HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
679 件中 [11-20] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
最新の頭痛治療 3
−頭痛の経年性変化に伴う脳過敏症候群の治療や新しい治療薬CGRP関連抗体薬の処方に際してのコツ−
清水俊彦先生
■講師
清水俊彦先生

(東京女子医科大学脳神経外科 客員教授)
【セミナー概要】
 頭痛は大きく片頭痛や緊張型頭痛もしくは群発頭痛といった生命予後には支障はきたさないものの、会社や学校を休むなど日常生活に多大なる支障をきたしている患者の受診が後を絶たない。また頭痛患者のごく一部には、正確な診断を欠き、放置することで生命予後に重大な支障をきたしかねない、クモ膜下出血や椎骨動脈解離、更には近年、原因不明とされていた雷鳴頭痛の中に、可逆性脳血管攣縮症候群
(Reversible Cerebral Vasoconstriction Syndrome: RCVS)といわれる脳血管障害が含まれているケースが散見される。国際頭痛分類第三版(2018年)に基づき、頭痛の診断が行われることは、言うまでもないが、近年欧米では緊張型頭痛に関して、その存在に関して疑問視する声もあり、一次性頭痛はすべて程度の差こそあれ、痛みの水面下では脳の過敏状態が引き起こされているという考え方も台頭し始めている。すなわち慢性の一次性頭痛に関しては、我慢したり、鎮痛剤で痛みのみに対しての誤った対処を繰り返すことで、経年性に脳の過敏性が残存し、これが頭痛が変容したともいえる難治性の浮動性眩暈や耳鳴り(頭鳴症状)として残存するものと考えられるようになった。大きな片頭痛、小さな片頭痛と表現される向きもあり、これは暗に緊張型頭痛は片頭痛の予兆症状の一環である肩こり症状や痛みに過敏になったことによる症状ではないかと考えられ始めている。近年、本邦でも承認認可されたCGRP
(カルシトニン遺伝子関連ペプチド:Calcitonin Gene-related Peptide)関連抗体薬は、片頭痛の本体とされている三叉神経血管説に基づき、片頭痛発作の際に脳血管周囲に放出されるCGRPを抑制する、もしくはその受容体をブロックする新しい片頭痛予防薬として注目されており、現在3剤の注射剤が上市されている。高価な薬剤でもあり導入に際しての、細かな配慮と患者説明も要求されるため、その扱いにはある程度のコツが必要である。
 今回の医療技術セミナーでは、受講者の明日からの日常診療に即座に役立つよう、診断基準や治療ガイドラインなどの頭痛専門の医師以外には、困難かつ厄介な壁を取り除いた、頭痛全般の診療ノウハウを伝授したいと考えている。
 開催日
2022年4月10日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
清水俊彦 先生(東京女子医科大学脳神経外科 客員教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
血管炎の病態推論 臨床アタマの鍛え方
−いわゆる診断基準を斬る−
高橋良  先生
■講師
高橋良  先生

(昭和大学附属東病院リウマチ・膠原病内科 助教)
【セミナー概要】
 膠原病の診断には、あらゆる臓器・組織にわたりゲリラ的に出現してくる様々な症状や異常を漏れなく拾い上げ、点と点をつなぎ合わせ、一つの疾患の病態図を作っていく作業が求められます。病歴聴取の段階で網羅的なReview of systemを発動するその前に、ひとつの症状や異常から、出現しうる他の症状・異常を想起しclosed-endedに聴取、検索していくことが病態診断への初めの一歩となります。
 今回の医療技術セミナーでは、膠原病の中でもスペクトラムの広い疾患群、血管炎を取り上げ、その病態の本質的を深く考え、診断基準の解釈の仕方、有効な使い方、それらのピットフォールについて、ともに学んでいければと思います。
 診断基準は暗記しているだけでは使い物になりません。診断基準に対する過剰な信頼はときに大きな誤診すら生み出す危険をもはらんでいます。深く病態を学んでいくことで初めて、診断基準には合致しないような非特異的な難解ケースに対し、疑い、自身をもって次なる一手を提案することができるようになると信じています。
 開催日
2022年3月27日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
高橋良   先生(昭和大学附属東病院リウマチ・膠原病内科 助教)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
増加中のコモンな神経疾患6 内科疾患と関連の深い神経症状を学びましょう
−片頭痛、内科疾患による頭痛、脳梗塞、パーキンソン病とその周辺−
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
【セミナー概要】
これまで亀田総合病院レベルの日常診療で役立つ臨床神経学をお届けしてきましたが、今回から私 福武と愛知の安城更生病院から来た安藤哲朗先生のタッグで提供してまいります。

/兄代を迎えた片頭痛診療−その多様性を学び、新しい治療を知る
 ここ20数年の片頭痛治療の中心はセロトニン系作動性のトリプタン系(5HT1B/1D受容体)が担ってきたが、40年ほど前からカルシトニン遺伝子関連ペプチド (CGRP)が片頭痛の病態に関わることが判明し、それを標的にした特異的治療が可能になり、2021年、CGRP関連抗体薬による予防治療が開始された。さらに2022年以降、CGRP放出抑制効果をもつ2系統の頓服薬も登場する予定であり、片頭痛への理解を深めていただきたい。

内科疾患による二次性頭痛をよく理解する
 片頭痛などの一次性頭痛との鑑別が問題となるのは、くも膜下出血や脳腫瘍などの外科的疾患だけではない。内科疾患と関連する頭痛も単に鑑別対象であるだけでなく、その理解と対処は外来診療上極めて重要である。今回は、睡眠時無呼吸症候群に伴う頭痛や各種血液疾患、透析や甲状腺疾患などの代謝性頭痛、急性冠症候群に伴う頭痛、薬剤や内科治療に関連する頭痛などを取り上げて解説する。

G捷失豹芭鼎凌癖發鰺解して、診療方法を知る
 超高齢者となり、脳卒中患者の対応が重要な問題である。特に脳梗塞が増加している。この20年で脳梗塞の診断法と治療法が大きく進歩した。その進歩を踏まえて、一般内科医がどのように脳梗塞の急性期と慢性期に対応するのがいいかを解説する。

ぅ僉璽ンソン病とその周辺疾患を理解する
 超高齢社会では、パーキンソン病の患者が増加しており、一般内科でも出会うことが多い。パーキンソン病をどのようなときに疑うかをわかりやすく解説する。またその周辺疾患のいくつかを解説する。パーキンソン病と共通する病理を持つレビー小体型認知症は、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症の原因疾患である。レビー小体型認知症の特徴についても解説する。
 開催日
2022年3月20日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
安藤哲朗 先生(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
実地医家のための 内科領域を中心とした患者の主訴から考える診断確定術 4
塩尻俊明先生
■講師
塩尻俊明先生

(総合病院 国保旭中央病院 副院長/総合診療科 部長)
【セミナー概要】
 ケースカンファレンスでは、美しい診断推論が展開され、なるほどと感じることばかりですが、実際の現場ではどうでしょう。診断を「これだ!」と思いこみ、その後痛い目にあうことは少なくないのではないでしょうか。検査や画像は確かに早期診断に欠かせないですが、どうしても目立つもの(検査、画像)に我々は引き寄せられてしまいます。そのため、発症形式、増悪寛解因子、性質、関連する症状、重症度にこだわった病歴と、その後に展開される診察、検査、画像に「整合性」があるかを振り返っていくことが、診断エラーを回避する近道であると考えています。現場では、真っ白なキャンバスから診断は始まります。診断という「絵」をみなさんと一緒に描いていきたいと思います。
 開催日
2022年3月13日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
塩尻俊明 先生(総合病院 国保旭中央病院 副院長/総合診療科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー終了報告
実地医家のための がん予防:胃がんと大腸がん
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(東海大学医学部消化器内科 教授)
【セミナー概要】
 日本人のがん罹患者数のうち、死亡数が多いのは肺がんに次いで「胃がん」と「大腸がん」であります。昨今のコロナ禍では、外出自粛による運動不足や過食も伴って、消化管内環境の停滞が余儀なくされ、消化管に対する負担も増加していると考えられます。一方で、コロナ禍での検診控えの影響もあり、早期でみつかるべき癌が進行癌としてみつかることも懸念されています。そもそも、胃がんや大腸がんの病因は多彩であります。胃がんでは、世界最大の感染症である、ピロリ菌感染の制御が注目されてきましたが、これを基軸に撲滅をめざした対策が必要です。大腸がんは、近年、罹患患者数が増えており、その病因として遺伝的なものもあれば、生活習慣(食習慣や運動習慣など)に起因するものもあります。そのため、生活習慣介入は重要です。このように、消化管の細菌叢やその代謝物、食物との相互作用など発がん現場である消化管腔内環境を整えることが「がん予防:胃がんと大腸がん」に重要と考えられます。
 今回の医療技術セミナーでは、胃がんと大腸がんの予防の観点から、現時点における発がん機構への考察と可能な限りの予防法をお示ししたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2022年2月27日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
鈴木秀和 先生(東海大学医学部消化器内科 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/検査技師/放射線技師
セミナー終了報告
サイエンス漢方-7 お悩みに答えるシリーズ
−35) 整形外科、36) 産婦人科、37) 精神科、38) 乾燥対策−
井齋偉矢先生
■講師
井齋偉矢先生

(サイエンス漢方処方研究会 理事長、日高徳洲会病院 院長)
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。これを踏まえて、今回の医療技術セミナー(供砲任蓮▲汽ぅ┘鵐拘訴処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2022年1月23日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
井齋偉矢 先生(サイエンス漢方処方研究会 理事長、日高徳洲会病院 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/薬剤
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
実地医家のための 骨粗鬆症と歯周病・歯喪失・顎骨壊死、慢性疼痛
中村幸男先生
■講師
中村幸男先生

(信州大学医学部整形外科 准教授)
【セミナー概要】
 現在、我が国における骨粗鬆症患者数はおよそ1250万人と言われています。骨粗鬆症ベースの脆弱性骨折、特に大腿骨近位部骨折の発生数は年々増加しており、我が国の寝たきりの主要な原因となっています。従いまして、大腿骨近位部骨折防止への取り組みは急務であります。
 骨への3栄養素(カルシウム、ビタミンD、ビタミンK)や亜鉛、マグネシウムをはじめとした骨関連ミネラルの十分な摂取、大腿骨近位部への適度な衝撃を与える運動・体操は、骨粗鬆症対策として非常に重要であります。骨関連ミネラル動態が骨代謝に与える影響、我々が考案した「おへそひっこみ・かかと落とし体操」を ご紹介いたします。
 一方で、薬物療法の面では、昨今、デノスマブやロモソズマブ、テリパラチド、イバンドロネート、ミノドロネートなどの骨粗鬆症治療薬が次々と臨床使用可能になり、治療薬選択の幅が広がるとともに、生活習慣病との関連や続発性骨粗鬆症に関する知見が蓄積されてきています。さらに、我々はこれまでに、小児骨量減少・多発骨折例、妊娠・出産後骨粗鬆症、透析や糖尿病に伴う骨粗鬆症、超高齢者における骨粗鬆症、など各種薬剤の治療成績や有害事象の発生についての報告を数多く行ってきました。
 我々は骨粗鬆症治療と歯の関係についても研究を進めています。歯周病や歯の損失が骨粗鬆症と密接な関係があると考えています。医科と歯科の連携を含めた話題を提供します。さらに、慢性疼痛に関する最近の話題を提供します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2022年1月16日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部整形外科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/管理栄養士・栄養士/検査技師/放射線技師/理学療法士/作業療法士
セミナー終了報告
見逃していませんか? 間質性肺炎とその合併症
−対策と治療について;肺炎,COPD,肺癌,肺高血圧症 等−
杉野圭史先生
■講師
杉野圭史先生

(慈山会医学研究所附属坪井病院 副院長/呼吸器内科 部長/間質性肺炎・肺線維症センター 長)
【セミナー概要】
 間質性肺炎 (interstitial pneumonia; IP)には,原発性肺癌,肺高血圧症 (pulmonary hypertension; PH),肺感染症,気胸,急性増悪などを合併することが知られており,いずれも予後に重大な影響を与える合併症である.したがって,合併症対策の意義は大きく,早期発見・診断ならびに適切な対応が求められる.
 原発性肺癌の診断は時に遅れる場合もあり,血液中の腫瘍マーカーの測定と胸部CT所見を経時的に比較することが肝要である.また,手術および化学療法は,IPの急性増悪や薬剤性肺障害のリスクが問題となるため,治療適応は制限される.
 PHの頻度は,対象患者の重症度や診断方法の相違によりその頻度は一定していないが,気腫合併肺線維症では高くなることが知られている.治療は酸素療法が主体となるが,肺血管拡張薬の適応も検討するべきである.
 肺感染症では,肺アスペルギルス症,細菌性肺炎,ニューモシスチス肺炎,サイトメガロウイルス (CMV)肺炎などのリスクが高くなる.したがって,定期的に血中β-D-グルカン,アスペルギルス抗原・抗体ならびにCMVアンチゲネミアなどの測定を行うことが必要である.
 IPでは気胸や縦隔気腫を合併しやすく,中等度以上の気胸では,胸腔ドレナージを考慮する.エアリークが遷延する症例では,胸膜癒着術や外科的治療なども考慮しなければならないが,IP急性増悪の誘因になる可能性があるため,実際には自己血癒着を行うことが多く,治療に難渋する場合も多い.
 以上,今回の医療技術セミナーでは,IPの合併症対策について,自験例を交えながら概説する.
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2022年1月10日(月) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
杉野圭史 先生(慈山会医学研究所附属坪井病院 副院長/呼吸器内科 部長/間質性肺炎・肺線維症センター 長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
激変した心不全治療薬を極め、心不全を予防・管理する
滝村英幸先生
■講師
滝村英幸先生

(総合東京病院循環器内科 医長)
【セミナー概要】
 心不全パンデミックと言われてきて数年が経ち、我々の診療にも心不全患者さんが増加しています。これまではACE阻害薬、β遮断薬、抗アルドステロン薬を基本とし、利尿薬の調整を行ってきました。10年前にトルバプタンが登場してから、心不全治療の利尿薬が大きく変わりました。そしてやっと近年新たな心不全治療薬が出そろいました。「Fantastic Four」と言われているように、ARNI、β遮断薬、抗アルドステロン薬、SGLT-2阻害薬が心不全の基本治療薬となりました。これは心不全治療の歴史のなかでも大きな進化です。またベルイシグアト、イバブラジンも投与可能となりました。薬物療法のみならず、高齢者に対しても大動脈弁狭窄症や僧帽弁逆流に対してカテーテル治療も可能となりました。よって心不全治療はまさに大きく変遷しました。いろいろな薬剤が登場し、どの薬剤をどう使ったら良いか迷うとともに、安定している患者さんにも新たな薬剤をどのように導入したら良いか悩まれていると思います。
 今回の医療技術セミナーは心不全最新治療の総まとめとして、それぞれの薬剤を解説し、導入活用方法を解説したいと考えております。日常臨床にすぐに活用できる内容を提供できたらと思いますのでご参加お待ちしております。
 開催日
2022年1月9日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
滝村英幸 先生(総合東京病院循環器内科 医長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
世界標準治療と異なる日本のアトピー性皮膚炎治療
−なぜ日本のアトピー性皮膚炎患者は良くならないのか−
渡辺晋一先生
■講師
渡辺晋一先生

(帝京大学 名誉 教授)
【セミナー概要】
私が入局した40年前は、重症アトピー性皮膚炎患者はほとんどいなかった。しかし脱ステロイド療法が提唱され、重症アトピー性皮膚炎患者が増えた。その後脱ステロイド療法の見直しが行われたが、再び重症アトピー性皮膚炎が増えてきた。そこで難治性アトピー性皮膚炎患者が受けていた治療をみると、保湿剤を全身に外用した後にステロイドを患部だけに外用するとか、ステロイド外用薬を保湿剤と混合して使用するなど、保湿剤を多用する減ステロイド療法であった。
このような治療法は今までの皮膚科教科書には記載がなく、しかも世界標準のステロイド外用療法とは異なるものであった。しかしこのような治療を受けていた難治性アトピー性皮膚炎患者でも最も強力なステロイド外用薬単独で治療すると、2〜3週間程度で良くなり、痒みも劇的に消失し、その後の再燃もほとんどない。つまり世界標準治療と異なる日本独特の減ステロイド療法が、重症アトピー性皮膚炎を生み出している主な原因であることがわかった。実際海外では重症アトピー性皮膚炎患者はほとんどいない。
 そこで今回の医療技術セミナーでは、日本で行われている治療の問題点を世界標準の皮膚科教科書や欧米のガイドラインに基づいて解説する。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年12月19日(日) 10:00〜12:00
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
渡辺晋一 先生(帝京大学 名誉 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
679 件中 [11-20] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー