HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
569 件中 [331-340] を表示 前の10件  24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 次の10件
心電図から読み解く虚血性心疾患、不整脈、心不全等の診断と治療
−声に出して覚える心電図の手法を用いて−
高沢謙二先生
■講師
高沢謙二先生

(東京医科大学八王子医療センター センター長)
【セミナー概要】
 心電図は難しい、わかりづらいという声をよく聞きます。しかしながら循環器疾患の診断に何をおいても欠かせないといったらやはり心電図です。しかも比較的低価格で、場所もとらず患者さんにも苦痛を与えずに記録できる検査とあっては、循環器専門の医師のみならず一般内科医にとっても、あるいは一緒に医療に携わる看護師、検査技師の方々にとっても、どうしても判読をマスターしたい検査といえるでしょう。
 一方、私が20数年にわたる教育活動等から得た手法として、肝心で重要な事項は永久記憶になるよう”声に出して覚える”手法です。それを実地に活かす。幹さえしっかりしていれば枝葉は後でいくらでもつけられます。必要に応じて専門書からの知識も増やせます。まずは判読の基本をマスターしましょう。
 今回の医療技術セミナーの午前中は、声に出して覚える心電図の手法を用いて徹底的に基本的な心電図判読をマスターすることをめざします。そして正常を正常と断定できる能力こそ異常を見逃さない力であることを理解していただきます。午後のセッションでは、基本知識を活かして、虚血性心疾患、不整脈、心不全等の疾患の診断と治療に関して多くの設問を用意して検討・解説します。また実地医家の方々の関心事項としての薬物治療についても、私の実践をご紹介します。
 皆さま、奮ってご参加下さい。

*南江堂から04年に出版された『声に出して覚える心電図』が好評で版を重ね、10年に改定されておりますが、今回の医療セミナーでは、「声に出して覚える心電図」の手法を用いて、難しい心電図をやさしく解説していただきます。
 開催日
2014年4月29日(火) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
高沢謙二 先生(東京医科大学八王子医療センター センター長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
プライマリケア医に必要な神経症状診療スキル
−頭痛,めまい,しびれ,一過性意識消失等、各種の神経障害・症状の診断と治療−
黒川勝己先生
■講師
黒川勝己先生

(川崎医科大学神経内科 准教授)
【セミナー概要】
 プライマリケア外来において,「頭痛」,「めまい」,「しびれ」などの神経症状は上位を占めていますが,その神経症状に対して苦手意識を持っている実地医家は少なくないように思います.確かに,神経難病を診断するには,膨大な神経学の知識や正確な神経学的所見をとることが要求されます.しかし,プライマリケア医に必要な,「頭痛」や「めまい」といったコモンな症状を診るためのスキルは,決してそのようなものではありません.要求されるスキルは,『問診力』と『必要最低限の神経診察力』です.
 本医療技術セミナーでは,症例提示を通してコモンな症状を診る際に必要な『問診力』と『必要最低限の神経診察力』がつくようにしたいと思います. 
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年4月27日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
黒川勝己 先生(川崎医科大学神経内科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断と治療
−早期発見のために知識を深めよう−呼吸器科からのアプローチ−
宮沢直幹先生
■講師
宮沢直幹先生

(済生会横浜市南部病院呼吸器科 部長)
【セミナー概要】
 睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome; SAS)は、寝ているときに呼吸が止まることによって無意識のうちに目が覚めてしまい、寝不足になることから、昼間の眠気や不注意による交通事故などをひきおこす病気として知られています。近年、それだけではなく高血圧、糖尿病、心房細動、脳卒中、心筋梗塞、大動脈解離など、心・血管系を中心とした様々な病気や突然死の原因がSASであることも多いことが解ってきています。先生方が診られている高血圧や心臓病のうらにSASが潜んでいるのかもしれません。
 今回の医療技術セミナーでは、SASの合併症を中心に基礎知識、診断、治療の解説や症例呈示、治療のコツなどを詳しく解説いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年4月20日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
宮沢直幹 先生(済生会横浜市南部病院呼吸器科 部長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
ジェネラリスト(実地医家、総合診療医、家庭医)のための呼吸器疾患道場2:細菌性肺炎・間質性肺炎とびまん性肺疾患を究める
−細菌性肺炎・間質性肺炎とびまん性肺疾患の概念、分類、わかっている原因、診断、治療法−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 ジェネラリスト(実地医家、総合診療医、家庭医)の先生方にも身近な呼吸器疾患である「細菌性肺炎」。身近であるが故に、何となく診断して、何となく抗菌薬を処方して、何となく良くなっている・・・・・・?でしょうか。今一度、肺炎について学び直してみましょう。
 細菌性肺炎と似て非なるものに「間質性肺炎」「びまん性肺疾患」があります。原因も異なれば、治療法も全く異なります。これらの疾患は細菌性肺炎とは違って、何となく取っつきにくい、という印象を持たれている先生方が多いようです。「分類がハッキリしない、よくわからない」という声もよく聞きます。そこで今回は、これだけ知っていれば大丈夫、という「間質性肺炎・びまん性肺疾患」の知識をご紹介します。細菌性肺炎を含め、どのような場合に専門医にご紹介いただくのがよいか、専門医がどのように診断、治療をしているか、その流れもご紹介します。そして、
専門医から逆紹介となった患者さん、日々の診療でどのようなことに気をつけていただきたいか、専門医の立場からお話をしたいと思います。
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年4月13日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
四肢に痺れを呈する脊椎とそうの周辺疾患
−Pitfallになりやすい上殿皮・中殿皮神経絞扼−
青田洋一先生
■講師
青田洋一先生

(横浜市立脳血管センター 副院長/横浜市立大学 客員教授(医学部運動器病態学(整形外科学))
【セミナー概要】
 四肢の痺れや痛みを呈する脊椎とその周辺の代表的疾患の診断手順、さらには神経変性疾患などの神経内科疾患や末梢神経絞扼などとの鑑別のポイントを概説する。脊椎は脊髄や神経根などの神経組織のContainerであり、病変の高位と横断的局在に応じて様々な神経症状を呈する。KEYとなる症候学や鑑別上で重要となる画像診断法の選択方法、さらには読影上のポイントを網羅したい。特に腰痛関連疾患として、failed backの原因となりやすい腰椎椎間孔部狭窄や上・中殿皮神経の絞扼は日常臨床でしばしば遭遇するものである。診断と治療を兼ねた神経ブロックは簡便かつ有用である。
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2014年3月23日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
青田洋一 先生(横浜市立脳血管センター 副院長/横浜市立大学 客員教授(医学部運動器病態学(整形外科学))
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
ありふれた機能性消化管障害の診断と治療
−胃食道逆流症、H.Pylori感染症、機能性ディスペプシアを極める!−
下山康之先生
■講師
下山康之先生

(群馬大学大学院病態制御内科学 助教)
【セミナー概要】
 がんや潰瘍などの器質的疾患に対して、明らかな内視鏡所見がないにも関わらず、胸やけを訴える非びらん性胃食道逆流症(non-erosive reflux disease: NERD)、胃もたれや心窩部痛を認める機能性ディスペプシア(機能性胃腸症, functional dyspepsia: FD)、下痢や便秘に伴う腹痛を訴える過敏腸症候群(irritable bowel syndrome: IBS)などを機能性消化管障害と呼びます。近年、これらの疾患が増加していますが、この理由としてH.pylori感染率の低下に伴う胃酸分泌の亢進および胃がんや消化性潰瘍の減少、食事の欧米化による高カロリー・高脂肪食や肥満の問題、本邦における人口構成の高齢化、現代のストレス社会などが挙げられます。
 本医療技術セミナーでは、別に挙げる構成で、GERDとNERD、FDやH.Pyloriに関する最近の話題等、機能性消化管疾患の診断と治療につき、解説致します。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2014年3月16日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
下山康之 先生(群馬大学大学院病態制御内科学 助教)
栗林志行 先生(群馬大学医学部附属病院消化器内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
上部消化管内視鏡検査法と病変の発見法
−検査時間が短く苦痛が少なく見落としの無い粒良流−
佐藤達雄先生
■講師
佐藤達雄先生

(東京大学大学院物療内科)
【セミナー概要】
 10年前に、医学教育出版社から国家試験を受ける医学生向けに“絶対分かるシリーズ”の一環として『腹部写真の見方』を書きましたが、その本の内容は内視鏡写真の読み方が主でした。出版したところ、著者の予想に反して消化器を専門としていない先生方からも、わかりやすく役に立ったとお褒めの言葉を多くいただきました。しかし、内視鏡を使った検査および治療は日進月歩で進んでおり、私の本も今や過去のものとなりつつあります。
 この間、私と同じ東大・粒良(つぶら)門下である後藤利夫先生が粒良流の大腸内視鏡検査法である水浸法を、“スキルアップ”の医療技術セミナーで紹介されたところ、非常に好評だったと聞いておりまが、今回、私に、粒良流上部消化管の内視鏡検査法についての講義のお誘いがありました。粒良流は観察時間が短く患者さんの苦痛も少ないのに、見落としがほとんど無いのが特徴です。その合理的なスコープの動かし方、所見の取り方を含め、内視鏡検査に対する心構えを含めてもっと広めようと思い、誘いを受諾しました。
 また、世に病変の内視鏡写真を載せた本はたくさんありますが、それがどのようなプロセスを経て発見されたのかを説明するものはほとんどありません。微小病変を見落とし無く発見する観察法と見つけ方のプロセスについて多数の症例からそのメカニズムを公開したいと思います。各々の症例はエピソードを添えて説明いたしますので、興味を持って面白く聞いていただけるのではないかと思います。
 今回は主として、上部消化管の内視鏡検査をこれから始めようとする先生方や内視鏡を専門としない実地医家の先生方を対象として、わかりやすく講義をするつもりです。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年3月9日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
佐藤達雄 先生(東京大学大学院物療内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師
膠原病・関節炎診療シリーズ3 (3回シリーズ)膠原病・関節炎の鑑別診断と治療
−内科疾患による膠原病類似症候とピットフォール−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院アレルギー膠原病科(SLE、関節リウマチ、小児リウマチ))
【セミナー概要】
〜膠原病科と思ったら・・・日常診断でのピットフォール〜
 「手がこわばる」という主訴があり関節リウマチの疑いで紹介受診しましたが、実際は糖尿病にともなうバネ指、手掌屈筋腱炎であったことはよく経験されます。全身の筋痛を主訴に診断された甲状腺機能低下症もあります。今回の医療技術セミナーでは、前半は糖尿病、甲状腺疾患を中心に内分泌疾患にともなってみられる筋骨格系疾患につき解説します。後半では、リウマチ性疾患の診断、特に見た目で“一発診断!”。かっこいいですね。経験がものをいいます。
 でも落とし穴もあります。例えば、レイノー症状があって強皮症と思ったら実はSLE、などだまされてはいけません。いろいろなリウマチ性疾患の写真をご紹介し、診断のポイント、除外診断が必要な疾患を示し、さまざまな角度から解説いたします。
 皆様、奮ってご参加下さい。

 開催日
2014年3月2日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院アレルギー膠原病科(SLE、関節リウマチ、小児リウマチ))
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
実地医家にできる胆膵疾患の診断と治療(特にがんを早期に診断するために)
−胆道疾患診療の実際/膵臓疾患と膵がんの早期の診断−
西野徳之先生
■講師
西野徳之先生

(郡山市・総合南東北病院消化器センター 長)
【セミナー概要】
 膵がんは近年増加している疾患の一つです。
 多くのがんは早期診断・早期治療が可能となってきていますが、依然膵がんの早期診断は難しいのが現状です。では膵がんの早期診断はあきらめるしかないのでしょうか?
 今回の医療技術セミナーでは、実地医家にできる早期膵がんの診断のヒントをご紹介し、みなさんの日常診療の一助としていただけるようにしたいと考えています。
 みなさま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2014年2月16日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
西野徳之 先生(郡山市・総合南東北病院消化器センター 長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
食物アレルギーへの対応
−経口免疫寛容、経皮感作など新しい概念を踏まえて−
栗原和幸先生
■講師
栗原和幸先生

(神奈川県立こども医療センター母子保健局 局長、アレルギー科部長)
【セミナー概要】
 小児のアレルギー疾患で、今一番、社会的関心の高いのは食物アレルギーでしょう。最初の問題は、客観的な信頼性の高い診断方法がないことです。診断の基本は経口負荷試験ですが、どこでもできる検査ではありません。しかも、従来の「血液検査をして陽性だったら除去を指導」では済まされない状況が出て来ています。 新しく調べることができるようになったコンポネント特異的IgEの 臨床的意味を理解し、食べることの危険性とともに、食べないことの危険性も理解して患者を指導する必要があります。誘発症状に対する適切な対応法(アタPは使うな、エピペンはいつ打つか、など)の指導も欠かせない項目です。自信を持って食物アレルギーに向き合えるようになりましょう。
 皆様、奮ってご参加ください。  
 開催日
2014年2月11日(火) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
栗原和幸 先生(神奈川県立こども医療センター母子保健局 局長、アレルギー科部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査/薬剤
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
569 件中 [331-340] を表示 前の10件  24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー