HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
575 件中 [411-420] を表示 前の10件  32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 次の10件
実地医家のための末梢静脈疾患・末梢動脈疾患の診断と治療
−(下肢静脈・動脈エコー検査/実技付き)−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学大学院医歯学総合研究科呼吸循環外科)
【セミナー概要】
 近年、生活習慣の変化から日本人において下肢静脈疾患が増加している。また最近は深部静脈血栓症(DVT)、下肢静脈瘤などは慢性病と考えられるようになっており、急性期治療または術後のみならず弾性ストッキング着用などの理学療法を習慣として長期にわたって行うことが望まれる。したがってDVTや静脈瘤は予防が重要であり、危険因子を持っている場合は健常者であってもエコー検査や弾性ストッキングの着用が推奨される。
 末梢動脈疾患(PAD)は高齢化などにより日本人で増加している。PADは以前では閉塞性動脈硬化症(ASO)と呼ばれていたのであるが、脳梗塞や心筋梗塞などを合併していることが多く全身の動脈硬化が下肢に現れたものと捉えられている。したがって足を診て全身を診ないのは木を見て森を見ずに等しい。国際的にPADのスクリーニングは足背動脈血圧/上腕動脈血圧で計算されるABIである。ABI<0.9の場合はPADを考慮し下肢動脈エコーを行い造影CTが必要か否か判定するのがゴールドスタンダードである。
 本医療技術セミナーでは講義と同時に下肢静脈エコー検査によるDVTの診断方法の実技を行い、さらに下肢動脈エコー検査によるPADの診断方法と特徴所見、PADの局在診断方法などについての実技を行う。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2012年10月14日(日) 10:00〜16:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学大学院医歯学総合研究科呼吸循環外科)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/検査技師/放射線技師
セミナー終了報告
安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡医を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者である講師が、いままでおよそ2万個の大腸ポリープを無事故で切除したポリペクトミーのワンパターンメソッドを伝授する「安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際」と「新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法」を、動画や実際の内視鏡を駆使して、すべてのテクニックを公開し、その技を伝授します。奮ってご参加ください。
 開催日
2012年9月30日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
実地医家のための睡眠障害の臨床
−−日常診療で見逃されている睡眠の病態と治療の実際−−
岡靖哲先生
■講師
岡靖哲先生

(愛媛大学医学部睡眠医療センター長・准教授)
【セミナー概要】
 わが国では成人の5人に1人が睡眠の問題を抱えているともいわれますが,睡眠障害の中には医療従事者でも認知度が低いものが少なくありません.メディアで疾患が取り上げられて患者が受診しても,医療従事者が疾患を知らなかったという声もよく耳にします.睡眠障害の多くは生活習慣病や加齢に伴って増加することから,日常診療で遭遇する睡眠障害を知っておくことは,患者のQOLを向上させる上でも重要な要素となります.
 本医療技術セミナーでは,睡眠のメカニズムについての理解を深め,日常診療ですぐに使える問診ツールから専門的な睡眠評価法までその実際を紹介します.睡眠障害については,臨床所見から診断するためのコツや,治療の実際について詳しく解説します.睡眠障害の診療は決して特殊なものではなく,日常診療ですぐに生かすことができるものです.睡眠とその障害についてまとめて学ぶ絶好の機会として,多くの医師とコメディカルのご参加をお待ちしています. 
 開催日
2012年9月22日(土) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
岡靖哲 先生(愛媛大学医学部睡眠医療センター長・准教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職/保健師
セミナー終了報告
レクチャー・マラソン“脳の新規治療薬 Update”
−てんかん、線維筋痛症、片頭痛、睡眠障害、むずむず脚症候群、抗凝固薬、認知症、パーキンソン病、多発性硬化症など−
黒岩義之先生
■講師
黒岩義之先生

(帝京大学医学部附属溝口病院 客員教授(神経内科)、附属 溝口病院脳卒中センター長、横浜市立大学名誉教授)
【セミナー概要】
 脳神経領域の日常診療では、次々と新基軸の治療薬が登場し、また高齢者患者の増加で、専門医だけではさばききれない状況で、第一線のプライマリ医の活躍が期待されています。このような中、第一線のプライマリ医の日常診療が、脳神経疾患領域の新しい薬の知識なしには進まない時代となりました。今回のレクチャー・マラソンでは、てんかん、線維筋痛症、片頭痛、睡眠障害、むずむず脚症候群、抗凝固薬(心原性脳塞栓症)、認知症、パーキンソン病、多発性硬化症などを解説します。脳神経領域の日常診療に欠かせない、ニーズの高い主要な新薬の使い方をまとめてお話しします。皆様の日常の忙しいご診療の一助になれば幸いです。
 奮ってのご参加をお待ち申し上げています。
 開催日
2012年9月9日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
黒岩義之 先生(帝京大学医学部附属溝口病院 客員教授(神経内科)、附属 溝口病院脳卒中センター長、横浜市立大学名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査/薬剤
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
いまさら聞けない診療シリーズ 1 一人院長外来診療1(Part1)
−−痛み、アナフィラキシー、めまい、風邪、腹部診療、喘息、けいれん、心肺蘇生、看護師さんの協力、増患者法、その他−−
北垣毅 先生
■講師
北垣毅 先生

(千葉市・花見川中央クリニック 院長)
【セミナー概要】
 毎日の診察、泣いても笑っても院長先生1人。専門外やいきなりの急変で不安になりませんか?
 総合診療一筋で米国家庭医療学専門医がクリニックベースで明日から使えるやり方を解説!
 今日一日“研修医”に戻ってみませんか!

<1人院長外来攻略シリーズ>
 忙しかったりあるいは専門外でも絶対に見逃してはいけないものを見落とさない。軽症そうにみえる心筋梗塞をどう見破る? 目の前の痙攣患者、救急搬送するまでにやっておかなくていけないことは? またクリニックは1人院長の大舞台になってはいけません。チームとしてどうスタッフを使っていくのか?を徹底攻略します。
 開催日
2012年9月8日(土) 17:00〜20:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
北垣毅  先生(千葉市・花見川中央クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 病院経営/臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師/検査技師
セミナー終了報告
関節痛診療シリーズ3 他の内科疾患と間違える膠原病類似症候(全4回シリーズ)
−内分泌疾患関連の膠原病類似症候/リウマチ−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院アレルギー膠原病科)
【セミナー概要】
〜関節診察 ハンズオン〜診察でここまでわかる筋骨格系疾患の大原則〜
「手がこわばる」という主訴があり関節リウマチの疑いで紹介受診しましたが、実際は糖尿病にともなうバネ指、手掌屈筋腱炎であったこともよく経験されます。全身の筋痛を主訴に診断された甲状腺機能低下症もあります。今回の医療技術セミナーでは、前半は糖尿病、甲状腺疾患を中心に内分泌疾患にともなってみられる筋骨格系疾患につき解説します。後半では、リウマチ性疾患の診断、特に見た目で“一発診断!”。かっこいいですね。経験がものをいいます。
 でも落とし穴もあります。例えば、レイノー症状があって強皮症と思ったら実はSLE、などだまされてはいけません。いろいろなリウマチ性疾患の写真をご紹介し、診断のポイント、除外診断が必要な疾患を示し、さまざまな角度から解説いたします。
 皆様、奮ってご参加下さい。
 開催日
2012年9月2日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院アレルギー膠原病科)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/放射線技師
セミナー終了報告
胸部X線写真とCT画像の読影トレーニング
−肺がんを見落とさないための実際の読影演習−
山田耕三先生
■講師
山田耕三先生

(神奈川県立がんセンター呼吸器内科 部長)
【セミナー概要】
 日常診療において胸部単純X線写真は呼吸器領域の病気の診断・治療に活用されるもっとも身近な画像診断です。また、胸部CT検査は、胸部の画像診断においては、現在不可欠な検査です。実際、CT検査は胸部写真で異常陰影が発見された場合は、次のステップとして必ず行う検査であり、呼吸器診療においてこの胸部単純X線写真→胸部CTという検査の流れは欠かすことができません。そこで、今回は胸部写真や胸部CT画像の基本的な読影の手順をはじめ、実際の症例を使っての肺がんを見落とさないための『読影のコツ』や『読影のピットフォール』を主体に、臨床に直結する胸部写真および胸部CT、最新のPET画像なども供覧しながら、「見落とさない肺がんの読み方」について解説いたします。皆様に積極的に参加していただく講師と参加者による1対1の画像診断演習のセミナーにしていきたいと考えています。今回使用する症例は、すべてがん診療の実例です。なお、受講者の先生方で、日常の臨床において悩まれている症例等がありましたら、当日お持ちください。二人の専門医と一緒に答えを出すようにいたします。
皆様奮ってご参加ください。

 開催日
2012年8月26日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
山田耕三 先生(神奈川県立がんセンター呼吸器内科 部長)
村上修司 先生(神奈川県立がんセンター呼吸器内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師/放射線技師
セミナー終了報告
プライマリケアでできるペインクリニックのABC
田邉豊先生
■講師
田邉豊先生

(順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック科 准教授)
【セミナー概要】
 痛みは、ヒトが生活するうえで不可欠な感覚です。その感覚が無くなると生命が脅かされることとなります。一方、生活するうえで不必要・じゃまな痛みが続くと痛みだけでなく、抑うつ、不安や不眠など二次的な精神症状が伴うこととなり、結果、生活の質を下げてしまいます。じゃまな痛みを解決する診療部門にペインクリニックがあります。痛みを評価し、それに見合った治療を行うことで痛みを和らげ生活の質の維持・向上をめざします。治療法にはいろいろありますが、特に神経ブロック治療を中心に用いています。神経ブロックは、じゃまな痛みを和らげる、時に無くすために非常に有用な治療法となりえます。もちろん神経ブロックの種類によっては、熟練が必要な手法もありますし、重篤な合併症に結びつく手法もあります。一方、比較的に安全な少し踏み込んだ神経ブロックを習得し施行することで、痛みが軽減し患者の生活の質が非常に改善することも多くあります。
 じゃまな痛みについて、その評価法また日常診療で安全に行いやすいかつ有用となりえる神経ブロック、明日から使える神経ブロックを中心に紹介させていただき、痛みとその治療について症例も提示し、皆さまと検討できればと考えます。
 開催日
2012年8月19日(日) 10:00〜15:000
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
田邉豊 先生(順天堂大学医学部附属練馬病院麻酔科・ペインクリニック科 准教授)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者が、大腸内視鏡挿入の理論と実践のための動画を駆使して挿入テクニックのすべてを公開します。少ない症例経験で短期間に安全で無痛の大腸内視鏡をマスターできます。大腸がんは胃がんより死亡者が多く、大腸内視鏡を実地医家に実践していただきたいが、技術難度が高くリスクが高いのがネックとなっていましたが、水浸法+ワンパターンメソッドで誰でも短期間に収得できる方法を開発しました。大腸内視鏡挿入の理論(水浸法)と動画や実際の内視鏡を駆使して挿入テクニック等のすべてを公開します。
 皆様,奮ってご参加ください。
 開催日
2012年8月5日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
プライマリケアで用いる漢方3 〜「消化器疾患」と「さまざまな痛み」〜
−「消化器領域疾患」と「さまざまな痛み」を漢方で治療する−
野上達也先生
■講師
野上達也先生

(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
【セミナー概要】
 漢方医学は中国由来の我が国の伝統医学であり、多くの患者から根強い支持を得ています。我が国では質の高い医療用漢方エキス製剤が保険診療で用いることができ、医師の約80%が日常診療に漢方薬を用いているというデータもあります。漢方薬の著効例を経験し、漢方治療の魅力にお気づきになっている先生も少なくないのではないでしょうか。
 しかしながら、多くの場合、いまだに漢方薬の使用は病名投与による限定的なものとなっており、あくまで日常診療の補助的な手段として用いられているのが実情ではないかと思います。漢方薬は病態によっては治療の中心的な手段となりうる治療薬です。もっと生かしていかなければもったいない。
 今回の医療技術セミナーでは日常診療で出会うことの多い、「消化器疾患」および「さまざまな痛み」について診療の漢方薬を中心的な薬剤として用いてよいと考える病態について、漢方治療のコツをご紹介し、実際の症例を提示させていただきたいと思います。
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年8月4日(土) 15:00〜19:15
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
野上達也 先生(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/薬剤師
セミナー終了報告
575 件中 [411-420] を表示 前の10件  32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー