HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
535 件中 [231-240] を表示 前の10件  14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 次の10件
中心血圧の計測を取り入れた新しい血圧の考え方と計り方(実習付き)
−新しい血圧計HEM9000AIを使った実習を含めて−
高沢謙二先生
■講師
高沢謙二先生

(東京医科大学病院健診予防医学センター センター長/教授)
【セミナー概要】
 午前中については、中心血圧発達の背景と意義について説明し、この概念は今後の血圧評価に必須のものであるということ、特に現在わが国において降圧薬として9割以上を占めている血管拡張薬の効果判定には欠くべからざるものであるということを徹底して解説したい。
 また、午後は、午前中に開発の経緯について解説したわが国で開発された中心血圧測定装置(HEM-9000AI)について、測定の注意点と正確な値を得るためのポイントとコツ、そしてそれぞれの症例の解釈を伝授します。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2015年6月28日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
高沢謙二 先生(東京医科大学病院健診予防医学センター センター長/教授)
松本知沙 先生(東京医科大学附属病院循環器内科 臨床助教)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
プライマリケアのための自験例から学ぶ最新の糖尿病治療
−インスリン外来処方、DDP-4阻害薬と、SGLT-2阻害薬を中心に最新の糖尿病薬物治療−
伊藤眞一先生
■講師
伊藤眞一先生

(全国糖尿病医会 会長/府中市・伊藤内科小児科クリニック 院長)
【セミナー概要】
 現在 糖尿病治療薬として、DPP-4阻害薬やSGLT-2阻害薬が市場に新しく登場した。両剤の功罪も話題となつているが、一方で、インスリン療法においても持効型溶解インスリンアナログ製剤と各種経口剤との併用のデーターも集積されている。
 本医療技術セミナーでは、自験例を提示しながら、DDP-4阻害薬と、SGLT-2阻害薬を中心に最新の糖尿病治療について解説する。
 予後決定の最大の問題点、治療中断の実態と対策、低血糖の現状と対策、現在の糖尿病治療の盲点である認知症対策、保険請求上のノウハウについても言及する。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年6月21日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
伊藤眞一 先生(全国糖尿病医会 会長/府中市・伊藤内科小児科クリニック 院長)
辻野元祥 先生(東京都立多摩総合医療センター内分泌代謝内科 部長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術/薬剤
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
実戦甲状腺疾患診療講座
−診療のminimum requirementから 知っておくべきtopicsまで−
方波見卓行先生
■講師
方波見卓行先生

(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 教授/代謝内分泌内科 部長)
【セミナー概要】
 甲状腺疾患は頻度の高い病気ですが,実地医家の先生方に敬遠されがちな病気といえ,実際当院でも年に数百人の当該患者さんが紹介されて参ります。この理由は,.曠襯皀鵑良袖い呂錣りにくい,検査法選択,治療薬の投与法・注意点がわからない,Gタ渦椎叔齢での発症も比較的多く,気が進まない,等が考えられます。また保険審査をしておりますと病院,診療所にかかわらず,甲状腺疾患では病名のつけ方や詳記の記載が不十分で支払側から指摘を受ける事例が毎月少なからずございます。
 そこで今回の講座では,「甲状腺疾患のプライマリーケアができ,紹介すべき症例を選択できる」ことを第一の目標に掲げました。具体的には甲状腺中毒症,機能低下症,結節性病変を中心に「診療のエッセンス」と「最近の進歩」を日常診療の立場から分かりやすくご紹介するとともに,「保険診療上の注意点」についても触れたいと考えております。糖尿病,高血圧とは異なり,頻度の割にまとまった話を聞く機会が非常に少ない病気です。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 開催日
2015年6月14日(日) 〜
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
方波見卓行 先生(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 教授/代謝内分泌内科 部長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
実地医家のための 内科で診る不定愁訴 柄3回シリーズ)
−不定愁訴にみえる患者から内科疾患を見抜く!;診断マトリックスでよくわかる不定愁訴の診かた−
國松淳和先生
■講師
國松淳和先生

(国立国際医療研究センター病院 総合診療科)
【セミナー概要】
 患者さんの「不定愁訴」に悩まされていませんか? その中の何人かは、実は内科的な全身疾患の症状かもしれません。これをうまく見抜けるようになるには、”堋蟒チ陛となる内科疾患について効率よく学ぶ、不定愁訴的な患者さんとうまく面談する、の2つが必要です。実際にはどちらも一筋縄でゆかないことですが、”不定愁訴の患者と接したときの「落ち着かない気持ち」を消すこと”をこの医療技術セミナーの3回シリーズ共通の目標にしたいと思います。実は「不定愁訴診断マトリックス」は実地医家の先生方にこそ有用と考えており、当日が本当に楽しみです! 拙著「内科で診る不定愁訴」(発行:中山書店)を読んで来ていただくと大変理解が進みやすくなるかと思います。既にご購入の方は当日ご持参ください。セミナー当日会場でも販売致します。講義自体は書籍がなくても大丈夫なように組み立てますのでご安心ください。

内科で診る不定愁訴―診断マトリックスでよくわかる不定愁訴のミカタ
國松 淳和 (単著)
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4521739962

呼吸器内科 薬のルール73! (レジデントのための薬物療法)
國松淳和(共著)
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4521737730

レジデントのための呼吸器内科ポケットブック
「かぜ症候群」
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4521734561

JIM 2014年 8月号 特集 感染症を病歴と診察だけで診断する!
「ドイツっぽくない麻疹」
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/B00GN1QZH2

レジデントノート増刊 Vol.16 No.2 疾患の全体像「ゲシュタルト」をとらえる感染症の診断術〜臨床像の核心とその周辺がみえてくる!

「ウイルス関連疾患〜伝染性単核球症様症候群」
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4758105650


 開催日
2015年6月7日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
國松淳和 先生(国立国際医療研究センター病院 総合診療科)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
肺炎診療の実地を極める−肺炎の画像診断、鑑別診断、抗菌薬の適正使用
−肺炎の画像診断、鑑別診断、抗菌薬の適正使用を中心に−
山口佳寿博先生
■講師
山口佳寿博先生

(東京女子医科大学 睡眠総合診療センタ− センター長/教授)
【セミナー概要】
 本邦において、肺炎は悪性新生物、心疾患、脳血管障害に次ぐ死亡原因の第4位を占め、その死亡数は1980年以降明確に増加している。
 さらに、社会の高齢化によって肺炎を惹起する原因微生物は一般細菌から抗酸菌、真菌、原虫と多様化が進んでいる。1940年以降、これらの原因微生物に対する抗菌薬の開発が積極的に進められβ-ラクタム薬、マクロライド、アミノ配糖体、ST合剤、ニュ−キノロンを含む多数の抗菌薬が臨床の現場で使用できるようになった。
 本医療技術セミナ−では;1) 多様化した肺炎原因微生物(細菌、結核菌、非結核性抗酸菌、真菌)を胸部画像から推定するために必要な画像読影(単純X-P、CT)の基礎(鑑別診断を含む)、2) 耐性機序からみた抗菌薬の適正使用、3) 抗酸菌感染症(結核、非結核性抗酸菌)の診断と治療、4) カリニ−、アスペルギルスを中心とする真菌感染症の診断と治療、について学ぶことを目的とする。
 開催日
2015年5月31日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
山口佳寿博 先生(東京女子医科大学 睡眠総合診療センタ− センター長/教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
美容医療における注入療法−ヒアルロン酸・ボトックスの使い方に習熟する!!
−自由に使いこなせるように、注入療法の基本をおさえる−(注入実技付)−
関谷秀一先生
■講師
関谷秀一先生

(関谷クリニック南青山 院長)
【セミナー概要】
 ヒアルロン酸・ボトックスが、美容医療に導入され、プチ整形という言葉とともに広く世の中に広がってから、10年以上がたちます。
 ヒアルロン酸・ボトックスを使わないで、美容医療は成り立ちませんし、このふたつを使いこなすことによって、提供できる治療の質を格段に向上させることができます。では、ヒアルロン酸・ボトックスをどのように使えばいいのでしょうか。まず、基本を押さえていただくこと。これは、効率よく技術を向上させるために大切な要素になります。次に、ヒアルロン酸・ボトックスが持つ、“足りなければ足すことができる” という特性を利用することです。足りないくらいの量から始めて、少しずつ治療することにより、変化に対しての判断力、見る目を養っていけます。たいへん自己学習しやすい治療法なのです。また、患者さんにとっても、たいへんメリットのある治療法です。
 一方で、美容外科を訪れる患者さんの主訴は様々で、しかも不適切な思い込みによるものも少なくありません。治療によって生じた変化に対しての判断力を持っていないこともよくあります。こうした方には、患者教育をしなければいけないのですが、ヒアルロン酸・ボトックスは、たいへん役に立ちます。少しずつ変化させて、その変化が患者自身に好ましい変化なのか、そうでないのか考えさせながら、患者自身に見る目を養わせる。すると、患者さんの満足度を上げていくことにつながりますし、不慮のトラブルを減らすことになり、治療の質も高まります。目が肥えた患者さんは、他のクリニックに移れなくなりますので、しいては経営の安定化にもつながることと思います。
 ボトックス以外にも、新しい注入療法としての多血小板療法などの注入療法のお話もさせていただきます。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年5月24日(日) 10:00〜15:00
 会場
関谷クリニック南青山
(東京都港区南青山4-20-14 電話:03-3405-1315 )
 講師
関谷秀一 先生(関谷クリニック南青山 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー終了報告
シミ、そばかす、肝斑、アザ、ホクロ、ニキビの診断と治療
−レーザー治療を中心に−
渡辺晋一先生
■講師
渡辺晋一先生

(帝京大学医学部皮膚科 教授)
【セミナー概要】
 メラニンが増加する皮膚病にはシミ、そばかす、アザ、ホクロなどがあるが、これらのいくつかは新しいレーザー治療により治る病気になった。しかし新しいレーザー治療でも効果がない疾患が存在する。そこでこれらの疾患を正確に診断できるか否かが治療の鍵を握る。しかし未だに正確な診断ができないまま、やみくもにレーザー治療を行い、効いた、効かないというレベルで治療が行なわれていることが少なくない。さらにこれに拍車をかけるようにメーカー側から販売促進を目的とした様々な情報が発信され、多くの医師はどれを信じてよいのかわからない人も多い。
 そこでこの医療技術セミナーでは、それらがウソかホントかを解説し、目から鱗の実践的な情報を数多く提供する。
 皆さま、奮ってご参加下さい
 開催日
2015年5月17日(日) 10:00〜15:00
 会場
東京スクエアガーデン11階 七洋蟆餤勅
(東京都中央区京橋3-1-1 電話:03-6262-1922 東京スクエアーガーデン11階)
 講師
渡辺晋一 先生(帝京大学医学部皮膚科 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
腎保護を考えたいろいろな降圧薬の使用法
−降圧剤が蛋白尿を減らすメカニズムを知る−特にN型カルシウムチャネルブロッカーを中心に−
西山成先生
■講師
西山成先生

(香川大学医学部薬理学 教授)
【セミナー概要】
 慢性腎臓病(CKD)に対する特効薬はありませんが、高血圧を合併する患者が多いため、腎臓の保護を考慮して降圧薬を選択するケースが多いと思います。これに対して高血圧ガイドラインが2014年に改訂され、CKD合併高血圧患者に対する降圧薬の選択基準にも変更がありました。しかし、この「CKD」という病態には、多くの異なった腎疾患が含まれており、これらを一律に考えることは難しいのが現状です。そのため、臨床エビデンスによって決められているCKD合併高血圧患者に対する降圧ガイドラインについても、なぜそういった降圧薬を選択するのかについて、なかなか理解が進みません。
 今回の医療技術セミナーでは、高血圧や糖尿病などに合併する「蛋白尿」にターゲットを絞って、病態を理解した上で降圧治療を実践するために、必要な知識を身につけていただくことを目的としました。まず、蛋白尿とは腎臓のどういった病態の指標なのかについて、蛋白尿が生じるメカニズムを含めて解説します。続いて、なぜ蛋白尿を生じると心筋梗塞や脳卒中などのイベントが増えるのかについて考えて行きます。これらの理解を進めた上で、蛋白尿を生じるCKD合併高血圧患者に対する降圧薬として、最初にレニン・アンジオテンシン系阻害薬を選択する理由について、科学的データを示して説明します。最後にこの効果が不十分であった時に、次の一手をどう考えるのかについて、副作用も含めて薬理学的な見地から私の考えを述べ、皆さんとdiscussionしたいと思います。
 今回の2時間のセミナーで高血圧の病態における蛋白尿の意義についての知識を身につけ、実際の診療での理論的な降圧治療につながれば幸いです。
 皆さま、奮ってご参加下さい!
 開催日
2015年5月10日(日) 13:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
西山成 先生(香川大学医学部薬理学 教授)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
スタッフのコミュニケーション力を高めるコーチング研修(基礎編)−コーチングを身につけて医療スタッフの離職を予防しよう!−
−人材教育・育成セミナー コーチング◆
宮崎良徳先生
■講師
宮崎良徳先生

(ユア・ベスト・コーチ 代表取締役)
【セミナー概要】
 現在の医療現場はストレスの連続です。医療スタッフの離職率の高さが医療機関の経営を圧迫している事が大きな問題となっています。折角縁あって入職されたスタッフが職場の人間関係等で退職してゆく事は憂慮する事であると思います。
 医師・看護師を求人し入職させる為には多くの時間と莫大な経費がかかるのは皆さんご存知の通りです。そこで管理職である医師、看護部長・師長にコーチングのスキルを身に付けていただき、部下とのコミュニケーションに活かしていただこうと思います。その結果、退職予防や人材確保に大いに役立てることが出来ると確信しています。
 ぜひ、このコーチング研修セミナーに、院長自らご参加いただくとともに、奮って、スタッフをご派遣いただきますようお願い申し上げます。
 開催日
2015年5月10日(日) 10:00〜12:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
宮崎良徳 先生(ユア・ベスト・コーチ 代表取締役)
 分野/対象
■分野:
■対象: 医師/看護師/医事課/検査技師
セミナー終了報告
ありふれた耳鼻咽喉科の疾患の診断と治療
−咽頭炎、扁桃炎、喉頭炎、副鼻腔炎などのコモンの疾患、喉頭蓋炎などの救急疾患、成人の百日咳の診断と治療など−
斉藤晶先生
■講師
斉藤晶先生

(独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)埼玉メディカルセンター耳鼻咽喉科 部長)
【セミナー概要】
(1)症状から治療法を考えましょう!!
 鼻・のどの症状は多彩です。病院勤務の耳鼻咽喉科医は、内視鏡やCTなどでの検査も容易です。今回は、耳鼻咽喉科以外の医師が治療することを念頭において、症状からどのような治療を選択するかをお話します。
(2)耳鼻咽喉科を彷徨っている患者さんを助けてください!!
 「年だから仕方ない」とか「単に気のせいだから」など言われ治療に満足せずに、耳鼻科診療所を渡り歩いている患者さんを先生方に救っていただきたいと思います。治療手段は西洋薬だけではなく、漢方薬、リハビリ、デバイスの利用など紹介します。
(3)こんなときは耳鼻科へ紹介ください!!
 急いで耳鼻科を紹介した方が良い症状、一度は耳鼻科で精査したほうがよい症状などをお話します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年4月29日(水) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
斉藤晶 先生(独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)埼玉メディカルセンター耳鼻咽喉科 部長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
535 件中 [231-240] を表示 前の10件  14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー