HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
574 件中 [121-130] を表示 前の10件  3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 次の10件
特別企画 災害時のエコノミークラス症候群の予防と管理およびDVT検診の実際
−携帯型のエコー装置による下腿静脈エコー、携帯型Dダイマー測定装置、弾性ストッキング着用指導)、携帯型エコー装置による静脈穿刺と下肢静脈エコー、Dダイマー測定及び弾性ストッキング着用実習−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
【セミナー概要】
 新潟県中越地震と熊本地震では震災後の車中泊によるエコノミークラス症候群(肺塞栓症と下肢深部静脈血栓症)が多発し死亡者もあった。これらのことから震災後に車中泊をむやみに行うとエコノミークラス症候群が起きることが揺るぎの無い事実になった。また新潟県中越地震(2004)、能登半島地震(2007)、新潟県中越沖地震(2008)、東日本大震災(2011)、広島土砂災害(2014)、東日本豪雨災害(常総市水害(2015)、熊本地震(2016)そして九州北部豪雨災害(2017)の避難所はいずれも簡易ベッドを使わない雑魚寝の避難所であった。そのため避難所でDVTが多発していた。これは新潟県中越地震で行ったDVT検診結果から推測されていた。すなわち車中泊のみならず避難所で3日以上避難した被災者で有意にDVTが多かったこと、避難所にいた人で自宅に居た人およびワゴン車で車中泊した人よりもDVTが多かったのである。さらに東日本大震災では避難所最大人数は発災1週間後であったが、避難所DVT最大頻度は3週間後であった。これは避難所に2週間以上避難していた人でDVTが多くなることを示唆している。
 一方、日本人よりも肺塞栓症やDVTが多い欧米において災害後にこれらの発生が増えたという報告は1940年のロンドン地下鉄避難所以外に無い。この時は突然のミサイル攻撃で避難所が無かったロンドンでは地下鉄駅構内が自然発生的に雑魚寝の避難所となって数ヶ月続き、そのため肺塞栓症による死亡者数が前年の6倍になった。このことを重くみたロンドン市および政府は翌年に簡易ベッド20万台を地下鉄駅に運びこみ、その結果肺塞栓症は減った。このことからわかるように避難所のDVT予防のためには避難所に簡易ベッドを導入することが第一である。
 そこで本医療技術セミナーでは、一連の講義の後に、避難所でのエコノミークラス症候群の予防のためのポータブルエコーを用いた下肢静脈エコー検査の実習を行う。またDVTが見つかった場合に治療が必要かどうかを判断する携帯型検査装置によるDダイマー及びNT-proBNP測定の意義と使い方実習を行う。次に車中泊避難者や雑魚寝の避難所に長期避難している被災者に必要な災害用弾性ストッキングについて説明し着用指導実習を行い、最後に内閣府の避難所運営ガイドラインにも書かれている段ボール製簡易ベッドの組立て実習を行う。
 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2017年12月17日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
プライマリ・ケアでの エコーを活用した腹部症状診療のコツ
−腹部症状をエコーによる描出像から考える−
豊田英樹先生
■講師
豊田英樹先生

(亀山市・ハッピー胃腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 エコーの診断方法については たくさんのテキストが出版されており、これらの本には超音波の特性や疾患の診断方法について詳しく解説されています。一方、エコーで得られた所見をどのように生かして 実際に診療を行うかといったことについてはあまり触れられていません。その理由の一つは、これらの本の著者の多くは超音波検査士か、エコー診断を専門としている医師でありエコー診断のプロであるからです。これらの先生方がエコー検査をしながら一般の外来診療を行うことはまれでしょう。
 一方、開業医などプライマリ・ケアを担う医師は診察をしながらエコーを利用し、エコーの所見などを基に病態を考え治療する、あるいは後方支援病院に紹介するわけです。プライマリ・ケアを担う医師が、実際の診療の場で どのようにエコーを活用すると患者満足度の高い診療が可能となるかについて、私の経験を基に解説します。
 今回の医療技術セミナーではプライマリ・ケアを担う医師がエコーを利用して診療を行う際に遭遇すると想定される疑問と、それに対する私なりに考えた答えを基に Q&A形式で進めたいと考えています。さらに理解を深めていただくため実際の症例を交え解説します。また、このセミナーは医師だけではなく、技師がエコー所見を医師に伝える際にも役立つのではないかと考えています。「患者さんのハッピー」と「クリニックの生き残り」のために役に立つ腹部エコー活用法を皆様と一緒に考えたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 開催日
2017年12月10日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
豊田英樹 先生(亀山市・ハッピー胃腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
がん患者の最新症状緩和・初級編
−緩和薬選びを含めて−
大津秀一先生
■講師
大津秀一先生

(東邦大学医療センター大森病院 緩和ケアセンター センター長)
【セミナー概要】
 がん患者への適切な「緩和医療」「緩和ケア」の必要性が、在宅医療においても外来医療においても叫ばれています。
 一方で、新しい分野であるため、体系的に学んだことがない、という先生方も多いのではないでしょうか。あるいは緩和ケアの基礎教育プログラム(PEACE)を終えても、実際に処方を行うのには躊躇してしまう、あるいはなかなか症例数が少ないので自信を持てない、という場合もあるのではないかと存じます。
 薬物調整がメインのがん患者の症状緩和は、知識と経験で目に見えてうまくいくものです。どのような薬剤を緩和医療では用い、どう調節するのか。それを知り、経験を積むことで、苦手意識は軽減し、実際に患者さんやご家族に喜ばれることも多い分野です。ぜひともこの講義をきっかけに、実地医家の先生方に緩和医療・緩和ケアの使い手となっていただきたく存じます。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年12月3日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
大津秀一 先生(東邦大学医療センター大森病院 緩和ケアセンター センター長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
病院長のための『.レームを事前に察知できる職員養成術/病院経営が驚くほど変わる8つのステップ』(全4回)
濱川博招先生
■講師
濱川博招先生

(螢Ε・キャン 代表取締役)
【セミナー概要】
 病院を経営する院長にとって関心の高いテーマを、2つ取り上げて、1日でまとめて講演します。
 ひとつは、クレームに強い病院作りに関する話です。クレームはいったん発生すると、職員が疲弊し、また、地域での評判を大きく損なってしまいます。そこで、クレームに発展させない職員の育成について事例を交えてお話します。
 二つめは、病院経営を改善し、患者満足度を高めるための風土改革活動の事例を交えて解説します。今日から直ぐに実践できる目から鱗・・・の話が満載です。 
 ご期待下さい!

(次回の予告)
第2回 2/18(日) クレームに強い組織創り

第3回 4/22(日) 次世代経営者育成

第4回 6/10(日) クレーム発生のメカニズム

 開催日
2017年11月26日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
濱川博招 先生(螢Ε・キャン 代表取締役)
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象: 医師
セミナー終了報告
実地医家のための動脈硬化性疾患の診断と治療
−頸動脈エコーと下肢動脈エコー、新しい動脈硬化指標AVI(arterial velocity pulse index: AVI)の使い方(各実習付き)−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
【セミナー概要】
新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震等、災害のあった避難所での避難されてきた方々の救援活動で有名な研究者です!! 

 超高齢化社会を迎え、1億総活躍社会が提唱され高齢者も元気に働けることが本人、社会にとっても重要なことです。一方、動脈硬化の最大のリスク因子は加齢であり、加齢は避けることのできない現象であることから高齢者の動脈硬化は避けられないと思われます。しかし動脈硬化のうちで硬化だけであるならば疾病が少ない可能性があり、コレステロールによると考えられる粥状硬化症やプラーク病変を予防または悪化を防げば動脈硬化が進行しても健康寿命をまっとうできる可能性があります。最近の研究によれば心筋梗塞患者や脳梗塞患者においてLDLを低下させればさせるほど心血管イベントが低下することがわかってきています。すなわち動脈硬化が進行していても治療を強化すれば健康寿命をまっとうできる可能性があることがわかってきたのです。しかし動脈硬化も他の疾患と同様に予防と早期発見が重要であり、ある程度の年齢に達したら動脈硬化の検査を行った方が良いと思われます。
 今回の医療技術セミナーでは早期動脈硬化の指標である頸動脈エコーにおけるMax-IMTについてハンズオンを行い、その評価法と判断方法を講義する。
また片腕の血圧を測るのと同じ手技で計測可能な新しい動脈硬化の指標であるArterial velocity pulse index(AVI)についてもハンズオンと解説を行います。AVIは日本で開発された方法であり保険点数も取れるものです。AVIは大動脈などの中枢動脈の硬化度と関連することが判明しており、さらに大動脈弁狭窄症とも関連する可能性があります。一方、下肢の深部静脈血栓症(DVT)は動脈硬化性疾患と関連することが報告されています。本講義ではDVTの検査法である下肢静脈エコーについてもハンズオンと講義を行い検査方法とその治療について講義します。またXa阻害薬による深部静脈血栓症の治療についても講義します。動脈硬化性疾患だけでなく下肢静脈血栓症も早期に発見することで肺塞栓症や心房中隔の卵円孔開存による奇異性塞栓症を未然に防ぐことで健康長寿をまっとうできるものと思われます。ぜひこの機会に早期動脈硬化と早期のDVTを発見できるスキルを身につけていただき患者さんの健康長寿に貢献していただければ幸いです。
 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2017年11月23日(木) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
実地医家のための深在性真菌症の診療とトピックス;日常診療で遭遇する可能性が高い、かつ見逃しやすい 深在性真菌症に迫ってみる
−もっとも予後不良な感染症にどう対峙するか!?−
泉川公一先生
■講師
泉川公一先生

(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座 臨床感染症学分野/長崎大学病院 感染制御教育センター)
【セミナー概要】
 深在性真菌症は身近な感染症とは言い難い感染症です。昨今、医療技術は飛躍的な進歩を遂げておりますが、それに伴い、深在性真菌症患者も増加しております。すなわち、臓器移植、造血幹細胞移植の技術の向上、生物学的製剤、分子標的薬、化学療法剤の開発により、従来では考えられなかったレベルの免疫不全患者が多く見受けられるようになりました。これらの患者の予後を決定するのが、日和見感染症です。なかでも、真菌症はもっとも難治性で予後不良な感染症と言えると思います。
 本医療技術セミナーでは、深在性真菌症の基礎から最新のトピックスまで、あまり馴染みのない先生方にも分かりやすく解説をしたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 開催日
2017年11月19日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
泉川公一 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座 臨床感染症学分野/長崎大学病院 感染制御教育センター)
田代将人 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座 臨床感染症学分野)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
実地医家のための 血算・血液像から疑う 見逃してはいけない血液疾患
奈良信雄先生
■講師
奈良信雄先生

(順天堂大学特任教授、東京医科歯科大学名誉教授、日本医学教育評価機構 常勤理事)
【セミナー概要】
 
 開催日
2017年11月12日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
奈良信雄 先生(順天堂大学特任教授、東京医科歯科大学名誉教授、日本医学教育評価機構 常勤理事)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師/検査技師
セミナー終了報告
神経内科領域の診察手法のいろいろとコツ
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 高齢者の増加に伴い、認知症のみならず神経系に障害を起
こして来院されるケースが増えています。めまいがする呂律が回りにくい、スムーズに歩けない、手足がしびれるなどで受診された患者さんを経験された先生方も少なくないと思います。神経疾患の診断では神経診察が最初の第一歩ですが、これを毛嫌いされているために神経疾患を縁遠いものと感じてはいないでしょうか。しかし、神経診察の仕方にはコツがあり、それを覚えておけば十分で、あとは必要に応じて専門医にコンサルトすればよいのではないでしょうか。
 今回の医療技術セミナーでは神経診察の基本を、実際にビデオや模擬患者さんを通して実践してみたいと思います。そのなかで、注意を払う必要のある診察の仕方や不適切な診察の仕方をお示しします。このセミナーを通して神経診察法に習熟されて、一人でも多くの神経疾患の患者さんを診療する機会が増えることを期待しております。
 皆様、奮ってご参加下さい。
 開催日
2017年11月5日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
実地医家のための 2017年話題の 日常に潜む感染症
−食中毒から手足口病、ダニ媒介脳炎ウイルスまで−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学医学部附属病院感染症内科 講師/兼 神戸大学都市安全研究センター講師。)
【セミナー概要】
 いつの時代にも様々な食中毒が日本を含めて各国で話題になります。日本でも腸管出血性大腸菌(O157)のアウトブレイクが起こっています。ノロウイルスを含め、様々な食中毒が話題になりますが、加熱すればよい、調理方法を気を付ければよい・・・・ということが言われていますが、食中毒ごとに全く対応は異なります。また日本国内でも地域によってはフグ中毒、様々な毒キノコ中毒での死者も少なからず発生しています。
 今回の医療技術セミナーでは食中毒全般を天然毒や化学物質によるものから病原微生物の毒素、病原微生物(細菌やウイルスなど)自身によるものまで総括してお話しします。
さらに今話題の感染症として、特にRSウイルスと手足口病、ダニ媒介脳炎ウイルスについても総括してお話ししたいと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年11月4日(土) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
大路剛 先生(神戸大学医学部附属病院感染症内科 講師/兼 神戸大学都市安全研究センター講師。)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/検査技師
セミナー終了報告
やってはいけない!クリニック経営失敗事例と対策(実践編)
−「しくじり院長」にならないために−
近藤隆二先生
■講師
近藤隆二先生

(株式会社 ドクター総合支援センター 代表取締役)
【セミナー概要】
 クリニックを経営する中で、院長先生は広範囲にわたり様々な意思決定、行動をしなければなりません。
 しかし、院長先生は経営を経験することなくクリニックを開院していることが多く、誤った判断、行動をしてしまうことも少なくありません。
 失敗の中には経営にとって致命的なこともあります。また、軽微な失敗も積み重なるとボディブローのように経営に悪影響を及ぼします。
 今回の医療経営セミナーではそのような失敗事例をお金やスタッフのマネジメント、事業計画などについて経営のステージ別に数多くお伝えし、しくじり院長にならないための対策をお伝えします。
 皆さま、ふるってご参加ください。
 開催日
2017年11月4日(土) 15:30〜17:30
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
近藤隆二 先生(株式会社 ドクター総合支援センター 代表取締役)
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象: 医師/医事課
セミナー終了報告
574 件中 [121-130] を表示 前の10件  3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー