HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
569 件中 [281-290] を表示 前の10件  19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 次の10件
実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法◆歛臘夏盪覿請淨法の習得のための上部消化管内視鏡(挿入術)活用法
−1カ月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る−
仲道孝次先生
■講師
仲道孝次先生

(福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
【セミナー概要】
 前回、2月15日開催の「大腸内視鏡挿入法」に続いて、今回は「TCS(total colonoscopy)流 上部消化管内視鏡挿入法(EGD;Esophagogastroduodenoscopy)」を取り上げる。
 一般的に、上部消化管内視鏡EGDのテクニックは、大腸内視鏡TCSでは役に立たない。しかし、大腸内視鏡TCSの達人が、上部消化管内視鏡挿入法EGDの挿入に困ることはない。つまり、TCSのテクニックで、EGDが可能なのだ。
 そこで、胃を最も簡単な大腸と仮想して、TCSの挿入テクニックで挿入を試みた。このテクニックを習得すると、研修医は、TCSを試みるときに、まるでEGDを行っているようなイメージで、容易に挿入が可能であった。かつて、某TCSの達人に、タダで話すものではないと忠告されたテクニックである。TCSに応用可能な上部消化管内視鏡の挿入と観察法を惜しまず語ります。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2015年3月15日(日) 10:00〜15:00
 会場
東京八重洲ホール
(東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル)
 講師
仲道孝次 先生(福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
ジェネラリストのための身体診察を極める 患者の心をつかむ診療(実技付き;第300回開催記念セミナー)
−診察の実技付きです−
山中克郎先生
■講師
山中克郎先生

(諏訪中央病院総合診療科/前 藤田保健衛生大学救急総合内科 教授)
【セミナー概要】
「身体診察なんて時間の無駄」と思っていませんか。決してそうではありません。患者は話を聞いてくれ、体に触れてくれる医師を求めています。真摯な診療により患者の信頼を勝ち取るには、ていねいな身体診察は欠かせません。
 問診と身体所見だけで9割の病気は診断できると言われます。検査を出す前に、2〜3個の鑑別診断に絞り込むことが大切です。検査前確率を高めなければ無駄な検査が多くなり、患者や他の医師からの信頼を失います。
 実践的で本当に役立つ身体所見を一緒に学びましょう。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年3月8日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
山中克郎 先生(諏訪中央病院総合診療科/前 藤田保健衛生大学救急総合内科 教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/救命救急
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
リウマチ・膠原病診断(開催300回記念セミナー2)
−検査所見の読み方からハンズオンまで−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center 医長)
【セミナー概要】
関節炎患者へのアプローチ〜膠原病の大原則と検査の読み方
 リウマチ性疾患や骨格筋疾患は診断や治療が難しいと考えている医師が非常に多いようです。高齢者の2人に1人が関節痛を訴えるという現在一般内科やプライマリケア医でも整形外科へあっさり紹介するばかりではいられません。「プライマリケアでもできる関節痛患者を診たときの病歴聴取、身体観察のポイント」を解説し、リウマチ膠原病疾患へのアプローチの大原則を示します。また、「抗核抗体反応が陽性」だから「リウマトイド因子陽性」だから膠原病科コンサルト!と、訳もわからずいろいろな抗体検査を提出していませんか?結局迷うだけで無駄な追加検査が増えています。どのような時に抗体検査を提出し、どのように解釈するのか解説します。抗核抗体をどのように使いこなすのか、関節リウマチの診断で最近話題の抗CCP抗体の有用性や注意点についても解説します。赤沈を含め炎症反応の見方についても解説します。
 
 顎関節・上肢・下肢の関節の診察:ハンズオン〜診察でここまでわかる筋骨格系疾患の大原則〜
 関節の身体診察を実際に取り扱うセッションで、顎関節・頸部・肩・肘・手の関節の診察のポイントを解説します。「首が痛い」「肩が痛い」「手が痛い、こわばる」などの主訴は必ず経験しますが、どのようにアプローチし、身体診察を行うか鑑別疾患その診断と治療にもふれながらその実践手法を紹介します。顎関節では顎関節症から高齢者に見られる巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)の診察のポイント、肩の診察においてはスポーツ外傷などでみられる回旋筋腱板炎、リウマチ性多発筋痛症でみられる肩関節周囲炎の診察のポイントもお伝えします。また、一概に股関節や膝が痛いといっても原因は関節炎以外にも腱、靭帯半月板滑液包のうちどこに障害があるか見極めることが診断の第一歩です。外傷歴など病歴の重要性もご紹介します。また足首、足趾関節の痛みも痛風関節リウマチでよく経験されます。身体診察の基本をご紹介し、鑑別疾患、考えられる診断と治療にも触れながら、その方法を実践的にご紹介します。
 開催日
2015年3月1日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center 医長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/リハビリテーション
■対象: 医師/看護師/理学療法士/作業療法士
セミナー終了報告
症例に応じた高齢者の血圧管理
−高齢者を中心に CKD(慢性腎臓病)を考慮に入れて−
安田隆先生
■講師
安田隆先生

(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院腎臓・高血圧内科部長、透析療法部部長 准教授、)
【セミナー概要】
 高血圧は通院疾患の中で最も頻度の高い疾患です。高血圧の割合は加齢とともに増加しますので、高齢化の進行とともに高血圧症例は今後もますます増加します。このことは診療する高血圧症例のほとんどは高齢者である、ということを意味します。一方、CKD(慢性腎臓病)も加齢とともに有病率が増加します。高血圧はCKDのリスクですので、高齢の高血圧症例では高率にCKDを合併しています。CKDでは血圧管理が重要ですが、高齢者では加齢に伴う腎血流調整機構の障害などから副作用のみられる割合が高まります。
 今回の医療技術セミナーでは、CKDを考慮に入れた高齢者高血圧の管理を中心に、二次性高血圧や治療抵抗性高血圧の管理についても話す予定です。実地医家の先生方が個々の症例に応じて適切に血圧管理を行うために必要な実践的な基本的な考え方を分かりやすく解説します。たかが血圧、されど血圧です。より良い血圧管理を目指す多くの医師のご参加を心よりお待ちしています。
 開催日
2015年2月22日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
安田隆 先生(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院腎臓・高血圧内科部長、透析療法部部長 准教授、)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法
−1カ月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る−
仲道孝次先生
■講師
仲道孝次先生

(福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
【セミナー概要】
 ひとりで学ぶ大腸内視鏡検査の挿入法の中で、午前の講義は、「わかりやすい軸保持短縮法」を取り上げました。09年6月から、1年間365日、毎日動画つきの記事をブログに連載。11年8月5日、「ひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法」を羊土社から出版した。そして、この領域でのベストセラーになった。具体的な技術構成の内容としては、軸保持短縮法、体位変換法、浸水法、圧迫法などの、いろいろな手段を使い、パターン化された効率的な全大腸内視鏡(TCS;total colonoscopy)習得法を追究することです。
 午後の講義は、 「軸保持短縮法ができないときの挿入法」を取り上げました。1カ月で身につく!身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語ります。
 皆さま奮ってご参加下さい。
 開催日
2015年2月15日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
仲道孝次 先生(福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
アスベストと中皮腫疾患の診断と治療
樋野興夫先生
■講師
樋野興夫先生

(順天堂大学病理・腫瘍学 教授)
【セミナー概要】
 アスベスト曝露による中皮腫は環境発がんであり地球規模の問題である。過去の中皮腫死亡数は国内で年間1200人(厚生労働省人口動態統計)である。しかし、暴露経験をもつ建築・建設関連労働者は潜在的にもいまだ多く存在し、今後の発症の可能性は高い。また、現在でもアスベストを使用し続けているアジア諸国では、今後、欧米そして日本と同様に中皮腫や肺がんを含む多くのアスベスト関連疾患による健康障害や死亡の増加が予測されている。
 アスベスト曝露と関連が深い中皮腫は、早期診断が難しくまた有効な治療法がなく、症状が出た頃には進行していることが多いため早期発見・早期治療が重要である。したがって、プライマリケアの日常診療における遭遇の確率は依然として高く、求められている役割も高い。産業医の医家、あるいは外国人の診療に多く携わっておられる医家に、中皮腫の自覚症状を含めた症状、診断キットをご紹介し、発症前診断・早期発見につなげたい。
 奮ってご参加下さい。
 開催日
2015年2月14日(土) 17:30〜19:30
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
樋野興夫 先生(順天堂大学病理・腫瘍学 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
ボツリヌスによる痛みの治療シリーズ4(全4回) 脳卒中などに対するオフラベルボツリヌス治療
−脳卒中後の硬縮にともなう痛み、リハビリ促進、ADL改善、他 各種症状−
寺本純先生
■講師
寺本純先生

(寺本神経内科・名古屋/八重洲痛みの治療相談室 院長)
【セミナー概要】
 ボツリヌス治療は国内ではいくつかの疾患に対して保険適用となっているが、普及はまだ限定的である。片頭痛など すでに欧米での国家承認まで得た領域もあるが、国内では諸事情によって承認は無理である。
 しかし、現実には有効性を示す疾患・症状はさらに多く、保険制度の異なる欧米ではすでに広く普及している。
 ボツリヌス剤の安全性は十分確保されているが、施術にあたっては一定の経験が成績を左右する。オフラベルボツリヌス治療の対象となる症状・疾患は夥しく多いという現実は将来の医療の大切な領域である。
 TPPで混合診療の受け入れは決定的であり、一層導入しやすくなる治療法である。また診療の付加価値も求められるようになるのは必至である。
 それに先んじて診断・治療技術の習得が必要である。現状として自由診療として開始し、少しずつ経験を積んでいくことが求められる。
 本医療技術セミナーでは、今回、4回のシリーズで、特に頻度の高い症状や疾患を中心に解説したい。
1)整形外科領域でのオフラベルボツリヌス治療(10/5)
2)多汗症・花粉症等の分泌異常に対するオフラベルボツリヌス治療(12/7)
3)頭痛・片頭痛・肩こりなどに対するオフラベルボツリヌス治療(15/1/25)
4)脳卒中後の各種症状などに対するオフラベルボツリヌス治療(15/2/8) 
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年2月8日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
寺本純 先生(寺本神経内科・名古屋/八重洲痛みの治療相談室 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
虚血性心疾患の心電図診断
−心電図所見の持つ意味−基礎と応用 −
吉野秀朗先生
■講師
吉野秀朗先生

(杏林大学医学部内科学供塀朶調鐺皺福法ゞ擬)
【セミナー概要】
 循環器疾患の診断と治療において、多くの検査の中での心電図検査の位置付けは、その再現性、簡便性、経済性(安価であること)、迅速性、非侵襲性において、他の検査法に比べ明らかに優位である。しかし、心電図検査そのものは、心臓の電気現象を観察しているに過ぎず、心電図検査結果のみを観察してもその意味付けはなかなか困難である。しかし、他の多くの侵襲的、非侵襲的検査と比較しながら、その意味を見直してみると、これまでと異なった世界が広がる。一枚の心電図をよく観察し、その意味を検討すると、思いの外、多くのことを語ってくれる。
 今回の医療技術セミナーでは、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の特徴について言及すると共に、心筋症や弁膜症、左室肥大など他の心疾患の心電図変化についても対比して言及したい。とくに虚血性心疾患については、心電図所見を他の検査所見と対比したり、臨床研究結果と対比したりしてその所見の持つ意味を議論したい。
 皆さま、ふるってご参加ください。
 開催日
2015年2月1日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
吉野秀朗 先生(杏林大学医学部内科学供塀朶調鐺皺福法ゞ擬)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
ボツリヌスによる痛みの治療シリーズ3(全4回) 頭痛・肩こりのためのオフラベルボツリヌス治療
−欧米ですでに広く普及 日本ではこれから−新規開業に最適(自由診療)−
寺本純先生
■講師
寺本純先生

(寺本神経内科・名古屋/八重洲痛みの診療室 院長)
【セミナー概要】
 ボツリヌス治療は国内ではいくつかの疾患に対して保険適用となっているが、普及はまだ限定的である。片頭痛など すでに欧米での国家承認まで得た領域もあるが、国内では諸事情によって承認は無理である。
しかし、現実には有効性を示す疾患・症状はさらに多く、保険制度の異なる欧米ではすでに広く普及している。
 ボツリヌス剤の安全性は十分確保されているが、施術にあたっては一定の経験が成績を左右する。オフラベルボツリヌス治療の対象となる症状・疾患は夥しく多いという現実は将来の医療の大切な領域である。
 TPPで混合診療の受け入れは決定的であり、一層導入しやすくなる治療法である。また診療の付加価値も求められるようになるのは必至である。
 それに先んじて診断・治療技術の習得が必要である。現状として自由診療として開始し、少しずつ経験を積んでいくことが求められる。
 本医療技術セミナーでは、今回、4回のシリーズで、特に頻度の高い症状や疾患を中心に解説したい。
1)整形外科領域でのオフラベルボツリヌス治療(10/5)
2)多汗症・花粉症等の分泌異常に対するオフラベルボツリヌス治療(12/7)
3)頭痛・片頭痛・肩こりなどに対するオフラベルボツリヌス治療(15/1/25)
4)脳卒中後の各種症状などに対するオフラベルボツリヌス治療(15/2/8) 
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年1月25日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
寺本純 先生(寺本神経内科・名古屋/八重洲痛みの診療室 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/保健師
セミナー終了報告
実地医家のためのプライマリケアでの腰痛診療
−腰痛,どうしていますか?痛みの基礎と腰痛診療−
折田純久先生
■講師
折田純久先生

(千葉大学大学院医学研究院整形外科学 助教)
【セミナー概要】
 腰痛は国民愁訴においてトップを占める愁訴であり,近年の高齢化社会ではますます存在感を増しています.しかしながら、これまでその診断と治療は経験と慣習に基づくものが中心であり統一の見解があるとは言えない状況でした.これは腰痛の85%が原因が明らかではない「非特異的腰痛」であるという事実以外に,「痛み」全般に対する医療従事者の知識・認識不足,これに伴う不十分な腰痛の考察も原因として挙げられます.このように腰痛をはじめとする運動器疼痛の診療では基礎医学的な疼痛機序を含む確固たる知識なくしては十分な治療効果は得られません.
 今回の医療技術セミナーでは,この10年で劇的に発展してきた疼痛基礎研究に基づく痛み診療等の最新知見をはじめ,日本整形外科学会主導で策定された腰痛診療ガイドラインを中心にしてプライマリの現場で重要となる問診,診察や画像診断を中心とした診断など,現代の腰痛診療に必要な知識を網羅的に解説します.腰痛を中心に扱う整形外科医の先生方はもちろん,プライマリの現場で腰痛に接する全ての先生方の学習の場としたいと考えています.
 奮ってご参加下さい.
 開催日
2015年1月18日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
折田純久 先生(千葉大学大学院医学研究院整形外科学 助教)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/理学療法士/作業療法士
セミナー終了報告
569 件中 [281-290] を表示 前の10件  19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー