HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
656 件中 [31-40] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
医業経営セミナー クリニック二極化時代 情報発信が生き残りの条件
−ホームページの有効活用を考える−
近藤隆二先生
■講師
近藤隆二先生

(螢疋ター総合支援センター 代表取締役)
【セミナー概要】
 新型コロナウイルスの影響で患者数が大幅に減ったクリニックが数多くあります。収束がいつになるのかもわからず、今後どのような環境になっていくのかは誰にもわかりません。
 しかし、このような厳しい環境の中でもコロナ以前よりも患者数が増えているクリニックも数多くあります。また、患者数が戻らないクリニックがあることも事実です。患者さんから選ばれるクリニック、選ばれないクリニックの二極化が激しく進んでいることは明らかです。
 その要因は様々ですが、患者さんの役に立つ「情報発信」をしているかどうかが最も影響しているのではないかと思います。同じ診療科目で同じことをしていても有効な情報発信量によって患者数に大きな差がついているからです。これからのクリニック経営は患者さんの役にたつ情報発信をするかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。しかし、メンタルブロックがあり、情報発信ができない方が多いのも事実です。
 今回の医業経営セミナーでは、なぜ情報発信が重要なのか、そのためのツールとして有効なホームページはどのように活用すれば良いのか、情報発信できないメンタルブロックを外すためにはどうすれば良いのかなどを詳しくお伝えします。
 皆様のご受講をお待ちしております。
 開催日
2021年2月21日(日) 15:00〜17:00
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
近藤隆二 先生(螢疋ター総合支援センター 代表取締役)
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象:
セミナー終了報告
サイエンス漢方処方セミナー-2 呼吸器と耳鼻咽喉科/アレルギーとがん
−漢方薬の作用機序を数理工学で解明− 東洋医学とは本質的に異なる斬新な運用法−
井斎偉矢先生
■講師
井斎偉矢先生

(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。これを踏まえて、今回の医療技術セミナー(供砲任蓮▲汽ぅ┘鵐拘訴処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年2月14日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
井斎偉矢 先生(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
肝斑、シミ、ソバカスの診断と正しい治療法
−誰も答えてくれなかった疑問すべてに答える−
渡辺晋一先生
■講師
渡辺晋一先生

(帝京大学 名誉教授、帝京大学医真菌研究センター特任教授)
【セミナー概要】
 テレビやインターネットでシミが消えるとされている飲み薬や化粧品が宣伝されています。しかし、これらの宣伝の多くにはエビデンスはありません。しかし,高齢化とともに、生活の質の向上を求める人は多く、皮膚科だけでなく一般の内科でもシミやソバカスの相談をする患者は増えています。その時に何もコメントできないようだと患者からの信頼を失ってしまう可能性があります。
 さらに,皮膚科の教科書ではシミの同義語は肝斑とされていますが、実際にシミを主訴に来院する患者をみると、その多くは老人性色素班で、肝斑は少ないです。また,ソバカスも主に3種類あり、それぞれ治療法が異なります。このように患者の訴える病名と実際の医学的病名は異なるため、患者から言われるままに治療しても治りません。
 そこで、今回の医療技術セミナーでは、肝斑、シミ、ソバカスの鑑別、特に誤診されやすい肝斑の鑑別を詳しく述べ、それぞれの色素病変に対する、適切な治療法を述べます。また,美容皮膚科に関するすべての質問に、時間が許す限り答えたいと思いますので、講義の途中で質問を受けても大丈夫です。
皆さま、奮ってご参加下さい

<参考文献>
『その治療,本当に患者のためになっていますか? だれも教えてくれなかった 本当のレーザー治療・美容皮膚科治療』著者:渡辺晋一(帝京大学 名誉教授)
文光堂 13,200円 2021年1月 下旬発行予定

『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法 』
著者:渡辺晋一(帝京大学 名誉教授)
単行本(ソフトカバー) ¥7,040¥7,040
発行:医事新報社 2019年5月
 開催日
2021年2月7日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
渡辺晋一 先生(帝京大学 名誉教授、帝京大学医真菌研究センター特任教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー終了報告
実地医家のための 明日からの読影にすぐに使える 心電図の読み方
−心電図の自動診断のための考え方と症例−
三原純司先生
■講師
三原純司先生

(三原内科循環器科クリニック 院長)
【セミナー概要】
 心電図検査は、自動診断のみに頼ると思わぬ間違いをおかします。心電図の結果で着目すべき点、ほかに確認すべき点などについて症例形式で解説し、著者らが日々の臨床の中で発見したピットフォールや教訓をおしみなくご紹介します。心電図を専門としない医師にも簡単に理解できて、明日からの読影にすぐに役立つ内容です。皆様、奮ってご参加ください。この講座に出席頂ければ、1日で健診心電図がある程度さばけるようになります! 会場受講者に下記の著書のプレゼント付き!!

<著書>
『検診で使える 心電図自動診断との付き合い方−明日からの読影にすぐに役立つ症例集』(三原内科循環器科クリニック 院長 三原純司、元 東京女子科大学循環器内科教授 関口守衛 共著、2020年4月、南山堂)  症例数35症例
B5判 168頁、定価(本体3,000円+税)
 開催日
2021年1月17日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
三原純司 先生(三原内科循環器科クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
プライマリ・ケア医が絶対に知っておくべき精神疾患のすべて(新春記念セミナー3)
−精神科医とここが違う!−
竹村洋典先生
■講師
竹村洋典先生

(東京医科歯科大学大学院総合診療医学 教授、三重大学名誉教授)
【セミナー概要】
 医療機関に訪れるほとんどの患者に程度の差はあれ、精神疾患の要素が含まれています。プライマリ・ケアの診療において、よくある精神疾患をどのように診療し、どこまで治療できるか、お話しします。精神科医のできることの話ではなく、総合診療医ができる精神疾患の診療をお話しします。また、精神科医と身体科医の違いや連携のコツもお話しします。
 今回の医療技術セミナーの第1部では、プライマリ・ケアでよく遭遇するうつ病、パニック障害、社会不安障害、などの診断や治療の仕方をお話しします。よく身体疾患に間違われるうつ病の診断は重要です。またベンゾではなくSSRIなどの使用方法をマスターすることも重要です。
 第2部では、不眠症のメカニズム、診断や治療の仕方について講義します。不眠症でもいろいろな不眠があり、鑑別が必要です。また、それに対する治療も様々な観点から選んでいく必要があります。
 第3部では、プライマリ・ケアの医師と精神科の医師の違い、各々どのように考えているか、どのように付き合っていけばよいかをお話しします。

 講師がアメリカの総合診療の専門医研修でマスターし、日本で身体疾患のみならず精神疾患も積極的に治療してきた結果、得られた秘密の極意です。もしあなたがこの極意を知れば、その日から精神疾患の診療を楽しめるようになれます!
 開催日
2021年1月11日(月) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
竹村洋典 先生(東京医科歯科大学大学院総合診療医学 教授、三重大学名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
コモンな神経疾患の諸症状4 糖尿病による神経合併症、他(新春記念セミナー1)
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
【セミナー概要】
 神経診断の仕方の中で、神経症状の診かた・考えかたについて、これまで、3回に分けて「頭痛」「めまい」「しびれ」という三大神経症状と、「(非典型的)脳梗塞」「デメンチア(認知症)」「パーキンソン病」「心因性と紛らわしい疾患」「ふるえ・せん妄」「精神症状・一過性意識障害」等について解説してきました。
 これらのお話のキモは病歴聴取にあり、<知識と観察、そして推理>を<情熱>をもって進めていくことの大切さを訴えてきました。実地医家が日常遭遇する脳神経がらみの症状はまだまだあり、残念ながら見逃されてきていることを痛感しています。
 今回の医療技術セミナーでは、残されているテーマの中で、「てんかん」「肩こり」「金属」「糖尿病」を取り上げ、日常診療に少しでも還元していただければと考え、解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 なお、当日は、このセミナーが終わったより後、15:30より
最上康生先生による『糖尿病の最新の薬物療法』についての2時間のセミナーの開催を予定しております。このセミナーの受講料は、昼間のセミナーに出ておられれば、夕刻のセミナーの受講料を50%の割引を申し上げます。
  
 開催日
2021年1月10日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
糖尿病の最新の薬物療法(CKD,DKD,腎性貧血に対して) (新春記念セミナー2)
−CKD,DKD,腎性貧血に対して最新の実践的な手法を効果的に学ぶ!−
最上康生先生
■講師
最上康生先生

(総合医療センター成田病院 診療部長)
【セミナー概要】
 現在、高齢社会の到来と共に慢性腎臓病(CKD)の患者数が増大してきています。日本においてはCKDの患者数は1330万人(20歳以上の8人に1人)とされており、新たな国民病とも言われています。CKDは高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームとの関連が深く、今後さらなる増加が見込まれます。さらにCKDは心血管系疾患の重大な危険因子にもなっています。つまりCKDの治療は心血管系合併症の予防につながります。
 さらにCKDでは比較的早期より、エリスロポエチン産生が低下し腎性貧血を発症します。貧血は心不全の独立した危険因子であり、貧血の治療にて生命予後の改善が可能です。また、貧血は独立したCKDの進行要因であり、貧血を早期に改善することにより、CKDの進行を抑制することができます。したがいまして、腎性貧血の治療はCKDに伴うさまざまな合併症予防、治療に有効であり、早期にESA(赤血球増結因子刺激製剤)による治療を開始すべきとされています。
 2020年より腎性貧血に対してHIF-PH阻害薬と言われる新しい治療薬が使用できるようになりました。そこで今回の医療技術セミナーでは、ESAやHIF-PH阻害薬による腎性貧血治療法をお話しし、さらにDKDを含めたCKDに対する最新の治療法をお示しします。
 この医療技術セミナーに参加することにより、明日からのCKD診療に自信を持てるようにられるかと存じます。皆様、奮ってご参加ください。


なお、当日は、このセミナーの前、10:00より福武敏夫先生による『神経障害』についての2時間・2コマのセミナーの開催を予定しており、その最後の1時間のコマで、『糖尿病の末梢神経障害』を取り上げていただきます。このセミナーの受講料は、昼間のセミナーに出ておられれば、夕刻のこのセミナーの受講料を50%の割引を申し上げます。

 開催日
2021年1月10日(日) 15:30〜17:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
最上康生 先生(総合医療センター成田病院 診療部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
実地医家も知っておきたい全身疾患に伴ってみられる神経障害(神経症状シリーズ8)
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 悪性腫瘍、糖尿病・甲状腺機能障害などの内分泌・代謝疾患、自己免疫疾患、アルコール依存症などの中毒性疾患では神経障害を合併することが少なくなく、また神経症状がそれらの疾患の初発症状になっていることも多々あります。
 今回の医療技術セミナーでは、これらの全身疾患に伴う神経障害の診かた、診察方法のポイントについて講義したいと思います。神経症状の特徴を知って、全身疾患の早期診断に役立ててください。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2020年12月20日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
SGLT2阻害薬の腎保護って、実臨床で使えるの?
−糖尿病性腎臓病(DKD)治療の最新の潮流;プライマリーケアに必要な知識−
栗山哲先生
■講師
栗山哲先生

(東京慈恵会医科大学客員教授(大学直属)、医療法人優穂会・三穂クリニック院長補佐)
【セミナー概要】
 実地診療においては、高血圧、糖尿病など内臓肥満をベースにした、いわゆるメタボリック症候群(メタボ)が圧倒的に多い事は自明です。「糖尿病と高血圧」は、「癌」とならんで国民病の双璧であり、その対策は急務です。糖尿病や高血圧は遺伝的素因が関与し、それに飽食・運動不足など生活習慣が大きく影響され、無症状に緩慢に進行して、最終的には脳・心・腎障害などに障害がおこり不良な生命予後を規定するsilent killerとして知られています。特に、腎障害から透析療法に至る糖尿病腎症や腎硬化症には、エビデンスに基づいた正しい治療が必要です。最近では糖尿病に由来する腎障害を、Diabetic Kidney Disease (DKD)との概念で捉える潮流があり、その治療法にも多彩な変化が現れてきています。
 さて、糖尿病と高血圧のリスクを比較すると、高血圧は圧倒的に高リスクであり、多くの心血管アウトカム試験(CVOT)において、降圧療法が明らかに生命予後を改善するエビデンスが知られています。これに対して、糖尿病治療薬のCVOTに関しては、血糖低下作用は認めるものの、生命予後改善は明確にはされていませんでした。1990年代のUKPDS34でメトホルミンの成績によって、血糖降下薬のベネフィットが初めて評価されましたが、以後の開発されたDPP4阻害薬など多くの薬剤におけるCVOTにおいては、患者生命予後改善や心・腎保護作用を明確に証明するには至っていません。これに対して2010年代になり、GLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬に心・腎保護のエビデンスが集積されつつあります。特に、SGLT2阻害薬のCVOTとして過去2年を見てもENPA-REG OUTCOME、CANVAS program、DECLAIRE-TIMI 58、CREDENCEの四大試験が発表され、おまけにその評価は極めて高く、糖尿病治療の将来に大きな福音となる可能性が示唆されています。
 本医療技術セミナーでは、これらの潮流も見据えて、最近の糖尿病治療やDKDの捉え方など新たな概念などを皆さんと共に考えていきたいと考えています。糖尿病や高血圧は、早期発見・早期治療が極めて重要です。特に、プライマリーケアの重責を担当される“かかりつけドクター”においては、常日頃から適切に患者さんの診断・治療・指導をする立場にあるため、最新の知識は不可欠です。
 皆さんの積極的なご参加を希望致します。
 開催日
2020年12月13日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
栗山哲 先生(東京慈恵会医科大学客員教授(大学直属)、医療法人優穂会・三穂クリニック院長補佐)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
実地医家のための 呼吸器科疾患におけるいろいろな肺炎の鑑別演習
−感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患を見分ける−
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部呼吸器内科 准教授)
【セミナー概要】
 肺は感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患などが出現する全身疾患が表現される臓器であり、患者は様々なプレゼンテーションで受診します。最近の、肺炎症例ではCOVID-19肺炎も鑑別からはずせない状況となっています。
 一般内科、クリニックからの紹介症例を含めて、“症状”や “疾患”毎に症例を提示し、病歴、画像にfocusして疾患の追体験をしていただきたいと思います。
 自験例を中心にこれを提示します。 プライマリ・ケアの外来で役立つ疑似体験のできる内容にしたいと思います。
 開催日
2020年12月6日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部呼吸器内科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
656 件中 [31-40] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー