HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
545 件中 [31-40] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件

Warning: mktime() expects parameter 4 to be long, string given in /home/users/0/sub.jp-skillup-mt/web/su/seminar/end_semi.php on line 207
先生
■講師
先生

()
 開催日
2019年月日(木) 〜
 会場
未定
 講師
先生()
 分野/対象
■分野:
■対象:
腰痛にご注意〜脊椎関節炎
−1.目・皮膚・腸に注意〜脊椎関節炎て何ですか?〜/2.生物学的製剤とステロイド使用時の注意点−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院リウマチ膠原病科)
【セミナー概要】
 脊椎関節炎(SpA)は強直性脊椎炎 (AS),反応性関節炎(ReA),乾癬性関節炎(PsA),若年性SpA,腸 炎関連脊椎関節炎(IBD-SpA),分類不能型SpA(uSpA)に大きく分けられる. これらSpAは特徴的な症候を呈するが,共通症候として,仙腸関節や脊椎など体軸関節の慢性炎症からくる腰背部痛,左右非対称性少関節炎(特に下 肢の関節),指趾炎(ソーセージ指),付着部炎を呈することが特徴 である. その他,頭部・臀裂部・陰部に乾癬などの皮膚症候,ぶどう膜炎 などの眼症候,下痢などの腸炎の症候を合併することもあり,これらの症状が感染症後に発症することもある.
 さらに,家族歴、炎症反応上昇,さらにHLA-B27と強く関連 していることなどが特徴的である.前半では、プライマリケアで疑う脊椎関節炎の症状と鑑別診断につき解説する。
SpAの治療薬の進歩近年非常に速く、特に 乾癬・乾癬性関節炎の領域ではMTX(公知申請中),さらには生物学的製剤である抗 TNF阻害剤,IL-12/23阻害剤,IL-17阻害剤, IL23阻害薬など保険適応が広がり、海外も含めJAK阻害剤、CTLA4-Igなども臨床試験が進行中である.このような状況も踏まえ、後半では、SpAや関節リウマチでも多く使用される生物学的製剤やステロイド日常診療で役立つモニタリング法なども解説したい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年12月23日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院リウマチ膠原病科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/放射線技師
セミナー終了報告
成人家族性高コレステロール血症(FH)スクリーニングに用いる「超音波法によるアキレス腱厚測定」と下肢動脈・頸動脈の狭窄度計測と評価法標準的評価法
−実技指導付き−
道倉雅仁先生
■講師
道倉雅仁先生

(国立循環器病研究センター研究所 病態代謝部 研修生/関西超音波サービス 代表取締役)
【セミナー概要】
 家族性高コレステロール血症(FH)は頻度の高い遺伝性疾 患ですので、先生方が日常診療で遭遇される機会は多いと 思います。しかし、本邦でFHと診断されているのはFH全体の 1%未満といわれており、診断率がとても低い状況です。FH はアキレス腱の肥厚を特徴とし、その厚さはFHの診断基準と なっています。「動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診 療ガイド 2018 年版」に超音波法によるアキレス腱厚の測定 方法が初めて掲載されました。超音波法は従来法に比べか なり簡便で正確なので、早急に普及させることが必要です。
今回の医療技術セミナーでは、超音波法によるアキレス腱 厚の描出方法や測定方法などをわかりやすく解説します。さ らにハンズオンにて測定や描出のコツをお伝えします。他に下肢動脈と頸動脈の測定方法や描出のコツについて解説とともに、検査実技の指導を行います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年12月16日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
道倉雅仁 先生(国立循環器病研究センター研究所 病態代謝部 研修生/関西超音波サービス 代表取締役)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/薬剤師/管理栄養士・栄養士/検査技師
セミナー終了報告
画像で紐解く慢性便秘症の診断と治療
水上健先生
■講師
水上健先生

(国立病院機構久里浜医療センター内視鏡部 部長)
【セミナー概要】
 演者は酒井義浩が提唱する「注水法」に直腸S状結腸の脱気を追加し、サイホンの原理を応用したS状結腸通過法「浸水法(Dig Endosc 2007)」を開発し、国内外RCTで苦痛軽減と時間短縮への有用性 (Leung CW. Endoscopy 2010) (Asai Dig Endosc 2015)が報告された。
「浸水法」で無麻酔検査を実現し、S状結腸通過を定型化すると、これまで過敏性腸症候群IBSや慢性便秘症が挿入困難とされていた原因が明らかとなった。過敏性腸症候群IBSや慢性便秘症は検査で異常がないとされるが、検査自体が困難で、そこに排便障害や腹痛を起こす原因があることを見い出し、検査自体のストレスで出現する腸管運動異常、S状結腸回転異常や総腸間膜症などの腸管形態異常(Intestinal Research 2017)、腸管形態異常がないにも関わらず苦痛が強い知覚過敏が見い出されることを報告した。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年12月9日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
水上健 先生(国立病院機構久里浜医療センター内視鏡部 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
非ウイルス性肝疾患
−脂肪性肝疾患(NASH)と自己免疫性肝疾患を中心に−
鈴木義之先生
■講師
鈴木義之先生

(虎の門病院肝臓内科 部長)
【セミナー概要】
『増加の一途をたどる脂肪性肝疾患
 --そのリスクと適切なマネージメント--』 村 祐介 先生
 現在増加の一途をたどる脂肪性肝疾患は、国民一人一人がこれから誰でも発症するリスクを持つ生活習慣病の一つの形であると思われる。脂肪性肝疾患の中には長い年月を経ても肝機能の低下をきたさずに経過する単純性脂肪肝から、肝硬変、肝癌まで進展する可能性をもつ脂肪性肝炎まで幅広く存在する。その中でも近年注目を集めているのが”非アルコール性肝疾患 (Non-alcoholic fatty liver disease; NAFLD) / 脂肪肝炎 (Non-alcoholic steatohepatitis; NASH)”になるが、NAFLDで日本の成人人口の約30% (約3000万人), とりわけ線維化の進展にともない肝硬変・肝癌への進展リスクを内包するNASHで約5% (約550万人)と莫大な母集団が存在すると考えられており、実地医家の先生方の力なくして脂肪性肝疾患の中から、ハイリスク症例を拾い上げることは困難な状況と考えられる。
 今回の医療技術セミナーでは、広い診療科の実地医家の先生方に脂肪性肝疾患を合併する症例に対する、病態から、適切な検査、評価、指導、治療方法等のコツまでをご理解いただけるようプログラムを構成いたしました。
 多くの先生方のご参加をご期待いたします。


『自己免疫性肝疾患
 ―日常診療で見落としがちな肝臓病―』 鈴木 義之 先生
 自己免疫性肝疾患とはウイルス性、アルコール性などの明らかな誘因がなく発症する原因不明の肝障害であり、主として自己免疫学的機序が発症に関与していると考えられる肝疾患の総称である。代表的な疾患として自己免疫性肝炎(Autoimmune hepatitis:AIH)、原発性胆汁性胆管炎(Primary Biliary Cholangitis :PBC)、原発性硬化性胆管炎(Primary Sclerosing Cholangitis :PSC)が挙げられる。
 今回の医療技術セミナーでは本邦でも比較的数の多いAIHとPBCについてとりあげ、両疾患の診断、治療のポイントについて概説する。また、AIHでは新たに使用可能となった薬剤、PBCでは名称すら変わるほどの予後の向上について詳細な解説を行い、先生方の実臨床で役に立つようなお話ができればと考えております。
 多くの先生方の参加を期待しております。
 開催日
2018年12月2日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
鈴木義之 先生(虎の門病院肝臓内科 部長)
川村祐介 先生(虎の門病院肝臓内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/管理栄養士・栄養士/検査技師
セミナー終了報告
ひざ痛の診断と治療−特に軟骨保護作用を有するプロテオグリカンを保護する療法
−変形性膝関節症とその他(スポーツ障害、関節リウマチなど)−
渡辺淳也先生
■講師
渡辺淳也先生

(国立病院機構 東千葉医療センター整形外科)
【セミナー概要】
 変形性膝関節症(膝OA)は、膝関節への繰り返す微小外力や加齢に伴い、プロテオグリカンの減少や、コラーゲンの変性が起こることで発生します。進行した膝OAに対しては外科的治療以外に有効な手段がないため、なるべく早期に膝OAを診断し、進行を抑制するための有効な対策をとることが大切です。保存的治療の選択においては、疼痛軽減による日常生活動作の改善に加え、軟骨の保護を介した膝OAの進行抑制が重要です。一部の保存的治療は、プロテオグリカンを増やすことなどにより軟骨保護作用を有することが示唆されており、疾患修飾性抗OA薬の候補として期待されています。また最近の画像診断技術の進歩に伴い、痛みの機序や関節変形進行の抑制法などに関する様々な知見が得られてきています。
 本医療技術セミナーでは、ひざ痛を引き起こす代表的な疾患について、その診断と疼痛管理および進行抑制に着目した治療戦略について報告します。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 このセミナーは9月30日の開催・・・で企画されましたが、超大型の台風24号が、ちょうど30日に、日本列島を縦断していく・・・という天気予想ですので、11月25日の開催に延期させていただきます。ご了承ください。
 開催日
2018年11月25日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
渡辺淳也 先生(国立病院機構 東千葉医療センター整形外科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/理学療法士/作業療法士
セミナー終了報告
日常診療で見逃さないようにしよう! 皮膚血管炎と血管障害診療の極意
−その診断と治療のポイント−
齊藤典充先生
■講師
齊藤典充先生

(横浜労災病院皮膚科 部長)
【セミナー概要】
 皮膚血管炎、血行障害は皮膚の所見からその病態が把握できる疾患群です。時に緊急性を要し見逃すとその後の予後に大きな影響を及ぼすことがあります。障害血管の太さによって様々な異なる所見を呈します。その所見を詳細に観察し、見極めることにより正確な診断を下せることになります。またその所見を裏付ける皮膚生検の病理組織学的所見、採血などの検査所見、画像所見なども診断をつけるために大変有用です。
 今回の医療技術セミナーでは様々な血管炎、血行障害による疾患を紹介し、その臨床所見や病理組織所見、検査や画像所見の特徴を提示することにより、正確な病態を把握することを心掛けるとともに、緊急を要する状態を見逃さないようにするポイントを解説してみたいと思います。
 皆様の日常診療の一助になれば幸いです。奮ってご参加ください。
 開催日
2018年11月23日(金) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
齊藤典充 先生(横浜労災病院皮膚科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
神経専門医はこう診る−よく遭遇する神経疾患を中心に
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 神経疾患が疑われる患者に適切にアプローチするためは、各種神経疾患の病態や症候を十分理解して、多くの神経疾患患者を通して診療経験を積み重ねることが重要です。しかし実際の臨床の場では診療時間は限られており、短い時間内で効率的に患者を診ていかざるを得ません。これは神経の専門医であっても、実地医家の先生方であっても同様です。
 そこで今回の医療技術セミナーでは神経疾患を診るためのminimal requirementについて、もう一度整理して提示してみたいと思います。このためには単なる診察技術だけではなく、必要最低限の神経解剖や神経機能の知識も必要になります。日常診療でよく遭遇する疾患を例に挙げて解説しますので、先生方の知識の復習にもお役立てください。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 講義は、症例提示をしながら、診察、診断、検査、治療のプロセスを解説します。
 開催日
2018年11月18日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
医師も知っておくと、臨床の幅が広がる『鍼灸講座』
長瀬眞彦先生
■講師
長瀬眞彦先生

(吉祥寺中医クリニック 院長)
【セミナー概要】
 演者はもともと、西洋医学治療の限界を感じて漢方を学び始めました。
 当初は漢方薬のみの診療でしたが、そのうちに治療効果を上げるためには鍼灸の併用が不可欠と感じて鍼灸治療も学びました。鍼灸治療により経絡の知識が身に付くと、より効果の高い漢方薬を処方できる能力も身に付きます。また、内科などを主として標榜していても疼痛など整形外科領域の疾患や、自律神経失調がらみの疾患を併せ持つ患者は多く、この点において非常に鍼灸治療が役に立っています。これらの知識はあらゆる科の先生に有用であると思われますし、かなり不器用な演者でも治療効果が出せるほど簡単です。
 今回の医療技術セミナーでは、鍼灸治療のエビデンスも絡めながら、明日からでも臨床に役立つ実際的な内容にしました。より多くの疾患を良くすることを目指す多くの医師のご参加をお待ちしています。
 開催日
2018年11月11日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
長瀬眞彦 先生(吉祥寺中医クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/理学療法士/作業療法士
セミナー終了報告
水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアルの完全解説 問題解決編(STEP 4,5) 挿入困難の解決とポリペクトミー
−コロンモデルを用いた実演と実技指導 ぁ櫺饐譴肇廛蹈哀薀爐吠儿考;ご注意ください−
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 今回の医療技術セミナーは、『水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアル』(中外医学社)をテキストとして使用し、計4日間でそのすべてを著者本人がわかりやすく解説します。特に動画解説を詳しく具体的に講演します。
 また、11/3の午後の部は会場に内視鏡機械を持ち込んでコロンモデルを用いた実演・実技指導を行うとともに、11/4は新宿台帳クリニックで、大腸内視鏡挿入・検査の見学会を行います。他に、講義に「画期的!大評判!下剤を飲まない大腸内視鏡の前処置法、モビプレップ注入法の全テクニック教えます」が追加されることになりました。皆さま、奮ってご参加ください!!
 皆さま、奮ってご参加ください!!

 テキスト:『水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアル』(中外医学社)が必要です。(本のDVDは参加者全員にプレゼントします)
 開催日
2018年11月4日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
545 件中 [31-40] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー