二次的な精神症状が伴うこととなり、結果、生活の質を下げてしまいます。じゃまな痛みを解決する診療部門にペインクリニックがあります。痛みを評価し、それに見合った治療を行うことで痛みを和らげ生活の質の維持・向上をめざします。治療法にはいろいろありますが、特に神経ブロック治療を中心に用いています。神経ブロックは、じゃまな痛みを和らげる、時に無くすために非常に有用な治療法となりえます。もちろん神経ブロックの種類によっては、熟練が必要な手法もありますし、重篤な合併症に結びつく手法もあります。一方、比較的に安全な少し踏み込んだ神経ブロックを習得し施行することで、痛みが軽減し患者の生活の質が非常に改善することも多くあります。
 じゃまな痛みについて、その評価法また日常診療で安全に行いやすいかつ有用となりえる神経ブロック、明日から使える神経ブロックを中心に紹介させていただき、痛みとその治療について症例も提示し、皆さまと検討できればと考えます。
 開催日
2012年8月19日(日) 10:00〜15:000
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
田邉豊 先生(順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック科 准教授)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者が、大腸内視鏡挿入の理論と実践のための動画を駆使して挿入テクニックのすべてを公開します。少ない症例経験で短期間に安全で無痛の大腸内視鏡をマスターできます。大腸がんは胃がんより死亡者が多く、大腸内視鏡を実地医家に実践していただきたいが、技術難度が高くリスクが高いのがネックとなっていましたが、水浸法+ワンパターンメソッドで誰でも短期間に収得できる方法を開発しました。大腸内視鏡挿入の理論(水浸法)と動画や実際の内視鏡を駆使して挿入テクニック等のすべてを公開します。
 皆様,奮ってご参加ください。
 開催日
2012年8月5日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
プライマリケアで用いる漢方3 〜「消化器疾患」と「さまざまな痛み」〜
−「消化器領域疾患」と「さまざまな痛み」を漢方で治療する−
野上達也先生
■講師
野上達也先生

(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
【セミナー概要】
 漢方医学は中国由来の我が国の伝統医学であり、多くの患者から根強い支持を得ています。我が国では質の高い医療用漢方エキス製剤が保険診療で用いることができ、医師の約80%が日常診療に漢方薬を用いているというデータもあります。漢方薬の著効例を経験し、漢方治療の魅力にお気づきになっている先生も少なくないのではないでしょうか。
 しかしながら、多くの場合、いまだに漢方薬の使用は病名投与による限定的なものとなっており、あくまで日常診療の補助的な手段として用いられているのが実情ではないかと思います。漢方薬は病態によっては治療の中心的な手段となりうる治療薬です。もっと生かしていかなければもったいない。
 今回の医療技術セミナーでは日常診療で出会うことの多い、「消化器疾患」および「さまざまな痛み」について診療の漢方薬を中心的な薬剤として用いてよいと考える病態について、漢方治療のコツをご紹介し、実際の症例を提示させていただきたいと思います。
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年8月4日(土) 15:00〜19:15
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
野上達也 先生(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/薬剤師
セミナー終了報告
関節痛診療シリーズ2 関節診察 ハンズオン〜診察でここまでわかる筋骨格系疾患の大原則〜(全4回シリーズ)
−顎関節・上肢の関節/腰や下肢の関節−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院アレルギー膠原病科)
【セミナー概要】
1.顎関節・上肢の関節
 関節の身体診察を実際に取り扱うセッションで、第1回目は、顎関節・頸部・肩。「首が痛い」「肩が痛い」「手が痛い」などの主訴は必ず経験しますが、どのようにアプローチし、身体診察を行うか鑑別疾患、その診断と治療にもふれながら、その実践手法を紹介します。顎関節では、顎関節症から高齢者にみられる側頭動脈炎の診察のポイント、肩の診察においてはスポーツ外傷などでみられる回旋筋腱板炎、リウマチ性多発筋痛症でみられる
肩関節周囲炎の診察のポイントもお伝えします。

2.腰や下肢の関節
 関節の身体診察を実際に取り扱うセッションで、腰・股関節。皆様も、腰痛に悩まされたことはないでしょうか?生涯で9割近くの人が経験するといわれています。そのほとんどは自然に治りますが、プライマリケアで見逃してはいけない怖い腰痛の“Red Flag”を解説します。また、一概に膝が痛いといっても原因は関節炎以外にも腱、靱帯、半月体、滑液包のうちどこに障害があるか見極めることが診断の第一歩です。外傷歴など病歴の重要性もご紹介します。また足首、足趾関節の痛みも痛風、関節リウマチでよく経験されます。身体診察の基本をご紹介し、鑑別疾患、考えられる診断と治療にもふれながら、その方法を実践的に紹介します。
 開催日
2012年7月29日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院アレルギー膠原病科)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職/放射線技師
セミナー終了報告
医療経営セミナー 診療報酬改定と保険請求上の問題点と対策(特別企画;創立3周年記念謝恩企画5)
−実例を踏まえた経営戦略・戦術   −
草野真範先生
■講師
草野真範先生

(メドスグループ会長 株式会社メドス代表取締役)
【セミナー概要】
<開催のねらいとお誘いの言葉>
 今年4月に施行された「診療報酬改定」から3ヶ月を経て、今改正によるレセプト・経営への影響について、実例を踏まえながら把握していきます。
 また、レセプトの「請求漏れ対策」「減点対策」について、最新の診療報酬改定内容とともに、事例を交えながらわかりやすく解説させていただきます。
 政府があげる社会保障・税一体改革の幕開けとなる今改正を理解いただき、貴院における、2025年に向けた経営戦略や戦術についての指針となれば幸いです。
 この機会に関係各位の積極的なご参加を心よりお待ち申し上げております。
 開催日
2012年7月28日(土) 18:00〜20:30
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
草野真範 先生(メドスグループ会長 株式会社メドス代表取締役)
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象: 医師/医事課
セミナー終了報告
プライマリケアでの認知症の診断と治療 
−薬剤の使い分け−
小山主夫先生
■講師
小山主夫先生

(藤沢市民病院神経内科 部長)
【セミナー概要】
 日本は高齢者の急速な増加とともに認知症患者が急増していて、かかりつけ医など非専門医でも認知症診療は避けられないことになっています。2011年にアルツハイマー病治療薬3剤が認可され、今年の4月から長期処方も可能になりました。また、既存薬のドネペジル(アリセプト)も後発薬が発売され、アルツハイマー病の薬物治療の選択枝が世界標準になりました。本医療技術セミナーではそれらの薬剤の特徴とそれに応じた使い分けを中心にお伝えします。それに加え認知症診療、診断について教科書的なことではなく、実践的ですぐに役立つコツをお話しします。さらに認知症患者の在宅介護でもっとも問題となるBPSDの治療についてもお話しすることで、認知症診療全体を網羅する実臨床に役立つ医療セミナーとします。
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2012年7月8日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
小山主夫 先生(藤沢市民病院神経内科 部長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/薬剤
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
プライマリケアで用いる漢方2 〜「呼吸器疾患」および「さまざまな不定愁訴」〜
−「呼吸器疾患」および「さまざまな不定愁訴」の漢方治療−
野上達也先生
■講師
野上達也先生

(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
【セミナー概要】
 漢方医学は中国由来の我が国の伝統医学であり、多くの患者から根強い支持を得ています。我が国では質の高い医療用漢方エキス製剤が保険診療で用いることができ、医師の約80%が日常診療に漢方薬を用いているというデータもあります。漢方薬の著効例を経験し、漢方治療の魅力にお気づきになっている先生も少なくないのではないでしょうか。
 しかしながら、多くの場合、いまだに漢方薬の使用は病名投与による限定的なものとなっており、あくまで日常診療の補助的な手段として用いられているのが実情ではないかと思います。漢方薬は病態によっては治療の中心的な手段となりうる治療薬です。もっと生かしていかなければもったいない。
 今回の医療技術セミナーでは、日常診療で出会うことの多い、「呼吸器疾患」および「さまざまな不定愁訴」について診療の漢方薬を中心的な薬剤として用いてよいと考える病態について、漢方治療のコツをご紹介し、実際の症例を提示させていただきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年7月7日(土) 15:00〜19:15
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
野上達也 先生(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/薬剤師
セミナー終了報告
医師とコ・メディカルのための”バイタルサイン”でここまで分かる(特別企画;創立3周年記念謝恩企画4)
−診察室ならびに待合室での患者観察−
徳田安春先生
■講師
徳田安春先生

(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
【セミナー概要】
 病歴とバイタルサインの情報のみでトリアージは可能です。病歴でレッドフラッグを見つけ出し、バイタルサインを解釈し評価することが患者トリアージの必須条件です。
病歴とバイタルサインについて実践的即戦力を学び、さらに多くの臨床的疑問に応える医療セミナーです。
 ナース、薬剤師、検査技師、理学療法士の皆さんはもちろん、現場の最前線にいる救急医療関係者・メディカルスタッフの方にも強く参加をお勧めしたいと思います。
 患者観察能力を向上させ、正しいバイタルサイン測定によるアセスメントこそが、効果的な実践的トリアージの良い学習の機会になると思います。
 皆さん、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年7月1日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
徳田安春 先生(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/救命救急
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
子どもの疾患シリーズ2 子どもの喘息とアレルギーの診断と治療
−「シンプル」をキーワードに、適正な診断と治療−
勝沼俊雄先生
■講師
勝沼俊雄先生

(東京慈恵会医科大学第三病院小児科 准教授)
【セミナー概要】
 小児のアレルギー疾患は「アレルギーマーチ」と表されるように、年齢や環境の変化に応じて複合的に発現します。従って一つの疾患に偏らず、全身の幅広い診察が重要です。一方で、多岐にわたる小児のアレルギー(の診断と治療)に苦手意識を持たれるケースも少ないようです。本医療技術セミナーでは「シンプル」をキーワードに、小児喘息・アレルギー疾患の適正な診断と治療のスキルアップをしていただけるよう、分かりやすく解説させていただきます。
皆さまのご参加を待ちしています!
 開催日
2012年6月24日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
勝沼俊雄 先生(東京慈恵会医科大学第三病院小児科 准教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
腹部 丸ごとエコー検査(腹部エコー+消化管エコー)
−―肝・胆・膵に加えて胃・小腸・虫垂・大腸疾患(炎症性腸疾患を含めて)―−
杉山高先生
■講師
杉山高先生

(浜松南病院画像診断部 顧問)
【セミナー概要】
 最近,胃,小腸,大腸のエコー検査に関心が高まっています.これら 胃腸病変も一つの走査手順に沿って行うことで検査が容易に可能です.私たちは早くから腹部全臓器を診る走査を「”の”の字2回走査法」と称し,胃,小腸,大腸を含めた腹部エコー検査を「真の超音波検査法」と位置付け機会あるごとに提唱してきました.
今回の医療技術セミナーではこうした消化管の走査を系統的に観察する方法について症例を交えお話を致します.その後,本法の実技について習得していただきます.この機会に是非,日頃の肝・胆・膵エコー検査に加え消化管への領域拡大に,また検査精度の更なる向上を目指していただき,人に優しい,情報の確かなエコー検査法を身に着けられ、明日の診療に是非,お役立ていただきたく存じます.どうぞ、先生方 奮ってご参加ください.
 開催日
2012年6月17日(日) 10:00〜15:30
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
杉山高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
598 件中 [441-450] を表示 前の10件  35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー